--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.12.08 Wed 11:20
大至@御茶ノ水 昔ながらの中華そばの最高峰を目指したラーメン
今日の千葉向かい途中ラーメンは『大至@御茶ノ水』です。このお店行ってみたいと思っていながら後回しになっていたお店です。このお店「昔ながらの中華そばの最高峰」を掲げています。店内の席数は勝手に想像していたよりも多く、20席近くある感じ。(11時20分)券売機で「らーめん(大盛)」を購入。
ra101208大至
提供されたラーメンの見た目は正に昔ながらの中華そば。スープをすするとこれまた魚介少な目の出汁の効いた昔ながらの中華そばの味わいです。とはいえ「昔ながらの中華そばの最高峰」というだけあって、手抜きのないスープになっています。醤油ダレも醤油っぽさは残しつつ、円やかな甘味を帯び優しい味わい。何となく『支那そばや』のスパルタンな感じをスープにしても麺にしても無くしていった印象も感じました。『支那そばや』もベースにあるのは昔ながらの中華そばっぽいですしねぇ。

麺は浅草開花楼の傾奇者を使用した中細ストレートタイプ。しっかりと茹でられていて、柔らかいのですがプリッとした心地よい食感もありつつというもの。食感に関してはたまたまですが、昨日の『フリッツ』の麺と似ている印象も受けました。ただ傾奇者を使用している為か、非常に小麦の香りが強いのが特徴的です。こういうふうになるように麺を作っているのでしょうが、かなりの風味ですね。個人的にはラーメンの場合は小麦の風味とかはあまりどうこうというタイプではないので、逆に風味が強いので麺の印象自体が強くなります(つけ麺の場合は風味がある方が好きかもしれません)。風味が強いとはいっても、基本優しい麺なので優しいスープとの相性は良く、するするとお腹におさまります。

具の固ゆで玉子やナルトは見ているとなんだか懐かしくなりますね。意外とこういう味が付いていないものも良いなぁと思いました。チャーシューはコンフィにしたものですが、これが非常に丁寧に作られていて美味しいです。調理方法自体は昔ながらの中華そばのそれではないですが、脂身とかが少ない肉味を楽しむチャーシューとしては同じベクトルのものだと思います。しっかり考えて「昔ながらの中華そばの最高峰」を目指したラーメンだと思いました。美味しかったです。ごちそうさま!

■大至■
東京都文京区湯島2-1-2 佐藤ビル1F
平日11:00-15:00、17:00-21:00 (L.O. 20:45)
土曜11:00-15:00
定休日 日・祝

2010.11.10 Wed 11:30
らーめん 雅ノ屋@御茶ノ水 塩ラーメンでも煮干しがギュッと詰まってます
石神本強化月間中ということで、これまたNEW COMERの『らーめん 雅ノ屋』にやってきました。(11時30分)先客4名、後客2名。注文は「塩らーめん(大盛)+豆腐みそ漬けごはん」というランチセットにしました。大盛は無料のようですが、デフォルトが120gで大盛り160gちょいという感じらしいので男子は大盛りがデフォルトでしょう。ランチセットの再度メニューも一工夫してあるものが多くて良さそうな印象。ゆで時間はかなり短く、すぐに提供。
ra101110雅ノ屋 塩らーめん
顔を丼に近づけただけで、煮干しの香りがフワッときます。出汁だけでなく表面の香味油として煮干しを使っているようなので、その効果でしょう。出汁も煮干しが綺麗かつギュッとつまった感じで、塩ラーメンでここまで煮干しを押し出しているのも珍しいカモ。ベースには鶏なども使っているようですが、下支え的な印象。スープの温度が下がってくると、昆布系の味わいも強くなってきます。

麺は固めに茹でられた細麺で、キレ良い感じです。かなりパツッとしているので、結構強めな印象。醤油ラーメンの太麺が気になりますねぇ。チャーシューは控えめでほんのりとした味付けながら綺麗な味わいで美味しく、スープにみじん切りのネギもアクセントとして良いですね。「豆腐みそ漬けごはん」は豆腐が味噌でほんのり甘く漬けられていて、優しい味わいで美味しかったです。サイドメニューも含め全体的にレベルが高そうに思いました。醤油らーめんを食べに再訪してみたいです。ごちそうさま!

■らーめん 雅ノ屋■
東京都文京区本郷3-5-1
平日11:30-22:30
土祝11:30-16:00
定休日 日曜日

2010.08.15 Sun 11:00
四川担担麺 阿吽@湯島(3) ハイレベルかつ人気の担担麺屋
不忍池付近で軽い商用があったので、その前にどこかでラーメンを。選んだのは『四川担担麺 阿吽』です。今日は「しる無し担担麺 五辣」狙いです。(11時)開店時間と同時にお見せに着くと前2名、その後も4名ほど後ろに付きます。開店時間から7分程度遅れて開店。券売機で「しる無し担担麺 五辣(大盛)」を購入。券を渡す際、「五辣食べた事あるか?」と聞かれ「ない」と答えると、「四辣」は食べた事あるか?」と聞かれ「はい」と答えて納得してもらうというやり取りがありました。
ra100815阿吽
提供された担担麺は見るからにインパクトありそうです。良く混ぜて一口食べると花椒の痺れは思ったほど来ません。と思ったのですが食べ進めて行くと徐々にきますね。ただラー油や花椒以外のものも入っているし、胡麻の甘味なども感じられるので、想像よりは楽に食べ進められました。麺はしっかりと茹でられてモッチリした食感で汁に良く絡みます。四辣も食べましたが、五辣はやや「やっつけられたい気分」の時とかに良いカモしれませんね。五辣に慣れてしまった場合、五辣にし続けてしまう可能性もあります。ただこのお店の「しる無し担担麺」は辛いだけでない色々な味わいを楽しめるので、もしかしたら三辣位がバランスが良いのかもしれません。

食後はお腹の中がホットな感じでした。「酸辣湯麺」もメニューにあったので食べてみたいです。ごちそうさま!。持ち帰りできる「ラー油」を購入しようかと思いましたが、今回はやめておきました。お店を出る時には結構な並びが出来ていて、人気店ぶりがうかがえます

2009/03/26訪問
2009/01/22訪問

■四川担担麺 阿吽■
東京都文京区湯島3-25-11
11:00~14:00、18:00~22:00
日曜11:00~14:00、18:00~21:00
定休日 月曜日

2010.08.04 Wed 12:15
火風鼎@白山(2) 麺が独特な白河の有名店
巣鴨での商用の前に『火風鼎』に開店当初以来の再訪です。(12時15分)注文は「ワンタン麺(大盛)」を。メニューにはありませんが大盛できます。
ra100804火風鼎
手打ち麺らしい不規則に縮れた麺は周りが柔らかくて芯は固く独特のプツっと切れる食感、ややゴワっとした感じかな。スープは鶏ガラベースのシンプル系、こういうのが好きっていう人結構いると思います。ワンタンは肉なしワンタンなので、麺を大盛りにすると麺ぽいものばかり食べている気分になります。やはりここはチャーシューにすべきでした。チャーシューは薄く切られたシッカリした食感のスモークチャーシュ。究極かどうかはわかりませんが、シンプル鶏ガラスープと麺に良く合います。ごちそうさま!

2010/01/09訪問

■火風鼎 白山店■
東京都文京区白山1-31-9
11:00-15:00、17:00-21:00
定休日 無休

2010.04.27 Tue 12:20
ぁ.ガッチャ麺@千石
巣鴨での用事の後、『大沢食堂』に行こうかとも思いましたが、訪問したばかりだったので、『ぁ.ガッチャ麺』に訪問しました。純すみ系の味噌ラーメンと胡椒そば(激辛 太桜麺)という二大看板があるお店です。お店に着くと丁度昼時ということもあって、並び5名ほど。(12時20分)しばし待って店内に入り、券売機で「胡椒そば(大盛)」を購入。
ra100427ぁ.ガッチャ麺
登場したブツはトロミがあるタンメンに粗びき胡椒が大量に入ったもの。味わいも正にそのもので、胡椒がビンビンに効いてます。塩味のタンメンのスープに胡椒というのは結構合うなぁと思いながら食べ進めていくと、お腹が温まってきます。所謂わかりやすい味ですが、常習性は高いカモ。

麺は味噌ラーメンに使用しているものと同じであろう、熟成縮れ麺でプリプリした食感が特徴。トロミのあるスープを良くカラメとります。後は普通に美味しいといった印象。味噌ラーメンには生姜と柚子胡椒がドンブリの淵に塗りつけられているように見えました。ごちそうさま!

■ぁ.ガッチャ麺■
東京都文京区千石1-23-7井田ビル1F
11:00-15:00、17:30-22:00
定休日 土曜日
Webサイト

2010.03.09 Tue 11:40
大沢食堂@千石(2)
今日は巣鴨で商用があったので、その帰りに『大沢食堂@千石』へ久しぶりの訪問。一度の訪問ですが味も店の雰囲気(お店のおじさん&おばさん)も好きなお店です。お店に着くと約半分位の入り。(11時40分)注文は「カレーラーメン+半ライス」。
ra100309大沢食堂
まずはカレーの下にあるスープを一口、あっさり出汁のスープです。そこにバシっとスパイスの効いたカレーがドーン。これだけなんですが「旨い」です。「中辛」はは通常想像する「中辛」よりも辛いですね。辛さの系統は違いますが、蒙古タンメンよりは少し辛くない程度。ただ前回の印象より辛くないのですが気のせいでしょうか?そこに柔らかめに茹でられた中細麺で、この細さ&柔らかさがカレー+アッサリスープと合わせると絶妙でズルズル食べてしまいます。アッという間に完食し、残ったスープを半ライスに掛けて頂きます。これまたバクバク食べて終了。ラーメン王青木氏によれば「カレーチャーハン」を食べてなければこのお店は未食扱いらしいので、その内機会があれば「カレーチャーハン」も食べてみようと思います。周りをみると「カレーライス」の注文も多いです。「大辛」にも挑戦したいですね。多分美味しいのは「中辛」でしょうが。。。ごちそうさま!

2008/09/04訪問

■大沢食堂■
東京都文京区本駒込2-1-5
11:00~14:00、18:00~23:00
日曜・祝 休

2010.02.13 Sat 11:15
本枯中華そば 魚雷@春日
今日は『烈士洵名』の塚田氏が開いた新店『本枯中華そば 魚雷@春日』に行って来ました。春日駅A5出口から2分ほどの場所にあります。(11時15分)先客3名、後客続々だったのでタイミングが良かった。券売機で「ランチセット(ラーメン+日替り丼)+旨玉」を購入。「鶏オーブン焼・タマリ漬け叉焼・ウズラ・メンマ・根まがり竹・岩のり・キクラゲ・ナルト・ちんげん菜」の中から3種類のトッピングを選ぶ変わったスタイル。旨玉があるのに「うずら・鶏オーブン焼・根まがり竹」というもう一つ卵系を注文しちゃいました。。。このお店の特徴的な所はサイフォンが置いてあるところ、追い煮干し的なことをサイフォンでやっているイメージ。
ra100213魚雷

提供されたラーメンは「かけラーメン」状態、トッピングは別皿です。ちょっとさみしい気もしますね。出汁は本枯節という鰹節をメインしたもので、魚介が強めです。サイフォンで抽出する方法の為かどうかはわかりませんが、旨味が強烈に押し出されている気がします。自然ではなく強引に引き出した感じが面白く感じました。魚出汁のエスプーマまでスープの上にあしらわれていて、「ここまでよくやるなぁ」という印象。かなり日本蕎麦を思わせるスープでした。

麺は国産小麦100%だからかコシはないタイプの中細ストレートで、スープ同様蕎麦っぽさを強く感じます。モンゴルかん水を使用しているようですが、量がすくないのかあまりかん水が入っているように感じません。トッピングは選ぶのが面倒だから最初から決まっている方が良いカモ。別皿にしたのも蕎麦をちょっと意識しているのカモ。個人的にはもう少しラーメンぽさがある方が好きですが、ほぼスープは完飲。「面白いことを色々考えるなぁ」と関心する気持ちで一杯になりました。ごちそうさま!

■本枯中華そば 魚雷■
東京都文京区小石川1-8-6 アルシオン文京小石川102
11:00-15:00、18:00-23:00
定休日 水曜日

2010.01.09 Sat 11:30
火風鼎 白山店@白山
他の方のブログで知った新店『火風鼎 白山店@白山』に行って来ました。どうやら白河の名店らしいが、『とら食堂』系とは少し違う模様。私は新店狙いではないのですが、白河ラーメンの麺が食べたくなってしまったのです。白山駅A1出口から徒歩2分程度、店内8割程度の入り、後客続々で並び4名程になっていました。(11時30分)大盛はできないようなので、注文はオススメのチャーシューメンで。
ra100109火風鼎
スープの色合いは白河ラーメンのそれそのもの、味わいは動物系出汁重視ですが、出汁感が弱め旨味は強めのスープで基本は知っている白河ラーメンのスープのイメージに近いです。もう少し出汁感があり、旨味は抑えめの方が好みですが、ラーメンバンクでの青木氏の情報によるとまだオープンしたばかりで完全なバランスではないのかも。それでも十分ラシサを味わえるので満足です。スープ結構飲んじゃいました。

麺が特に変わっていて、『とら食堂』系の細ピロピロではなく、中太の表面がザラついていてプルっとした柔らかさとシッカリとした固さもある麺で中々面白いです。麺の長さが結構短め。手打ち感満載の麺ですねぇ。こういうタイプの麺を出すお店が東京でもっと増えると良いのになぁと思ってしまいます。そして自慢?のチャーシューは脂身がないスモークした薄切りタイプでシッカリとした食感、こういうタイプ嫌いじゃないですよ。結構硬めなので、麺と一緒に食すと考えた場合もう少し薄切りでも食べやすくて良いカモ。

最近の素晴らしく良くできたラーメンとの比較はしづらいですが、こういうタイプのラーメンって何故か食べたくなります。麺やチャーシュー等特徴的な部分があるのにも少し驚きました。ごちそうさま!

■火風鼎 白山店■
東京都文京区白山1-31-9
11:00-15:00、17:00-21:00
定休日 無休

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。