--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.11.05 Sat 12:00
ちゃんどん@練馬 ちゃんぽん と うどん で ちゃんどん
相方の実家に行く途中でもないけど途中ということで、『ちゃんどん』に行ってきました。『とらのこ』系のお店ということで、『肉汁や ZERO』に続きカテゴライズが難しいお店です。お店に着き、券売機で「ちゃんどん+野菜大盛」を購入。(12時)
ra111105ちゃんどん ちゃんどん 野菜大盛
野菜大盛りは中々ボリューミーですね。スープは野菜の甘味系というよりは結構なミルキー系な味わい。海老の味わいは結構強めに効いています。麺はしっかり茹でられて太平打タイプで、ここが通常のちゃんぽんと違うポイント。折角だから、野菜大盛りではなく、麺大盛りして麺を堪能すればよかったかな。ごちそうさま!

■ちゃんどん■
東京都練馬区豊玉北5-23-11
11:30-15:00、17:00-23:00
定休日 日曜

2011.06.18 Sat 10:55
ラハメン ヤマン@江古田 ジャマイカな店舗で提供されるラーメンはジンワリ系
相方が氷川台に用事があるので、カーシェアで送った後に『ラハメン ヤマン』に行ってきました。店主は『嗟哉@初台』にいた方のようです。開店時間チョイ前につきお店の前で待ちます。(10時55分)開店し、お店の中に入り、「味玉らはめん(大盛)」を注文。平ザルで丁寧に茹でられるのを見ながら待ちます。
ra110618ヤマン
無化調スープは非常にあっさりした味わい、昆布と豚骨から取ったダブルスープらしいですが、どちらかというと昆布の優しい感じが印象としては残っています。インパクト重視ではありませんが、安心感のある味わい。中太のストレート麺は非常にスルスルとお腹おさまりが良く、自家製麺ならではのみずみずしさがでていて美味しかったです。お店の雰囲気はジャンク系が出てきそうですが、ラーメンはジンワリ系で飽きのこないものを提供しています。限定メニューなどもあるようで、地元密着型の良店ですね。ごちそうさま!

■ラハメン ヤマン■
東京都練馬区栄町22-1
11:00-20:00(スープ終了まで)
定休日 木曜日

2011.01.08 Sat 11:30
麺処 まるよし商店@桜台(2) 鮭とばを使った特徴的な絶品タンメン
2011年のラーメン目標の一つとして特に気に入ったお店の再訪というのがありますが、今回は自分と相方共に気に入っている『麺処 まるよし商店@桜台』に決定。お店に着くと店内丁度満席。(11時30分)待っている間に注文を聞かれ、前回太麺だったので「たんめん(中盛)(細麺)+味玉」を注文。
ra110108まるよし商店
前回は鮭とばの存在にビックリしてその印象が強かったのですが、前回に比べて鮭とば感は少なく感じ、その分野菜の甘味が良く出ているように感じました。味玉は濃い色合いそのままのシッカリと味が付いたもの。野菜の量は少なすぎず多すぎずほんと丁度良いんですよね(麺の量によって違うでしょというツッコミはナシでお願いします)。

麺は細麺の方が相性は良いかもしれませんが、個人的には単純に前回の太麺が結構好みだったかな。今度はまた太麺にしてみようかな。なんにせよタンメンとしてはマイベストと言って問題ないでしょう。「みそたんめん」も「赤玉たんめん」も「みそカレーたんめん」も全部気になります。また来ます!ごちそうさま!

2010/09/20訪問

■麺処 まるよし商店■
東京都練馬区桜台1-3-10
11:00-スープ終了まで(大体16:00頃)
定休日 金曜日、第三木曜日

2010.09.20 Mon 11:40
麺処 まるよし商店@桜台 鮭とばを使った特徴的な絶品タンメン
今日も相方とラー食ですが、少し相方をラー食に付きあわせ過ぎですかね?選んだお店は『麺処 まるよし商店』。タンメン好きの相方を連れて行くには丁度良いタンメンメインのお店。そしてramen151eさんが10回以上訪問していて、絶妙な表現に信頼感のある渡辺樹庵氏が「印象に残ったお店」と書いていたので、訪問したかったお店でもあります。ついに行ってきました。お店に着くとちょうど店内満席。外で待っている間に注文を聞かれたので「たんめん(太麺)(中盛)」を。程なく着席。
ra100920まるよし商店
店内は中華鍋で野菜を炒めていて、非常に香ばしい匂いがして食欲をそそります。まずはスープをいただくと野菜が溶け出し出汁と混ざり合った感じに鮭とばの味が染み出していて結構ガツンときます。決してコッテリ系ではないのですが、乾物系の鮭とばの複雑な旨味がプラスされ満足度たっぷり。干し海老も入ってますねぇ。タンメンって野菜が溶け出した美味さというのがありますが、場合によっては味がぼやけた感じになる気もします。このお店のタンメンは鮭とばのおかげでバシっと軸ができ、スープをすする手がとまりません。この鮭とば、真似するところが出てもよい位凄い感じです。野菜もたっぷり入っていて、そして中盛までは料金が一緒(680円)で食べれるなんてこれまた嬉しいです。

麺は太麺を選択しましたが、昨今の太麺という感じではなく多加水の中太やや平打縮れタイプで柔らかめの食感です。スープを邪魔することもないレベルで、これまた満足。是非とも細麺も試してみたいですね。このお店久々にヒットです。相方もえらく気に入っていたので、再訪は確実でしょう。お店の雰囲気も良く、メニュー数も多いし、こんなお店近くに欲しい!ごちそうさま!食べ終わって外に出ると10名位の行列ができていたので、タイミングが良かったのですね。

■麺処 まるよし商店■
東京都練馬区桜台1-3-10
11:00-スープ終了まで(大体16:00頃)
定休日 金曜日

2010.02.16 Tue 12:15
二代目とらのこ@大泉学園(2)
月曜定休の情報を得ていた新店『蕃茄@大泉学園』に振られ、その後『十兵衛@大泉学園』で「暫くの間火曜定休」と振られ、完全にラーメンの神に見放された気分で向かった先は『二代目とらのこ@大泉学園』。お店に着くと店内待ち4名。(12時15分)待っている間に注文を聞かれ、「魚だしらーめん+味玉」を。お店は男性と女性の二人で回していますが、雰囲気を見ていると夫婦でしょうか?初代の時も店主と奥さまの組み合わせだった気がします。初代と二代目はどういう?がりなのか気になりました。店内はスペースの関係上スタッフ2名とい決まっている感じ。そしてこの二人の連携が素晴らしく良かったのが印象的でした。前回来た時の印象でそういう記憶がないので、この期間で連携がアップしたのでしょう。
ra100216二代目とらのこ
さてラーメン全体の感想としては前回と同じなのですが、前回と比較すると魚介>動物で優しい仕上がりになっている気がしました。名前の通り魚だしが効いた美味しいスープ。野菜の甘みも加わっているのがよりチョイ独特の美味しさを演出しているのかも。最後に振りかけられる魚粉はアクセント程度に留められています。麺はこのお店の特徴でもある低加水のボソっとした噛みごたえ、スープとの組み合わせはオリジナリティが出ている気がします。他のお店に振られて行くことになりましたが、美味しくいただきました。店主の笑顔も気持ち良いです。ごちそうさま!

2009/05/19訪問

■二代目とらのこ■
東京都練馬区東大泉3-2-7 ブライト大泉学園105号
11:30~15:00、18:00~21:00
定休日 月曜・第2第4火曜

2009.11.10 Tue 11:35
濃菜麺 井の庄@練馬(2)
前回食べて印象の良かった『濃菜麺 井の庄@練馬』、石神本には辛辛系ではなく通常の「濃菜麺」が掲載されていたので、それが目当て。ちょっと遠回りしてもらい到着、先客4名。(11時35分)券売機で「味玉濃菜麺+野菜大盛」を購入。茹で時間が長いのかしばし待ってラーメン提供。
ra091110濃菜麺 井の庄
スープを一口すすると前回は辛辛だったせいか、家系っぽい印象を強く感じます。辛辛があったのと関係あるかはわかりませんが、野菜の甘みももう少し多かった気がします。個人的には辛辛が入っている方がキレを感じることができるので好みですね。野菜大盛は成功、これくらい量が入っている方がバランス良しです。つけ麺は食べていませんが、ここでのマイベストは「辛辛濃菜麺+野菜大盛」で決まりだと思います。

2009/08/26訪問

■濃菜麺 井の庄■
東京都練馬区練馬1-6-18コンフォートⅢ1階B号室
11時~16時30分、17時30分~22時
定休日 木曜日
Webサイト

2009.10.20 Tue 11:35
肉汁うどん 肉汁や@練馬
関越に乗る前にラーメンを、とはいかず石神本掲載のうどんのお店『肉汁うどん 肉汁や@練馬』。このお店『とらのこ@大泉学園』の店主が新しく出したお店です。駅からは結構距離があると思わるお店ですが、店内に入ると丁度自分たちで満席。(11時35分)券売機で「肉もり(あっさり)」を購入。程なく提供。
ra091020肉汁うどん 肉汁や
角ばった麺を見ると確かにうどんぽい形状、色が付いているのは小麦粉によるものでしょうかねぇ。つけ汁に麺をつけて頂くと、印象は「うどん」ですね。麺は石神本によるとかなり加水率が高いそうなのですが、茹で時間が短いので結構固めです。一瞬低加水っぽさも感じるのは茹で時間の短さからくる固さからカモしれません。麺は茹でる前で350gということでしたが、良くある極太つけ麺の麺でいうと250gちょい位の量の感覚でした(加水率が高いからか?)。つけ汁は豚肉が入っているものの、基本は醤油を利かせたサッパリしたもので、和な感じです。連れが食べていた「こってり」を味見させてもらうと甘じょっぱい感じで、店主がやっていた頃の『とらのこ』のつけ麺を思い出しました。まだまだつけ麺ブームは続きそうなことを考えると、このお店の肉汁うどんは一般的にもかなり受け入れやすいものだと思います。つけ麺のような満腹感による満足が味わえ、さらにサッパリと食べられるというものも受け入れられる気がします。値段も本当に気軽な値段なのも良いと思います。ごちそうさまでした!

■肉汁うどん 肉汁や■
東京都練馬区豊玉北5-8-12
11:00-15:30、18:00-21:00
※うどんが売り切れ次第終了
定休日 月曜日

2009.08.26 Wed 12:30
濃菜麺 井の庄@練馬
今日は『井の庄@石神井公園』の別コンセプト店『濃菜麺 井の庄@練馬』に行ってきました。(12時30分)券売機で「辛辛濃菜麺+味玉」を購入。並び4名の後につきます。5分程度で席に座ることができ、程なく提供。
ra090826濃菜麺 井の庄
見た目にカナリ濃そうな感じです。スープは豚骨出汁と醤油の角が立ち、表面の油(鶏油でないと思う)が多い為か「家系」のラーメンが思い出されます。ただそれよりも油分、豚骨感、醤油の角ともに荒々しい感じ、それに野菜が入っている為野菜の甘みが足されタンメン的な要素も感じられます。そして辛辛で更なるキレも出して、「辛辛濃菜麺」の文字通りの印象。かなりオリジナリティのあるラーメンだと感じました。

麺は表面がザラついたやや低加水?の太麺でホグホグとした感触、何となく『蒙古タンメン中本』の麺にも近い気がしました。スープとの相性が非常に良く好印象です。具のチャーシューは胡椒が効いたローストポークで結構好みです。味玉もしっかり作ってあって中々グー。野菜はキャベツで、これまたスープに良く合います。全体として『井の庄@石神井公園』よりこっちの方が好みです。かなり美味しく頂けましたが、豚骨の重さが『井の庄@石神井公園』ゆずりのすごさだったのと、表面の油の多さでちょっと胃もたれしました。年ですね。。。そうそう、ちょっと御飯が食べたくなり、ごはん(小)を追加注文したのですが、これも『井の庄@石神井公園』ゆずりで小とは思えない量で残してしまいました。。。。ごちそうさま!

■濃菜麺 井の庄■
東京都練馬区練馬1-6-18コンフォートⅢ1階B号室
11時~16時30分、17時30分~22時
定休日 木曜日
Webサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。