--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.06.06 Sat 12:00
大ふく屋 十条店@十条
『麺処 ほん田@東十条』からの連食、連食場所を探して見ると東十条・十条付近は沢山の有名店があってビックリです。選んだお店は『大ふく屋 十条店@十条』、せたが屋ブランドのお店で重厚煮干ラーメンのお店です。そして重厚感を野菜で出しているベジポタのお店でもあります。お店の前に着くと8名待ち、人気ありますねぇ。(12時)20分程待って店内の券売機で『重厚中華そば』をポチっとな。程なくラーメン登場。
ra090606大ふく屋 十条店
見るからに重厚そうなスープをすすると煮干しがバッチリ効いたドロドロスープです。さすが『せたが屋』というべきで、煮干しギンギンに効いていますがエグミはキチンと取り除かれ、ドロドロ感も豚骨よりは野菜が強く意外とスッキリしています。

麺はバキバキっとした食感の細ストレート麺で、これが重厚スープに良く合います。細麺の割に茹で時間が長い理由はこの食感を出すための麺だからでしょう。重厚スープには太麺などを合わせているところが多いですが、プニドラはこのバキバキっとした細麺と重厚スープの組み合わせが一番好みでした。チャーシュー、ちょっと大きめの甘めの味付けのメンマも中々美味しく、レベルの高さを感じます。『ふくもり@駒沢大学』も煮干しをウリにしていますが、ちがった方向性をしっかりと打ち出していると感じました。ごちそうさま!

■大ふく屋 十条店■
東京都北区上十条 2-27-4
11:30~15:00、17:30~22:00 スープ終了まで
定休日 無休

2009.06.06 Sat 10:50
麺処 ほん田@東十条
本日は相方が友人とランチをしているので、遠出らーめんができる日です。そこでメディアへの露出も多く行列店となっている『麺処 ほん田@東十条』に行くことにしました。事前に情報を調べて開店40分前に行くことに決定。そして小雨が降る中JR十条駅から徒歩10分(東十条からだと5分)予定通り40分前にお店の前に到着、ポールポジションゲットです。(10時50分)並びは5分後に後ろに2名、開店20分前からは続々、開店時には20名以上になっていました。時間ぴったりに開店、券売機で「香味鶏だし味玉らーめん」のボタンをポチっとな。店主は本当に若いですねぇ。さて先頭ということもあり直ぐにラーメン提供。
ra090606麺処ほん田
見た目にセンスを感じる盛り付け。一口食べて『中村屋』系の味わいを思い出しましたが、鶏油ではなく他の香味油を使用しているので香りの感じが違いますね。『中村屋』系は昔の記憶になるので不確かですが、比べると魚介出汁が少ないかな。綺麗にしっかり採られた出汁は美味しく、レベルの高さを感じます。。こってりのラーメンも提供していますがそちらもレベルが高いのでしょうから人気店であるのもうなづけます。ネギ、にんにく等の揚げチップも特徴の一つになっています。麺は低加水の細ストレート麺でざっくりとした食感です。この麺もなんとなく『中村屋』系を思い起こさせる理由の一つになっていますね。チャーシューも最近時々見かける低温処理された赤みがかった色合いのもので、好みの味わいです。味玉もブランデーで味付けしてあることがちゃんとわかるもので、中々良いです。プニドラの好みにドンピシャということではないですが、全体のレベルの高さを感じるお店でした。流石に注目されるだけのことはあります(店主は若干22歳なんですもんね)。ごちそうさま!ちなみに行列はこんな感じ。

ra090606麺処ほん田_行列

■麺処 ほん田■
東京都北区東十条1-22-6
11:30~15:00、18:00-売り切れ次第終了(20:00~21:00目安)
定休日 水曜日

2008.10.05 Sun 13:30
滝野川 大勝軒@王子
今まである程度味が予想できてしまうので中々行こうとしなかった『滝野川 大勝軒@王子』に行ってきました。お店の前に着き「ラーメン」食券を買って並びます。並び4名、その後5名位並んでました。(13時30分)店内は綺麗とは言えませんが席数も多く活気もあり、こういう雰囲気は結構好きです。店を仕切っていた店員さんもいわゆる気のいいオッチャンという感じで、これまた結構好きです。しばらく待って席に着くとラーメンがすぐに提供されました。ラーメンとつけ麺で時間が違うらしくラーメンは早く提供されるようで、それによって順番も前後するみたいですね。思いのほか早く食べられることになりうれしい気分。

ra081005滝野川大勝軒

見た目は写真の通り丼ぶりの淵付近までスープが入っています。なぜかこの状態を見るとスープがアツアツそうで美味しそうという反射みたいのがあるんですよね。なんでだろ(??)一口すすると所謂大勝軒というスープで、全体としては動物系魚介系ともに角がなくまろやかな味わいな気がします。石神本で大勝軒の屋号で掲載されている唯一の店舗であることを考えると数ある大勝軒の中でも高いレベルなんでしょう。食後に豚骨感を強めに感じましたが、確かに美味しいです。大勝軒ということで化学調味料も使用していると思いますが、プニドラは化学調味料もそこまで気にするタイプではないのでオーケーです。まあ使用していると後味とかベースに感じる味わいが同じになってしまう為、飽きやすいということは言えますね。分かりやすい味といえばそうなんですが、プニドラは何気に大勝軒系結構好なのかもしれず、その証拠に時々食べたくなったりしますね。

麺はやっぱり多加水中太ストレート麺のみずみずしさとホクホク感が自家製麺ならではな感じがします。量が多くてもお腹の中にスルスルと入っていくのも特徴でプニドラはかなり好きな麺です。具のメンマは食感があり思いの他美味しく、チャーシューも噛み応えがあるしっかりしたタイプで大きいのにこちらも思いの他美味しく好印象。店内の雰囲気も合わせると繁盛するお店であることは間違いありませんね。家から遠いのでわざわざ来ることはないかもしれませんが、十分満足した大勝軒の一杯でした。

そういえば(化学調味料が好きじゃないと思われる)渡辺樹庵氏が大勝軒の中だったら『お茶の水 大勝軒@御茶ノ水』はキッチリ作っていると言っていたので、そのうち行ってみようと思います。

■滝野川 大勝軒@王子■
東京都北区滝野川2-10-3
11:30-15:00、17:30-21:30(スープが無くなり次第終了)
定休日 月曜休

2008.06.07 Sat 11:05
伊藤@王子神谷
今日は以前から行きたいと思っていた『伊藤@王子神谷』に遠征です。このお店は秋田県の角館に本店があるそうです。特にご当地ラーメンということではなく、秋田のご当地ラーメンとしてはあっさり醤油の「十文字らーめん」があるそうです。

さて遠征というだけにお店に着くまで家から一時間もかかってしまいました。お店に着くと丁度満席です。(11時5分)回転はかなり早く、すぐに席につくことができ「そば+大盛+スープ増し」で注文。ここはデフォルトのスープが相当少ないようなので、せっかく来たことだしたくさん味わおうと思います。

ra080607伊藤

ラーメンはこれまた割と早く提供されました。事前知識がなければびっくりしてしまうほどシンプルなラーメンです。スープ一口すするとこれはまさに煮干!の一言です。煮干味の強烈なラーメンといえば慣れ親しんでいる永福大勝軒がありますが、『伊藤』はより動物系が少なくラードなども浮いていないので、ほぼ煮干しか感じず、煮干しをかじっている位の印象を受けます。そして強烈な煮干の香りの中に和食を食べている感覚も与えてくれますが、蕎麦のそれとは全く違います。どちらかと言えばキチンと出汁をとった味噌汁に近いです(もちろん味噌は入っていませんが)。最初は醤油の角を感じましたが、それも最初だけで途中からは丁度良くなりました。まあこのあたりのバランスは多少日によって変わるのかもしれませんね。

麺は低加水で固めに茹でられたコリっとした感触でこの強烈なスープと共に独特の雰囲気を醸し出しています。これだけ煮干しという一つの出汁を強調しているので、この煮干し味に一度はまったら抜け出せなくなるのだと思います。結局スープも完飲してしまいましたが、食後感も強烈な味の割にはスッキリしていました。

そういえば4割位のお客さんがコショウを掛けて食べていたので、最後の方に掛けてみれば良かったとちょっと後悔。遠かったので中々再訪することはないと思いますが、これだけ特徴的なラーメンは味わえたことは良かったです。ここでしか味わえない美味しいラーメンでした。
そうそう外国人の女性スタッフがぎこちないながらも笑顔で一生懸命接客していて気持ち良ったです(^^)

■伊藤■
東京都北区豊島4-5-3
11:00~17:00頃(スープ切れまで)
※土日は17:00までやってることは殆ど無く14:00で閉まってることもしばしば
月曜 休(祝日の場合は翌日)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。