--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.05.20 Sun 11:20
創作麺工房 鳴龍@大塚、新大塚 ちゃぶ屋系出身の店主が作る担々麺が旨い
妻からラーメン食べて来て良いよと言われ、どこに行こうか迷った結果、最近話題?の『創作麺工房 鳴龍』へ。近くの『蔦』で「塩煮干」を食べたい気持ちもあったけど、コチラヘ。結果的にはコチラも食べておいて良かった。特に坦々麺。開店時間ギリギリで大丈夫かと思っていたのに、早く到着。けれど既に先客2名。(11時20分)結局開店時には並び8名だったので、この時間で良かった。券売機で「醤油垃麺」と「担々麺」を購入。まずは「醤油垃麺」から出してもらうことに。お店の人は森住さんと同じスタイルで、雰囲気も似ています。やっぱりそういうものだよね。ちなみに店内の音楽はボサノバだけど曲はガンズ。早速「醤油垃麺」着丼。
ra120520鳴龍 醤油拉麺
鶏油由来と思われる鶏の香りがフワッきます。動物系出汁の一体感がたまりませんね。タレとの一体感もあり、ジンワリ美味しいです。醤油の香り重視でない「支那そばや」系な美味しさを少し感じます(ホントかな?)。麺も素晴らしい自家製麺で、あっという間に完食。ハイレベルな一杯に満足です。
ra120520鳴龍 担々麺
さて、続いて「坦々麺」。こちらは丼がやや浅めのものになります。

はっきり言ってこの「担担麺」かなり旨いです。ベースのスープが良いのはもちろんの事、胡麻と辛味の強さも丁度よく、ベースのスープとのバランスも最高です。割としっかりした値段を取る中華料理屋で出している坦々麺のブラッシュアップ版、もしくは「ちゃぶ屋」レベル版という感じ。中華料理屋で坦々麺を、そんなに食べたことがないのでわかりませんが、あくまでイメージです。麺も「醤油」に比べて細めで、ポソっとした食感が中華料理屋的坦々麺っぽい感じですが、行き過ぎることのない感じが良いです。坦々麺のスープと麺の狙っている相性が憎いですね。とにかく券売機の左上に「担々麺」を配置したもの頷ける美味しさ。ちゃぶ屋系ということで「醤油」も食べたくなるのは当然でしょうが、「担々麺」は必食なので、店内連食がお勧めです。量もそんなに多くないし、重くないのでイケます。ごちそうさま!

ここ最近、ハイレベルなラーメンばかり食べることができていて幸せです!

■創作麺工房 鳴龍■
東京都豊島区南大塚2-34-4 SKY南大塚1F
11:30-15:00、18:00-22:00
定休日 火曜

この記事へのトラックバックURL
http://punidora.blog25.fc2.com/tb.php/991-cd2fe16f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。