--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.03.31 Sat 11:30
麺や 金時@江古田 銚子の『幸喜』が東京へ移転
銚子にあった石神氏推しの『幸喜』が3/30に移転オープンしてきたそうなので、早速行ってきました。今日は皆葛西のイベントにいってるみたいですね。強風の為ダイヤ乱れが激しかったようですが、江古田駅ではなく、小竹向原からアクセスした為、ALL地下鉄だったので影響受けずです。お店に着いて、まずはオープン記念で500円で提供されていた「塩らぁ麺」を注文。(11時30分)
ra120331麺や 金時 塩らぁ麺
写真は湯気で少し曇ってしまいました。最初の一口目は薄味に感じますが、のみ進めるほどに、店内のラミネートに記載の通り鶏の旨味、香り、丸みが感じられます。しらす氏がtwitterで「塩加減が絶妙」的なことをつぶやいてましたが、それを意識して食べると、確かに絶妙な塩加減。スープをすすればすするほどそれを感じる絶妙感です。シンプルな鶏出汁なので重層的な味わいではないですが、飽きることなくグイグイのみ勧められます。かなりそぎ落とし系でシンプルですが、それが特徴だったりして、他とは違う魅力があるラーメンですね。浅草開花楼の中細の麺もスープとの一体感が良いです。具は山クラゲの感触が良いアクセント。チャーシューは面積大きめで、見た目だけでいうと『Bee Hive』っぽかったり。
ra120331麺や 金時 汁なし担々麺
続いて「汁なし担担麺」。辛さは調節可能のようですが。初なのでデフォルトで。まずはタレとブルンとした中太麺とを良く混ぜます。ジンワリ系の辣油にゴマやナッツなどの香ばしさや山椒の痺れ&清涼感などが加わった香りが豊かなタイプで食べやすいですね。辛い物が苦手な人でも多分食べられる辛さで、複雑味を味わう感じの「汁なし担担麺」で流石の美味しさ。個人的にはもう少し辛めでもよいので、再訪の際は辛めにしよう。

「ひ志お」や「源醤」を使ったという「醤油らぁ麺」も食べてみたいところ。再訪しなければ。ごちそうさま!

■麺や 金時■
東京都練馬区小竹町1-2-7
11:00-14:00、17:00-20:00
定休日 月曜、第2火曜

この記事へのトラックバックURL
http://punidora.blog25.fc2.com/tb.php/957-d171273d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。