--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.02.25 Sat 10:55
牛薫る麺処 嵐風@新井薬師寺前 牛出汁を使った不如帰のプロデュース店
今日は『牛薫る麺処 嵐風@新井薬師寺前』と『中野汁場 進化@新中野』のオープン日。個人的にproduced by不如帰と聞いたら、行かずにはいれない感じ。こちらのお店「ひろまる」というお店のリニューアルなんですが、不如帰がプロデュース。新店ダッシュとか殆どしないんだけど、今日は特別。とりあえず30分前を目標に『嵐風』へ。お店に着くと前1名。(10時55分)前はいけ麺さん、初めましてです。4番目は山本達人。結局開店時には15名程度に。開店時間チョイ前に山本店主からの挨拶、山本さんってすごいな。。続いて店主の挨拶。程なく開店、暖簾には「produced by 不如帰」としっかりと書かれています。気合入ってますね。さて店内に入り、券売機で「牛醤油らぁ麺」を購入。
ra120225嵐風 牛醤油らぁ麺
牛出汁と魚介系(煮干?)出汁の香りが良い感じ。他にない牛出汁を使ったスープに仕上がってますねぇ。どちらかというと牛出汁が主張していて、甘味も結構出ていますね。牛出汁経験値が少ないので、いい加減ですが、しっかりと美味しいです。個人的な好みだけでいえば甘味はもう少し控えめだとより良いカモ。

麺は全粒粉入りの中細タイプで、気持ち太めにも感じますが不如帰のと同じものでしょうかね。メインの具は牛バラと牛スジ。刻み玉ねぎが入ったりするなど、色々と考えられている感じが伝わってきます。特に変わった具としてはマッシュルームが刻んだものでしょうか。なんか良く合っています。
ra120225嵐風 牛塩らぁ麺
そしてこちらはいけ麺さんに味見させて頂いた「塩」。こちらの方が甘味が弱く、バランス重視な気がします。特徴的なのは「醤油」の方でしょうか。山本店主によると、まだまだ改良していく様子だったので、何にせよまた「醤油」も「塩」も食べに来なければ。ごちそうさま!牛経験を積みに『マタドール@北千住』への再訪や、『元@十条』へ行かないとなぁ。

■牛薫る麺処 嵐風■
東京都中野区新井5-9-8
月-木11:30-14:30、18:00-21:00
金-土11:30-14:30、19:00-25:00
日 11:30-売り切れまで(100杯限定)

この記事へのトラックバックURL
http://punidora.blog25.fc2.com/tb.php/935-dbabf266
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。