--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.06.24 Tue 14:00
大喜@湯島
今日は千葉に向かう途中に2駅寄り道して『大喜@湯島』で一人ランチ。(14時)
お店の前に着き、食券機の前で悩みます。デフォルトのラーメンも食べたいし、石神氏の本に掲載されている「とりそば」も食べたいのです。「朝食も食べていない、夕食でもない、家から遠い」の三連コンボを喰らったので多めに食べてもいいかなと思い、「らーめん(醤油)」と「とりそば(塩)」のボタンを連打しちゃいました(^^;)食券を渡す時に、先に「とりそば」を出してもらうようお願いし、しばし待ちます。

ra080624大喜1

さて「とりそば」ですが、盛りつけが綺麗なのが目を引きますね。スープを一口すすると、塩ダレの甘みを後からは鶏をかなり感じます。鶏油を使っていると思うのですが、スープの匂いは鶏スープそのものです。

加水率はおそらくやや多めでほんの少し熟成したストレート細麺で、この形状の麺の中ではかなり美味しいんじゃないでしょうか?噛み切った感じとかスープの持ち上げ方(相性?)が良いんですよ。具の味付け玉子は半熟タイプでそれほど味付けが強くなく普通に美味しいもの、「とりそば」特有の具である鶏チャーシューはさっぱりしていて食感も良く、スープに良く合います。メンマも小さいタイプで麺と一緒に食べた場合の相性はこのタイプが良いなぁと思います。

ra080624大喜2

次に「らーめん(醤油)」ですが、一口スープをすするとやや油分の多さが気になりましたが、食べ進めるウチにそれも気にならなくなりました。こちらのスープもメインに感じるのは鶏ガラと醤油(醤油ラーメンだから当たり前?)ですね。醤油は風味に特徴があるものを使用していそうで、この醤油味が前面にでています。油分のおかげかコッテリ感もあるので、結構この味は癖になるかもしれないですね。第一印象なので何とも言えないのですが、「とら食堂系」を少しだけ思い出しました。醤油ダレの感じが違うのと、『大喜』の方が魚介系が多いかな(自分が感じる魚介系ということになってしまいますが)。まあメインの「鶏ガラ」のせいだけかも知れませんね。

麺は「とりそば」と同じもの、大枠の具(味玉、カイワレ、メンマ)はチャーシュー以外はほぼ同じもの。チャーシューはしっかり味付けしてあるチャーシュー&トロトロタイプで、この組合わせはあまりないですね。個人的にはそれほど好みではありませんでしたが、この醤油スープには良く合うと思います。あとカイワレってラーメンの具としても最近多い気がしますが、色味としては特に醤油ラーメンの時非常に綺麗な気がします。

両方のラーメンともハイレベルでまとめられているラーメンで、特に麺はこだわっていないお店と比べたら明らかに差があると思わせてくれるものだったので、次回来た際にはつけ麺を食べてみようと思います。今回の二種だと「らーめん(醤油)」の方が好みだったかもしれません。ただ単純に塩ラーメンより醤油ラーメンの方が食べ慣れているというのも影響していると思います。メニューもかなり多いので、家が近くにあれば常連になってしまうだろうなぁと思うお店でした。

以下反省文です↓↓↓↓
まあ食べれちゃうんですが、2食はやっぱり食後感が食べ過ぎになりますよね。もう若くはないので、体のことを考えると2食はやめておこうと切に思いました。最近腹筋をやっているおかげか、夜にたくさん食べないようにしているおかげか少しスリムに戻った感じもするので台無しにしないようにしないと。。。今はプニドラですんでるけど、ブタドラになったらまずいしなぁー。

■大喜■
東京都文京区湯島3-47-2
11:30~15:00、17:30~22:00(スープなくなり次第閉店、祝日は昼営業のみ)
日曜 休

この記事へのトラックバックURL
http://punidora.blog25.fc2.com/tb.php/81-b546372f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。