--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.08.10 Wed 13:15
麺屋 中川會@住吉 つけ汁の酸味&甘味にフルーツを使った豚骨魚介系の注目店
今日もメチャクチャ暑いですね。流石にここまで暑いとアツアツのラーメンをそれほど欲することはなくなりますね。こういう時に普段食べない「つけ麺」を食すのが良いでしょう。普段「つけ麺」を食べないので、気になる行きやすい新店があっても中々行かないことが多いのです。そういうお店である『麺屋 中川會』に行ってきました。このお店2011年の新店で注目を浴びているお店。つけ汁にフルーツを使い酸味や甘味をできるだけ自然に出したということらしく、気になるお店でした。お店に着くとこの暑い中、店外並び6名。(13時15分)たまたまタイミングが良かったのか、10分程度で着席できたのでラッキー。店外には保冷されたお茶が飲めるようになっていて好印象。券売機で「つけ麺(並盛:200g)+味玉」を購入。店内は間接照明がメインで3面の壁に向かって着席するスタイル。
ra110810中川會 つけ麺 並盛 味玉
見た目は通常の濃厚豚骨魚介系のつけ汁に比べてミルキーな感じの色合いで、油分も少なそうです。確かにフルーツで酸味や甘味を出しているのが効果的なのかもしれませんが、そもそもの豚骨魚介出汁も丁寧に処理していそうなつけ汁です。麺は浅草開花楼の極太麺ですが、しっかり茹でられているので食べやすいです。個人的にはこの位茹でた方が好きかも。大きく分けてしまえば豚骨魚介系のつけ麺なのですが、丁寧さとアイデアの両方で良いものを提供している感じがして好印象。ラーメンも食べてみたくなりますねぇ。最後はスープ割りを頂き、完飲してごちそうさま!

■麺屋 中川會■
東京都江東区住吉2-19-5
11:30-15:00、17:00-20:00(スープ切れ次第終了)
定休日 月曜

この記事へのトラックバックURL
http://punidora.blog25.fc2.com/tb.php/785-54392b8e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。