--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.11.07 Sun 11:35
蔭山樓@自由が丘 鶏の旨味の凄さにビックリした鶏白湯
最新の石神本に載っていたお店に行こうと思い、相方と休日に行くにはもってこいのお店を見つけました。そのお店は『蔭山樓』。お店はラーメン屋ではなく中華料理屋で、それもチョイと洒落た感じのお店。ということはランチに相方と行くのが一番自然な感じです。そして相方がラーメン以外のものが食べられ、なおかつ食後に自由が丘散策ができます。相方に聞いたら快くOK。自由が丘の駅からも近いですが、三軒茶屋からは渋11のバスに乗って「自由が丘学園」というバス停を降りるとすぐ近くなので便利です。ほぼ開店時間と同時にお店に到着すると先客はなし、その後お客さんが来だしました。(11時35分)さて自分は「名物こだわり麺の鶏白湯塩そば」のランチセットを注文。相方は「やわらか鶏の土鍋餡かけご飯」の単品を注文。後のお客さんは結構「名物こだわり麺の鶏白湯塩そば」を頼んでましたね。
ra101107蔭山樓
さてアミューズとして出された野菜のせいろ蒸し(しっかりと美味しかったです)の後にラーメンが登場。スープを一口すするとコラーゲンたっぷり鶏白湯という感じで、鶏の旨味のスゴさが半端なく、コッテリとは違うベクトルの濃厚さです。塩味の鶏白湯ということで、まったりとキレのない感じになりがちですが、立体的な味わいで満足感十分。何となく普段食べる鶏白湯と違いを感じるのが石神本に記載されている手羽先を使った手法からなのか、他の理由なのかはわかりませんが、旨味がすごい鶏白湯だと思います。揚げエシャロットのおかげで、慣れ親しんだラーメンぽさも感じられますね。

麺は浅草開花桜の中太やや平打ち縮れ麺でモッチリとした茹で加減が丁度このスープにピッタリな感じ。濃厚な鶏白湯のアクセントとして具材の生野菜はもっと入っていても面白いカモと思いました。最後はプチライスが付き、雑炊風にして食べ、もちろん美味。デザートの杏仁豆腐も優しく、マンゴソースが甘くないのに濃厚で素晴らしかったです。相方の土鍋飯も食しましたが、優しいながらもしっかりした味わいで美味。普通に夜にも来てみたいお店ですね。担担麺やフカヒレの餡かけそばも気になるし、フカヒレも食べたいしね。ごちそうさま!

■蔭山樓■
東京都目黒区自由が丘2-8-21 
ランチ 11:30-15:00(L.O.14:30)
ディナー18:00-22:00(L.O.21:30)
定休日 火曜日
Webサイト

この記事へのトラックバックURL
http://punidora.blog25.fc2.com/tb.php/610-74f976ca
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。