--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.09.15 Wed 12:00
赤坂味一@船橋(千葉県)永福大勝軒インスパイアだけど町の中華屋っぽいお店
千葉方面に向かう途中、一件用事を済ませ船橋乗換。ここで『目黒屋』も思い浮かぶが、並んでたら時間が微妙に足りなそうなので、らーナビで船橋を検索すると『赤坂味一』という永福大勝軒インスパイアというお店があるではないか。これは行かねばということで行って来ました。お店に着くと席数も多いが9割埋まっていて、基本相席のようなので、空いている席に座ります。(12時)雰囲気は町の中華料理屋さん。メニュー構成も基本の「中華そば」あとは大盛・メンマ・チャーシュートッピングだけ。基本の『中華そば』は500円、安いですね。周りを見ると量もそれなりに多そう。ラーメンを作っている店主とホールのスタッフ二人で券売機もない状態で回しています。茹で時間は結構短め、かつ一ロットも多くドンブリへの盛り付けも簡単なのも回転が良い理由かもしれませんが、二人で良く回しますねぇ。回転は中々良い感じですが、ひっきりなしにお客さんが来るので常に待ちが出るくらい。地元のサラリーマンで賑わっています。
ra100915赤坂味一
出てきたラーメン永福大勝軒の雰囲気を感じます。そしてドンブリも永福より小さいが洗面器っぽさはあります。スープは比べると濁りが強く、油膜が少なめということが分かります。永福に比べタレ感が少なく、コッテリさは控え目、煮干しの味わいはビターな方向性。煮干し嫌いにはこのビターさはダメでしょうが、煮干し好きはこの位で問題ありません。コッテリはしてないのですが、煮干しの苦みが特徴的なスープです。麺は永福のそれとは違い、かなり固めに茹でられたボソッとした食感の中縮れ麺。永福とは違いますが、ビターな煮干と垢ぬけてないボソッとした麺のマッチングはこれはこれでアリだと思います。量の感覚は200g位の感覚かな。大盛はスープの量が増えない感じで、あえ麺風な見た目でそれはそれでインパクトあります 笑。個人的には永福大勝軒とはやや違いましたが、なんにせよ500円でニボニボ注入でき、これだけ地元で人気があるお店なので、素晴らしいことは確かです。食べておいて損はなかったと思えるお店でした。ごちそうさま!

■赤坂味一■
千葉県船橋市湊町2-2-19
11:00-16:00
定休日 日曜日

この記事へのトラックバックURL
http://punidora.blog25.fc2.com/tb.php/577-50c71ea3
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。