--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.06.23 Wed 11:50
菜@本八幡(千葉県)(2)千葉拉麺大賞で数々の栄冠に輝いたお店
雨が降ったりやんだりと不安定な天候の中、駅から徒歩15分程度掛かる『菜@本八幡』に久々の再訪。(11時50分)前回「塩」を食べたので、今回は「濃口煮干」を注文。大盛・味玉付きです。程なく提供。
ra100623菜 濃口にぼし
その名の通り、かなり濃い色。そして煮干し粉もかなり浮いてます。口に含むとザラつき感が半端ないです。ここまでやってしまう潔さを感じますね。そしてタレ自体がかなり強いのも特徴的。ramen151eさんの情報によると「煮干度」は「塩にぼし」の方があるとのこと。「濃口にぼし」の「濃口」はタレに対する意味が強いのかもしれません。同じ煮干度で「塩」にしたら煮干しを感じる度合いはかなり増えそうですもんね。個人的にはもう少し出汁を味わいたい気分ですが、煮干し粉+濃いタレとくれば、インパクトを出す方向性なので、それに合った味わい方をすべきなのでしょう。ジンワリ味わいたければ「塩」にすればいいんですもん。

麺は自家製麺ならではのみずみずしさが出ていて、腹落ちが非常に良くスルスルと食べれてしまいます。「塩」の細麺とは違いコチラは丸い断面の太ストレート麺。低温調理されたチャーシューも美味。ごちそうさま!次回はもう一度「塩」か、それとも「塩にぼし」か迷うところです。

食べ終わると同時に雨が急に土砂降りに。死ぬほど濡れそうだったのでタクシーで駅まで戻りました(それでも大分濡れました)。それにしても何故こんな雨が降ったりやんだりしている時に駅から遠いお店に行ってしまったんでしょう。。。。

2008/09/24訪問

■菜■
千葉県市川市南八幡2-4-17
11:00-15:00、18:00-20:00
定休日 月曜・火曜(月曜祝日の時は特別メニューで営業)

この記事へのトラックバックURL
http://punidora.blog25.fc2.com/tb.php/538-2fb015f6
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。