--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.07.23 Thu 12:00
ぜんや@新座(埼玉県)
商用で立ち寄りやすい場所にあるにも関わらず、通常火曜日に群馬方面に行くので火曜・水曜が定休の『ぜんや@新座(埼玉県)』には中々行くことができないでいました。今日は念願達成です。この『ぜんや』というお店既に10年前位にスポットライトを浴び今なお行列ができるという名店。もちろん石神本殿堂入りも果たしたお店です。お店に着くと平日ということもあり、並び7名程度で済みました(12時)15分ほどで店内へ、大盛りの量を聞くと240gということなので、券売機で「大盛ぜんやらーめん」を購入。程なく提供。
ra090723ぜんや
まさに黄金色に輝く塩ラーメンで見た目が綺麗ですね。ちらっと見えた寸胴のスープも綺麗でした。スープを一口啜るとやや塩分強めの中に懐かしい中華そば的な味わいを感じ、キレがあります。出汁の薄さを補う為の塩分の強いということは時々ありますが、ここのスープは塩分の後に感じる出汁感はしっかりしたものです。昔ながらの中華そば的なニュアンスは鶏ベースなのかと思ったら、情報によるとどうやら豚らしいです。魚介系によってないところも昔ながらの中華そばを感じるところなのかもしれません。

麺は透明なスープの塩ラーメンに合わせるにはめずらしく低加水の中太ストレート麺をやや硬めにゆで上げたタイプ。昔は細麺だったようですね。透明スープと言っても塩分・出汁ともに強いので、こういう麺にも中々合います。具はチャーシュー・ほうれん草・メンマで、全て塩分がしっかりついているタイプです。

石神本殿堂入りのお店はリスペクトの要素も入っている気がし、もちろんこのお店もその要素があり、最近の塩ラーメンの代表と感じる『元@蓮根』の方が個人的には大分好きですが、今でも輝きはあると感じました。。しょっぱさは「がんこ系」っぽさも僅かながらあり、常習性が出ると思います。やはり名店に違いはないでしょう。ごちそうさま!

■ぜんや■
埼玉県新座市野火止4-9-8
11:30~スープが無くなり次第終了(15:00~16:00)
定休日 火曜・水曜

この記事へのトラックバックURL
http://punidora.blog25.fc2.com/tb.php/338-68c86ed2
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。