--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.06.13 Sat 11:30
梅の家(梅乃家)@竹岡(千葉県)
今日は実家の車を借りて相方と千葉の南房総にある鋸山に行くことになりました。相方を説得して石神本掲載店の『大ちゃんラーメン@君津』に行くも本日(臨時?)休業(TT)あきらめて鋸山に向かっている途中に『梅の家@竹岡』を見つけてしまいます。相方に美味しいラーメンではないかもしれないけど、「竹岡式らーめん」という千葉県特有の面白いラーメンが食べれると言って食べること決定です。ちなみにこのお店「竹岡式らーめん」の元祖とも言われているお店で、麺は乾麺、出汁は採らずチャーシューの煮汁(醤油ダレ)を麺を茹でたお湯で割ったスープを使用、というビックリなお店です。こんな作り方ですが、1日500杯売るという繁盛店なのです。また超らーめんナビで5つ星だったり、佐野実氏の「俺が唸ったラーメン」でも判定不能という評価を得ているかなり変わったお店です。

東京湾を望むお店の前につくと並び6名、その後続々並びができ並び10名程度、ホントに人気店なんですねぇ。(11時30分)注文は「らーめん(大盛)+薬味(タマネギ)」。10分ほど待って席に着き、更にその10分後にスープをこぼしながら(笑)提供です。
ra090613梅の家
チャーシュー麺でもないのに、かなりの量のチャーシューが入っています。タマネギもタップリです。スープを一口すすると正に「チャーシューの煮汁を茹で汁で割った」というものでスープに入っている海苔の味でさえ出汁に感じてしまいます。そして麺も乾麺であることが良くわかります。普段食べているラーメンと同じ土俵で比べてしまうと「美味しい」とは言えないのかもしれませんが、これを食べ慣れてしまうと唯一無二の味でハマる可能性はあるので、ある意味「美味しい」ですね。お店の雰囲気がそうさせるのでしょう、おばちゃん達の接客も雰囲気を作り上げている一要素になっていて、実際「またいつか食べに来たい」って思ってます。ちなみにチャーシューは脂身も多いのですが、しっかりと作られた固めのタイプでカナリ美味しく、相方も気に入っていました。なるほどチャーシューメンが人気なのもうなづけます。お店の独特の雰囲気も楽しめるので、この辺りに来た際には一度訪問することをお勧めします。相方も面白いラーメンだったと喜んでおりました。ごちそうさま!

■梅の家(梅乃家)■
千葉県富津市竹岡401
10:00~19:00
定休日 火 不定休は月1回有(月曜が多い)

この記事へのトラックバックURL
http://punidora.blog25.fc2.com/tb.php/316-5b50a3d9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。