--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.01.25 Sun 10:55
町田汁場 しおらーめん 進化@町田
今日は相方に許可してもらい3度目の町田遠征です。お店は名前に「塩」をつけてしまうという潔い『町田汁場 しおらーめん 進化@町田』と『白河手打中華そば 一番いちばん』を予定しています。まずは『町田汁場 しおらーめん 進化@町田』へ向かい、駅から15分程度歩きお店の前に5分前に着くと一番乗りです。(10時55分)その後開店前に後客1名。ほぼ時間通りに回転し、券売機で「しおらーめん」を購入。らーめんを待っている間にあっという間の満席でした。駅からかなりの遠さなのにかなりの人気です。駅から来ているというよりは近くに住んでいる人達が来ているといるのだとは思いますが。。ゆで時間は短く、すぐにらーめんが提供されました。

ra090125町田 しおらーめん 進化jpg

しおらーめんは見た目にもかなりシンプルでスッキリした味わいのスープであることがわかります。一口すすってみると、時々塩ラーメンで感じる独特の甘みやしょっぱさは感じず、出汁にまろやかに溶け込んでいる印象。インパクトこそほとんどありませんが、目立たない感じで複雑味があり、かつまとまっている感じがします。出汁は動物系(鶏メイン)・魚介系両方だと思いますが、スープが冷めてもさほど魚介系の出汁を強く感じることがなかったので、バランス的には『三四郎(中村屋系)』よりも魚介は薄めなのでしょう。表面に浮いている油はおそらく鶏油ですが、これも強調させすぎず適度な味わいです。

麺は細ストレート麺で滑らかさを重視したもので、スープと同じ方向を向いている麺だと思います。スープにも非常に良く合った麺ですね。チャーシュー・メンマともに味付が強くなく、店主が全体をまろやかに仕上げようとしているのが良くわかります。まろやか過ぎて物足りなく感じてしまうこともありそうですが、スープ自体のレベルは非常に高く出汁感や複雑は十分あり、2軒目を予定していなければもっと飲んでしまっていたでしょう。塩ラーメンのスープの中ではかなり好きな方です。そして恐らくですが煮干塩は結構インパクトある塩ラーメンに仕上げられていそうなので、機会があれば食べてみたいメニューです。ごちそうさま!ここの店主は『ひるがお(せたが屋系列)』で修行していたらしいので、まだ未食の『ひるがお』も食べてみたくなりました。そういえば店内に『支那そばや@戸塚』のポスターが貼ってありましたが、『69'N' ROLL ONE』にしても『胡心房』にしても貼ってあり、佐野実氏との親交も深そうなので、佐野実氏は町田と何か関係あるのかなぁ?などと思ってしまいます。

■町田汁場 しおらーめん 進化■
東京都町田市森野3-18-17 ウイング森野103
平日11:00~15:00、18:00~21:00
日祝11:00~18:00
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日)

この記事へのトラックバックURL
http://punidora.blog25.fc2.com/tb.php/228-0661120a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。