--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.11.10 Mon 20:00
らーめん ときん@武蔵新田
やっぱり振られたお店には行きたくなるということで、昨日振られた『ときん@武蔵新田』にリベンジです。今日最新の店舗情報を調べたら第2・4日曜日が休みなんですね。もう少ししっかりと調べれば昨日振られることもありませんでしたね。というわけで遥々会社帰りに来ました(20時)店内は少し寂しく2,3名のいり、お店の雰囲気はテレビも流れていることからか町の中華料理屋という感じ(お店のスタッフもどことなくそんな雰囲気の方・・・失礼m(_ _)m)。注文は「ときんらーめん(白)+味付玉子+ラーロウ(挽肉と玉ねぎの辛味噌炒め)」。ときんらーめんには「白」「黒」があり、「白」はあっさり熊本豚骨らーメン、「黒」は背油豚骨醤油ラーメンのようです。無料サービスとして「生ニンニク・生キャベツ・味濃いめ・油多め」が選べましたが、まずはデフォルトで。

ra081110ときん

豚骨ラーメン屋としては意外なゆで時間の長さ(麺が太い)の為、気持ちちょっと待ってラーメン登場です。見た目からしてマー油が豚骨スープに馴染んでいて美味しそうです。誤算としてはラーロウは『ぼたん@大塚』の「バクダン」や『田中商店@六町』の「赤おに」と同じで別皿提供だと思ったのですが、完全にトッピングとして乗っかっちゃってました。ラーロウの部分を崩さないように反対側を一口すすってみての印象は「マー油ってすごいな」ということ、マー油と豚骨スープの相性ってかなり良いですよね。スープはあっさりと表現しているだけあってあっさりですが、マー油のおかげで非常にコクがあります。洗練されたスープという印象はないのですが、荒っぽくても常習性があるスープだと思います。

麺はやや低加水の中太ストレート麺で、麺に重量感があり噛み応えも結構あります。マー油でコクが強いスープとの相性もナカナカ良い感じです。具のチャーシューは小さいサイズながらも炙られた跡のあるもの、キクラゲ・キャベツはもう少し入っていてもウレシイかもと思いました。後半にラーロウをスープに混ぜて食べると一味変わり、いい感じです。とんこつ系スープに辛挽肉系のトッピングはハマりますね。熊本ラーメンというと老舗の『桂花』を思い出しますが、『桂花』もこんな感じのラーメンだったら時々食べてみたくなるなぁ。

■ときん■
東京都大田区矢口1-7-13-103
平日11:00~14:30、17:00~22:30
日・祝11:00~14:30、17:00~21:00
定休日 第2・4日曜

この記事へのトラックバックURL
http://punidora.blog25.fc2.com/tb.php/193-c9ccf3e7
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。