--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.09.15 Mon 13:45
特一富屋@池袋西武(北海道うまいもの会)
今日は池袋西武の北海道物産展に来ました。勿論目当てはラーメンです。お店の名前は『特一富屋』で本店は札幌のススキノにあるお店です。石神本には『特一富屋@秋川』が掲載されていますが、札幌のお店で修行した人のお店のようです。なかなか秋川までは行くことがないので、これは良い機会と思い物産展に来た次第です。物産展につくとかなりの人出で『特一富屋』もかなり並んでいます。醤油ラーメンの食券を購入し、並び席に着きます。(13時45分)回転はかなり早く、すぐにカウンター席に案内されました。目の前で作っているのを見ていると12ロット位一気に茹でてますね。最初と最後では麺の茹で加減がかなり違うだろうなぁと思ってみていると、一番最後のラーメンで出てきました(TT)まあ物産展なのでしょうがないですね。。。

ra080915特一富屋(池袋西武)

スープを一口すすると表面に浮かんだ厚めのラードのおかげで相当アツアツだったので全然大丈夫でした。旭川ラーメンの特徴であるサバ節や煮干しの香りがガツンと来て、動物系出汁もかなりしっかりとした味わいでかなり美味しいです。プニドラはどうやら、ラード+煮干し系の組み合わせにめっぽう弱いようですね。特にここのは動物系のコクやまろやかさが合わさり、相当好きなバランスだと思います。「これ好きだなぁ」という感じでドンドン食べちゃいました。あまり他の旭川ラーメンを食べていないのですが、ここのお店は動物系のコクとまろやかさを強く出しているのが特徴な気がします。

麺ははやりかなり柔らかめになってしまっていますが、元の麺は低加水中細縮れ麺の様です。低加水なのでスープを吸うとは思いますが、今回の場合は茹で汁を吸ってしまった状態ですね。やはり違いはあるでしょうが、そこまでは気になりませんでした。具のメンマはスープとも合っていると思ったので、ちょっと量が少なくさみしい気がしました。チャーシューは結構しっかりしたもので美味しかったし満足です。

最近の緻密に計算されてそうなラーメンと比べると荒っぽい感じもするラーメンですが、秋川に食べに行くのは相当大変だけれど一度食べに行こうかと思うくらい好みの一杯でした。家の近くにほしーー。

以下の情報は秋川のお店のものです
■特一富屋■
東京都あきる野市秋川2-7-7
11:00~21:00
木曜 休

この記事へのトラックバックURL
http://punidora.blog25.fc2.com/tb.php/149-6fd11f74
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。