--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.09.08 Mon 20:30
麺・酒処 ぶらり@日暮里
会社を結構早くでたので、遠いので暫く悩みましたが昨日振られている『麺・酒処 ぶらり@日暮里』へ意を決して向かいました。行きは読みかけの本を読み、帰りの電車でブログも書けばいいしということでしょう。以外にも早くお店に到着し、お店がやっていることを確認してホッとしました。(20時半)お店に入って「鶏白湯らーめん+鶏しそ餃子」のボタンを押しました。餃子は迷ったのですが、名物っぽいので注文してみました。半餃子があればベストだったのですがしょうがないですね。結果としてお腹一杯になってしまったのですが。。。さて店内はそれほどお客さんがいませんが、月曜日なのでこのくらいなのかもしれませんね。

ra080908ぶらり

わりとすぐにラーメン提供です。見るからに鶏白湯とわかる黄身がかった色で、一口すすると正に鶏です!乳化した鶏のうま味が良く出ているスープで塩分はちょい高めですが、その塩分のおかげで引き締まった味わいに仕上がっているように感じます。焼き鳥屋などで出てくる鶏スープをもっと長時間使って煮出したといった具合で、ラーメン用の適度なコクが出ていると思います。本当に上質かつコクのある鶏スープなんですが、ラーメンスープとしては他の要素も入っていて欲しいと思ってしまうのはまだプリドラが鶏白湯に慣れ親しんでないからでしょうね。とかなんとか言いながら普通のラーメンのスープをすする量より圧倒的にたくさん飲んでしまいました。なんか後引く美味しさなんですよねぇ。

麺は多加水の中太平打麺でちょとねじれているいるタイプで、ゼラチン質特有の粘りがあるスープに表面がツルツルしているこのタイプの麺は非常に良く合っていると思います。麺の量もかなりあり、スープを楽しみながら沢山食べれるので満足感が高いです。具の鳥チャーシューで鶏づくしを演出し、山クラゲもメンマと違い味が強くないので、鶏スープを楽しむための選択であることが分かります。またあまり得意でない白髪ねぎもこのラーメンに関しては少量ずつ噛みしめることで、ネギの味がさっぱり感を出してくれるのでまずまず良かったです。

鶏しそ餃子は作ってから時間がたっていたのか皮が固く、餡の部分も全体的に水分が少なくなっていて特筆するほどという感じではありませんでした。お腹が一杯になってしまったことと、期待感が大きかったことが影響しているかもしれません。とは言っても「鶏白湯らーめん+鶏しそ餃子」で判断して満足度の高い食事だったと思います。

■麺・酒処 ぶらり■
東京都荒川区東日暮里5-52-5
平日11:30~15:00、17:00~23:30
土・日・祝11:30~22:00
不定休

この記事へのトラックバックURL
http://punidora.blog25.fc2.com/tb.php/143-dbc421e9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。