--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.07.27 Sun 11:45
麺屋 零式本店@板橋区役所前
今日はまたもや板橋区方面の『麺屋 零式本店@板橋区役所前』へ。一度その方面に行き出すと行くのに慣れる為、連続して行ってしまう傾向がありますね。馴染みのない地域ですが、すんなりお店に着きました。(11時45分)

お店に着くと注文しようと思っていた「伝家零式つけそば」は調整中とのことでした。他のメニューとから判断するに結構メニューとか変わっていくタイプということです。麺は「太麺10,零式麺12,零式極太麺20」という麺があり、どうやら数字の意味は茹で時間らしいです。気を取り直して「つけめん(零式麺12)」を注文。しばらくつけめんが来るのを待っていると前払でお金を支払う形式らしい、完全前払いではなく、店主の手が空いた際に支払ってもらう形式みたいです。店主一人でやっているお店なので、ボトルネックをなくすいい案だと思いました。

ra080727麺屋 零式本店

さてつけめんがやってきました。一目みるだけで麺の形状が特殊なのが目につきます。色が濃い目の極太平打麺ですが、平打といっても薄い方の厚みも結構あります。味も麺なのに強い味がついている気がしますが、これが小麦粉の味なのか別のものかは分かりませんでした。加水率は高めでプルプルしています。形状としては『七彩@都立家政』の麺を1or2回りくらい大きくした感じなのですが、食感と味は全然違うものですね。

スープは動物系がメインになっている感じですが、粘度が高いのは野菜が多いからかそれほどコッテリなつけ汁ではありません。出汁がメインに押し出しているというよりは、甘味、酸味で食べさせているという感じで塩分も結構強めです。店主がつけめんを提供する際に「濃かったら言ってください」と聞いてくることからも濃い目で出しているのは狙いだと思います。

さて麺と一緒に食べた場合ですが、この麺の味が上記のとおりかなり強いので、このつけ汁と一緒に食べた時にも味を強く感じるほどです。一緒に食べてこれほど味を感じるのは初めての経験でした。固めの感触と強い縮れも特徴的な印象を与えます。

具にはウズラの卵、ほぐし豚、竹の子とちょっと変わったラインナップでしたが、すべて良く合ってました。個人的には少し(塩?、砂糖?、酢?を)薄めにしてもらった方が好みかもしれませんね。ただ麺とのバランスを考えるとこの濃さがベストということも考えられます。トッピングの野菜を入れるとより美味しそうでした。

■麺屋 零式本店@板橋区役所前■
東京都板橋区板橋3-44-6成喜ビル1F
11:30~15:00(スープor材料or麺切れ終了有)
不定休

この記事へのトラックバックURL
http://punidora.blog25.fc2.com/tb.php/111-8ae52e51
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。