--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.11.30 Tue 20:30
焙煎汐蕎麦処 金字塔@赤羽 独自性もここまで来ると感心させられます
昨日に引き続き体調不良が続いていますが、多少良くなったので今日は出社。そしてすぐに家に帰れば良いのに『焙煎汐蕎麦処 金字塔@赤羽』に行っちゃいました。このお店石神本のみならず、他のラーメン本にも掲載されている注目店です。数々のお店を出している店主が「焙煎」をコンセプトにして新たに出したお店です。お店に着くと先客0名でしたが、後ろ客9名くらいで店内8割程度に入りになりました。(20時30分)タイミング良かったです。正直ラーメン好きなので「特撰しおそば」と迷いましたが、石神本に掲載されていた「特撰つけそば(大盛)」を券売機で購入。
ra101130焙煎汐蕎麦処 金字塔 特撰つけそば
提供されたつけそばはまずお皿の多さにビックリします。麺は2段になっていて、博多麺と浅草開花楼の小麦粉「傾奇者」を使った二種類です。つけ汁は鶏出汁に焙煎された香ばしさが加わり特徴的な旨味が出ています。トッピングも薫製ベーコンやつくねや黄色に着色されたの味玉などその他にも様々、薬味にはホースラディッシュという独自性がありこれでもかのオンパレード。別皿で提供されるコーヒー油を入れると正にコーヒーの香りが付き味が全く変わります。最後はポットで提供される玄米茶割ができるのですが、玄米茶を入れるとこれまた玄米茶の感じが出てます。お店の雰囲気が喫茶店風なのも含め、「焙煎」というキーワードにカナリこだわっているのがよくわかります。個人的には焙煎した鶏で取った出汁を思う存分味わいたかったので、「しおそば」にしてスープをズルズル行きたかったカモ。何とか再訪するようにしないといかんです。独自性がフリーク好みな感じですが、かなり極めちゃってますから感心しますね。やはり「しおそば」を食べて好みかどうか判断したいなぁ。ごちそうさま!

■焙煎汐蕎麦処 金字塔■
東京都北区赤羽1-62-5
11:30-25:00(L.O.24:30)
定休日 無休
スポンサーサイト

2010.11.29 Mon 15:30
新華桜@三軒茶屋 昔ながらの中華料理屋もいいもんですねぇ
なんと本日は体調不良で会社を休みました。相方も会社に行っていて誰もいないので朝は買ってきて済ませましたが、昼は何かまともなものが食べたいと思い、思いついたのが石神本の特集に載っていた中華料理屋『新華桜@三軒茶屋』です。こんな時にでもこういうことを思いついちゃうのがラーメンフリーク(中途半端)です。家からも徒歩で行ける場所なので、サッと行ってきました。世田谷線沿いという佇まいの店舗に着くと、中途半端な時間の為お店の人が食事中でした。(15時30分)注文は石神本に掲載されていた「ザアサイメン」。野菜などを炒める音が聴こえ、しばらくして提供です。
ra101129新華楼 ザアサイメン
うん、美味しいですね。タンメン+ザアサイのようなラーメンですが、ザアサイの塩気と酸っぱさとコクが後ひく味わいになっています。バシッとわかり易い味になっていますが、意外(失礼)にもしっかりとした出汁感も感じられます。はっきり言って想像以上に美味しかったです。こういう昔ながらの中華料理屋さんも良いですねぇ。ごちそうさま!定食類も多いので、普通に夕飯とか食べに来ても良いカモ。そういえば大学生の時は学校の近くの中華料理屋で毎日夕食食べてたなぁ。

ところで石神本の今回の特集、やや池尻大橋、三軒茶屋付近が多いのは石神氏の地元だからでしょうかねぇ?

■新華桜■
東京都世田谷区太子堂4-4-10
11:00-21:00
定休日 日曜

2010.11.28 Sun 11:35
麺部 しば盛@京王永山 魚系や豚系のメニューがそれぞれある地元密着型店舗
本日は相方が友人とランチで外出しているので、一人遠出ラーメンを頑張ります。ということで石神本NEW COMER『麺部 しば盛@京王永山』に行ってきました。小田急永山駅から徒歩15分程度歩いてたどり着きました。(11時35分)お店の前には共同の駐車場があるし、おそらく電車で遠くからやってくる人はラーメンフリークぐらいでしょう。お店に着き、「魚薫ラーメン+ネギご飯」を注文。ちなみに「さかなくん」と読みます。
ra101128麺部 しば盛 魚薫ラーメン
まず最初に節系の香りを強く感じますが、スープを飲んでみるとそこまで節節しているわけではなくジンワリ系。少し温度が下がってくると煮干しのビターな感じも少し感じられ、節と煮干のコラボを感じられ「魚薫」です。醤油ダレもやや特徴がある風味カモ。

麺は中細のちょい縮れ低加水タイプで、ボソっとした食感。最近こういうタイプはあまり多くはないので、特徴的に感じます。店主の好みなんだと思います。メンマの量はデフォルトでもかなり多め。チャーシューは味付けはあまりしていないですが、肉自体は脂身が少なく肉味がして好みのタイプ。ネギご飯は酢が効いていてさっぱり食べられるタイプで美味しかったです。軟骨ラーメンも気になるなぁ。餃子があったり、限定メニューもあったり、地元密着型の良店な雰囲気でした。ごちそうさま!

■麺部 しば盛■
東京都多摩市乞田707 ファミリーナ・タマⅠ
11:30-15:00(LO14:45)、 17:30-24:00(LO23:45)
定休日 水曜日
Webサイト

2010.11.27 Sat 19:00
まさ吉(焼鳥屋)@武蔵小山 ラーメン専門店でないお店が提供しているラーメンとしては最高峰
数々のラーメンブロガーの方が訪問している焼鳥屋『まさ吉@武蔵小山』に行ってきました。このお店焼鳥屋ですが、〆に提供しているラーメンがラーメン専門店顔負けとのこと。麺は佐野実氏のものを使用していたり本当に本格的。焼鳥好きで更にラーメンも食べたいという相方からのリクエストで行ってきました。すばらしい相方です 笑。(19時)焼鳥をしっかりといただいた後に〆で「鶏中華そば」を注文。
ra101127まさ吉
鶏ベースの出汁はシンプルながらボディがしっかりしていて、独特な醤油の甘めの風味と交わって美味です。表面の油も程よくあり、物足りなさを感じさせません。ぐいぐい食べ進めてしまいます。今〆ラーメンとして食べていて美味しいと思うということは、〆ラーメンとしてのバランスが素晴らしいのでしょう。そういうところも考えてあるのカモですね。

佐野実氏の麺は確かに支那そば屋系の滑らかさと似ていますが、やや熟成感があり、プリっとした食感もあります。するするっと入っていく感はやはり佐野実氏の麺ですね。ほうれん草とスープのマッチングがすばらしく、青ネギも良いアクセント。鶏チャーシューは勿論な美味しさ。

乳化させるラーメンに比べてこういう清湯の方が専門外でも提供しやすいのかもしれませんが、明らかに専門外のレベルは超えています。ラーメン専門店でないお店が提供しているラーメンでは最高峰になるはずです(他のお店を知りませんが、このレベルならばそう言っても大丈夫なはず)。ややお酒(特にシャンパン)の値付けは高いかと思いましたが、焼鳥もしっかりと美味しいので地元にあったら重宝するでしょう。ごちそうさま!

■まさ吉(焼鳥屋)■
東京都目黒区目黒本町5-2-8
18:00-23:00(L.O)
定休日 日曜日
注)焼鳥屋なのでラーメンだけの注文は受け付けていません。

2010.11.25 Thu 14:20
和麺屋 長介@新橋 かなり小さい店舗ですが、提供しているラーメンは確かなもの
国際展示場での用事で新橋からゆりかもめに乗り換える際に、らーナビで達人がおすすめしていた『和麺屋 長介@新橋』に行ってきました。(14時20分)場所は烏森口から3分程度の場所でかなりカウンター5席しかない小さい店舗、先客1名後客2名。券売機で「らーめん」を購入し、すぐに提供。
ra101125和麺屋 長介
和麺屋を名乗っていたので想像よりも見た目の濁りがあるように感じましたが、思っているよりもあっさりしています。食べやすい豚骨魚介という感じで中々美味しく独自色も感じます。豚骨はシッカリ出ていますが、まったりする程の濃さではなく、魚介もしっかり効いているの和な感じは屋号通り確かに感じられます。タレのキレもしっかりしていますが、濃すぎることもないので飲みやすいです。スープに浮いている揚げ玉ねぎのサクサクした食感が面白く、またスープにも合っています。

麺は中太のもっちりタイプの麺で、この濃さの豚骨魚介にはよくありそうなタイプですが、それゆえ良く合っています。麺量はやや少な目に感じるので、通常であれば私的には大盛り必須です。かなり小さい店舗ですが、豚骨魚介系のお店としてシッカリとしたものを提供していて感心させられました。ごちそうさま!

■和麺屋 長介■
東京都港区新橋4-11-5 池野2号ビル1F
月-金11:00-15:30、17:00-24:00頃(スープ切れ終了)
土11:00-14:00頃
定休日 日・祝

2010.11.24 Wed 11:40
麺処 まるわ@作草部(千葉県) 様々な意欲的メニューに感心させられました
さて頑張って用事がある幕張を超えて行ってきました『麺処 まるわ@作草部(千葉県)』。石神本によると沢山のメニューがあるようで「中途半端フリーク泣かせ」です。(11時40分)作草部の駅からすぐ着いたお店は先客4名、後ろ客4名と平日のこの時間にしては中々の人気ぶり。石神本に大きく掲載されていた勝浦式タンタンをモチーフにしたつけ麺である「たんたん辛つけめん+ライス(ランチ時2杯まで無料)」を注文。平打ち麺と太麺が選べるようですが、おすすめは平打ちとのことだったので平打ちで注文。メニュー構成は「濃旨スープ(醤油・塩・味噌)、淡麗スープ(淡麗塩・外房風潮醤油)、たんたん辛つけめん、油そば」と事前の情報通りかなりあります。特に個人的に気になったのは鯖節やニョクマムを使用したという外房風潮醤油。
ra101124麺処 まるわ たんたん辛つけめん
提供されたつけ麺は味変えのための魚粉が別皿になっています。結構濃厚な豚骨が効いていてそこに勝浦式タンタン風にラー油と玉ねぎが入っています。勝浦式タンタン(江ざわ@鴨川でしか食べたことないですが)に比べて濃厚に仕上げて、最近の濃厚つけ麺風に仕上げたという感じ。別皿の魚粉を投入すれば、なおそういう感じで、面白いアプローチの仕方だなぁと思いました。お奨めされた多加水の平打ち麺もつけ麺として食べるのに確かに適していて良いです。最後のスープ割は豚骨系のスープが別で提供されるので、そこに辛いつけ汁を投入してスープを飲みます。スープをライスに掛けたりしながら一気に完食。ごちそうさま!帰りは西千葉駅まで歩いて総武線で戻りました。

このお店、もちろん「たんたん辛つけめん」も美味しかったのですが、それ以上に様々な意欲的なメニューが並んでいることに感心させられます。限定メニューなどもやっているようで、このまま頑張っていけば地元の名店になっていく予感がします。なんか応援したくなるお店でした。

■麺処 まるわ■
千葉県千葉市稲毛区轟町4-1-13
11:00-15:00、17:00-22:00 (スープ切れ終了)
定休日 火曜(祝日の場合は翌日休業)

2010.11.22 Mon 21:35
秋葉らーめん 松風@末広町 これぞベジポタでしょう
目的が石神本掲載店巡りになってますね。 石神氏のセレクトが最近特に独特になってきてはいますが、 掲載店が限られるので回りやすいので押さえとこう気分になります。今日は会社帰りに『秋葉らーめん 松風@末広町』に行ってきました。このお店、数店舗を展開している『きび』グループの一つになります。実は私、恥ずかしながら『きび』グループのラーメンを食すのは初。閉店時間間際の到着予定だったので、早歩きでお店に向かいドキドキしながら店内へ入るとセーフでした。(21時35分)券売機で「松風らーめん+うずらの玉子3個」を購入。
ra101122秋葉らーめん 松風
スープを飲む前から漂ってくる匂いが野菜スープっぽい匂いです。スープを飲んでみるとこれこそ真のベジポタでしょうという野菜の味たっぷりでコーンポタージュのような食感。動物系の出汁を使っていないのですが、バターを使っているらしく、そういった点での物足りなさは感じません。石神本に記載してある通り普通のラーメンだと思って食べるとびっくりしますが、ちゃんと美味しくラーメンとして食べられます。

麺はしっかりと茹でられた太ストレートタイプで、見た目の太さに対して食べやすい印象。表面がつるつるしていてスープも持ち上げは良くないはずですが、スープがかなり粒々っぽく、麺にくっついてくるので丁度良いですね。トッピングのキャベツのシャッキリした食感がスープのアクセントになり非常にマッチしています。チャーシュー・メンマは所謂ラーメン店のそれと違いはありませんが、ウズラの玉子がトッピングなのが特徴的。このラーメン、今まで食べたラーメンの中で一番野菜っぽさ(というより野菜そのもの)を感じました。このベースのスープにラード・醤油・ニンニクを二郎風にした「松風パンチ ベジ郎」もかなり気になります。独自のラーメンが食べられて精神的な満足が高かったです。ごちそうさま!

■秋葉らーめん 松風■
東京都千代田区外神田3-14-3
11:30-22:00(L.O 21:45)
定休日 年中無休
Webサイト

2010.11.21 Sun 11:10
長寿庵@池尻大橋 蕎麦屋で食す優しいスーラータンメン
相方とのお出かけついでに石神本に載っていた蕎麦屋の『長寿庵@池尻大橋』でスーラータンメンを食べに行きました。石神氏は相変わらず人と違うことがやりたいようですね。(11時10分)スーラータンメンは麺をうどんやそばにしても注文可能のようですが、今回はそのまま中華麺で注文。土曜日は大盛無料のようで「スーラータンメン(大盛)」を。 提供される前に酢の匂いが漂ってきますね。
ra101121池尻大橋 長寿庵 スーラータンメン
さてスーラータンメンは思いのほか優しい味わい。もっと強めの味わいのスーラータンメンを想像していましたが、これはかなり優しい味わいでホッとする感じです。ほとんど抵抗なくお腹に収まっていきます。麺も具材やトロミのあるスープと一体になるくらい柔らかめに茹でられていて、より一層優しさを感じさせます。体がめちゃくちゃ温まり汗ダラダラでした。わざわざ遠くから食べにくるという感じではありませんが、家の近くにあれば時々食べたくなる優しい味カモ。相方がかなりスーラータンメンを気に入ってました。ごちそうさま!

■長寿庵(蕎麦屋)■
東京都目黒区東山3-4-7
11:00-15:00、17:30-21:00
定休日 木曜日

2010.11.20 Sat 11:50
中華蕎麦 蘭鋳@方南町 ビターな煮干の味わいとボキッとした食感の麺を楽しめます
今日は先日振られた『中華蕎麦 蘭鋳@方南町』に行きます。開店10分前に到着しシャッター ポールポジション、程なくしてお客さんが来て開店直前には8人の並びになりました。(11時50分)時間通り開店して、席に着席。とここで一番最後に入ったお客さん3名が最初に注文。お店のスタッフが把握していればよいですが、これは後回しにされてしまうかもという不安がよぎりながらの注文は「味玉そば(大盛)」。結局、順番は間違われていたので、一応お店の人には伝えておきました。お店の人も途中で気が付いていたようですが、おそらく調理が途中まで進んでしまっていた感じ。
ra101120蘭鋳
さて気を取り直してラーメンを頂きます。スープは十分に煮干出汁を味わえ、煮干しのビターな感じが強くでていてタレの感じはやや優しめ。スープ自体はすっきりしているのですが、煮干し感はたっぷり強め。一回しか食べていないし記憶違いカモしれませんが、割と『一汁三煮干 裏不如帰@幡ヶ谷』に印象が近く、『蘭鋳』はもう少しタレ感控えめ、煮干しのビターさ強調版という感じ。

麺は三河屋製麺の低加水の中細ストレートタイプでボキボキした食感で『伊藤@王子神谷』が思い起こされます。スモークされたチャーシューも大判ですが、しっかりと美味しくスープとの相性も良いです。穂先メンマも相性バッチリですね。味玉は海老が効いている特徴のある味わい。スープにしても麺にしてもトッピングにしても店主が食べさせてたい明確な方向性があるように感じて好印象。これは煮干し好きにとっては期待の新店。スープ切れがもっと遅くなってくれれば重宝しそうです(前回振られた時間は20時半過ぎでした)。ごちそうさま!

そうそう最後にお会計をするのを忘れてでそうになり、呼び止められて気が付きました。(^^;)。失礼しましたm(_ _)m。最近券売機のお店が多くて、時々こういうことやりそうになってしまいます。。。。

■中華蕎麦 蘭鋳■
東京都杉並区堀ノ内2-13-13
平日12:00-14:00,18:00-24:00
土曜12:00-15:00 (スープ切れ終了)

2010.11.18 Thu 20:50
手もみラーメン 十八番@荻窪 ニンニクがばっちり効いたマイソウルラーメン
石神本NEW COMER店を早々に食べつくす為に、会社からわざわざ早く帰ってきて『蘭鋳@方南町』に向うも駐車場を探すのにカナリ手間取り、お店についた時は店内にお客さんがいるも、スープ切れっぽい感じで営業終了。かなりガッカリモードへ移行。そこで思いついたのが、マイソウルラーメンであるのに去年、今年と食していない『手もみラーメン 十八番@荻窪』に行くことにしました。2年チョイぶりになる訪問です。(20時50分)懐かしいです。注文は勿論「特製十八番+半餃子」。
ra101118十八番
相変わらずのニンニクたっぷりな炒めた豚肉としょっぱめクリア醤油味のスープと熟成細縮め麺は最高です。大好きなここの餃子も一気に食べ満足、何気に大盛にしても良かったかも。マイソウルラーメンLOVEです。

2008/08/16訪問
2008/04/21訪問

■手もみラーメン 十八番■
東京都杉並区上荻1-4-10
18:00-翌1:30
定休日 月秒日

2010.11.17 Wed 11:20
来々軒@木場 復活したタンギョーの店『来々軒』
石神本NEW COMERにも掲載されている復活した『来々軒』に行ってきました。(11時20分)店内7割程度の入り。券売機で「タンギョー(たんめん+餃子)」を当然?購入。餃子を出した後にタンメンを出すというオペレーションのようです。同時に食べれるのでこの方式は嬉しい限り、「タンギョー」というメニューがあるだけあって、餃子とたんめんは一心同体なのかも。

餃子は餡がたくさん詰まったぷっくりタイプ。小さ目のパリっとしたタイプも良いが、個人的にはこういうぷっくりタイプが好きだったりします。個人的に大好きな『十八番@荻窪』の餃子とはタイプ違いですが、ラーメン屋の餃子としてはカナリ好きな部類です。
ra101117来々軒
タンメンのスープはカナリ熱々で、スープの味が分からないくらい。ただ出汁は強くないスープでさらっとあっさりタイプなので、味が分かりにくくてもハフハフしながら食べるのがいい感じです。こういうさらっとしたわかり易い味付けのスープは温度をかなり高くし過ぎても味わいが崩れなさそうですね。単調な味わいですが、濃厚系よりは飽きが来にくい気もしますし、野菜の甘味が溶け込むのか物足りなさは感じません。終盤、ラー油をいれて辛味とコクをプラスすると味わいの変化が楽しめます。ラー油はゴマ油重視タイプでした。

麺は浅草開花楼のしっかりと茹でられた太平打ち縮れタイプで、ザクッとした食感の野菜との相性も良く、またさらっとしたスープにも主張しすぎることがなく良いですね。かなり野菜多めで、餃子も割とボリュームがあるのでお腹いっぱいです。タンギョーを堪能したという感じで満足。ごちそうさま!

■来々軒■
東京都江東区東陽3-21-4 ライオンズマンション1F
10:30-15:00、17:00-20:00 (麺・スープなくなり次第終了)
定休日 月曜日

2010.11.16 Tue 12:30
麺処 おかじ@神保町 ザクっとした野菜達と鶏白湯は合いますねぇ
巣鴨での打ち合わせの後、石神本NEW COMER店『麺処 おかじ』に行ってきました。最近、気合が入っています。気合があるうちに一気に訪問してしまいたいですね。お店に着くと昼時ということもあり、店内8割の入り。(12時30分)店主は『本丸亭@銀座(閉店)』にいた方らしいです。券売機で「鶏白湯塩らーめん(大盛)+味玉」を購入。
ra101116おかじ 鶏白湯塩らーめん
鶏白湯スープを頂くと鶏の濃厚な出汁がでていて美味しいですね。厚みがある旨味なので満足感十分。濃厚すぎず薄すぎずという良いバランス。鶏白湯特融は個人的に飽きが早い気がしますが、タンメンやちゃんぽん的な感じで食べられる多めの野菜はアクセントになっていて中々鶏白湯に合っているかもしれないと思いました。個人的にはこれが一番印象に残っています。

麺は本丸亭っぽい多加水のチョイ熟成感がある平打ちカナリ縮れタイプで、スープとの相性というより、野菜との相性が非常に良いように感じました。もやしは最初もやし特有の土っぽい匂いが微妙かと思ったのですが、鶏白湯のスープに浸すと思った以上に合っていました(これは人によるかも)。個人的には味噌ラーメンのもやしより合う気分。その他の野菜もザクっとした食感含めスープ、麺との相性が良いです。チャーシューは薄め大き目タイプでタレの味がしっかりついたもので、スープとのコントラストがはっきりしています。中々考えられていそうですが、その他のメニューでどうなのかは食してみないとわかりませんね。個人的に鶏白湯は少し好みから外れるのですが、美味しく食べられました。ごちそうさま!

■麺処 おかじ■
東京都千代田区神田神保町1-52-8 Jスペース31 ファーストビル1F
11:00-19:00(スープがなくなり次第終了)
定休日 日・祝日

2010.11.14 Sun 10:45
麺屋 彩香@保谷 色濃くロックンロールワンの影響を感じます
石神本NEW COMER店訪問が続きます。お店は『麺屋 彩香@保谷』で色濃くロックンロールワンの影響を受けているお店のようです。『井の庄』のような飲食店街的な場所にあるお店に開店時間15分前に着き、シャッターポールポジション状態で待ちます。(10時45分)時間通りに開店し、券売機で「味玉醤油ラーメン+ミニチャーシュー丼」を購入。店内はロックンロールワン同様、音楽は何もかかっていません。店主は優しそうな雰囲気。何となくラーメンを作り始める前の準備の仕方などが嶋崎氏のそれと似ています。湯切りの仕方は嶋崎氏ほどではありませんが、横に揺らす動作が入るのが近しい感じ。
ra101114麺屋 彩香
出てきたラーメンの見た目もロックンロールワンの雰囲気が出ていますね。スープの味わいも生醤油の香りと鶏がビシっときいたスパルタンタイプはロックン的です。鶏油の量はやや控えめ。スープの温度が下がってくると昆布系の味わいが感じ易いからか、やや蕎麦っぽい印象も感じられます。

麺はロックンと同じ製麺所らしいですが、恐らくやや違うタイプと思われます。滑らかさを重要視している点はやはりロックン。チャーシューはしっかりとした食感ですが、味わいがミルキーなタイプ。メンマは太めですが、かなり柔らかい食感。味玉は味付けは薄いですが、卵自体が良いのかジンワリと美味しいです。チャーシュー丼は甘めのタレと合わさり美味でした。

事前情報が何もなくても色々な点がロックン的ですから、どうしてもロックンロールワンと比べてしまわざるを得ませんが、そもそも店主は嶋崎氏のことが好きなんでしょうし、問題ないでしょう。そもそもこのタイプのラーメンが違う地域で食べれることは素晴らしいことですよね。ごちそうさま!

■麺屋 彩香■
東京都西東京市東町3-11-2 グランドハイム保谷 1F
平日11:00-14:30、17:00~20:30 (スープ切れまで)
土・日・祝11:00-16:30(スープ切れまで)
定休日 月曜日

2010.11.12 Fri 21:00
麺屋 奨 TASUKU@小田急相模原 独自の豚骨魚介が味わえる
さて石神本NEW COMER店訪問、今日は『麺屋 奨 TASUKU』です。このお店は何となく良さそうな予感がしているお店なので、早いうちに訪問しておこうと思い、会社が終わりに気合を入れて向かいました。お店の中休み中に電話で平日のスープ切れの時間を確認してみると23時までだったら大丈夫とのこと(現時点でですが)だったので、安心して向かいました。(21時)券売機で「らーめん+雑炊」を購入。デフォルトで130g、小盛65gや中盛195g、大盛260gまであり様々な量が選べるのが嬉しいところ。スープは小鍋で温められて提供されます。
ra101112TASUKU
まずは表面に乗っている柚子の香りに癒されます。そして独自の豚骨魚介系という前提情報があったのでそのつもりでスープを味わうと、想像していたよりもサラっとしたスープなのにびっくり。豚骨と魚介のバランスはかなり魚介より。そして醤油ダレの強さがあり、独特の甘みも感じます。塩分はやや高めでしょうか。サラッとしたスープはあっさりしているのにギュっと詰まった出汁が感じられ、なるほど独自な感じです。豚骨魚介ですが、サラッとしているからか魚介系のバランスが強めだからか、まったり感は少ないですね。醤油ダレの感じは超らーめんナビの速報で石神氏が『天鳳』っぽいという感想がありましたが、確かに何となくそう感じます。タレの感じだけで言うと個人的には豚骨魚介系では『麺道 GENTEN』の感じにも近い気がしました。

麺はやや熟成した中細ちぢれ麺で、プリッとした食感、サラッとしたスープも絡み取るので相性が良いです。この麺がより『天鳳』っぽさを感じさせるのかもしれませんね。チャーシューは厚切りで食べ応えがあり、しっかりしたもので好印象。事前情報通り独自の豚骨魚介が食べられて非常に満足です。最後の雑炊は電気ポット?に入れて卵をとじて温めなおしてくれ、そこにブツ切りのチャーシュも追加され、刻み海苔の載せられるといったちゃんとしたもの。漬物も添えれます。〆に食べたらそりゃあ美味しいですよ。ごちそうさま!

■麺屋 奨 TASUKU■
神奈川県相模原市南区松ヶ枝町17-10
11:00-14:00、18:00-24:00(スープ切れ終了)
定休日 火曜日

2010.11.10 Wed 11:30
らーめん 雅ノ屋@御茶ノ水 塩ラーメンでも煮干しがギュッと詰まってます
石神本強化月間中ということで、これまたNEW COMERの『らーめん 雅ノ屋』にやってきました。(11時30分)先客4名、後客2名。注文は「塩らーめん(大盛)+豆腐みそ漬けごはん」というランチセットにしました。大盛は無料のようですが、デフォルトが120gで大盛り160gちょいという感じらしいので男子は大盛りがデフォルトでしょう。ランチセットの再度メニューも一工夫してあるものが多くて良さそうな印象。ゆで時間はかなり短く、すぐに提供。
ra101110雅ノ屋 塩らーめん
顔を丼に近づけただけで、煮干しの香りがフワッときます。出汁だけでなく表面の香味油として煮干しを使っているようなので、その効果でしょう。出汁も煮干しが綺麗かつギュッとつまった感じで、塩ラーメンでここまで煮干しを押し出しているのも珍しいカモ。ベースには鶏なども使っているようですが、下支え的な印象。スープの温度が下がってくると、昆布系の味わいも強くなってきます。

麺は固めに茹でられた細麺で、キレ良い感じです。かなりパツッとしているので、結構強めな印象。醤油ラーメンの太麺が気になりますねぇ。チャーシューは控えめでほんのりとした味付けながら綺麗な味わいで美味しく、スープにみじん切りのネギもアクセントとして良いですね。「豆腐みそ漬けごはん」は豆腐が味噌でほんのり甘く漬けられていて、優しい味わいで美味しかったです。サイドメニューも含め全体的にレベルが高そうに思いました。醤油らーめんを食べに再訪してみたいです。ごちそうさま!

■らーめん 雅ノ屋■
東京都文京区本郷3-5-1
平日11:30-22:30
土祝11:30-16:00
定休日 日曜日

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。