--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.12.30 Tue 10:40
大勝軒@永福町 (4)
今日は今年最後のラーメンになりそうだったので、プニドラのソウルラーメンである『大勝軒@永福町』に引っ越してからの初訪問です。夕食の時間が早いこともあり、開店と同時に食べれるように開店20分前にお店の前につきます。(10時40分)このお店、実際にラーメンが提供されるのは開店時間である11時からなのですが、開店前(30分前くらい?)からお店の席に座って待つことが可能なんですね。約半分くらいの入りなので11時15分位には食べれるかなぁといった感じ。大勝軒の行列は昼が一番長くて徐々に短くなって行って21時位になると並ばなくて食べれるという印象が強いですね。本を読みながらゆったり待ちながら、大勝軒で大学生時代「年越しそば」ならぬ「年越しラーメン」をしたことなどを思い出しました。

ra081230永福大勝軒

そして久々の大勝軒の中華麺がやってきました。まずスープを一口すするとお昼としては普通の濃さ(ほんの少し薄め)、麺は店主が茹でている時の特徴である超ヤワです。プニドラは柔らかい麺を結構好んでいるのですが、もう少し固い方が良いかもです。長年食べている人にとってはこの位の違いも楽しむことができると思いますが、初めて食べた時に店主の茹で上げだと柔らかすぎだと思ってしまうでしょうね。とかなんとか考えながら、モグモグモグモグ食べて完食!相変わらず美味しかったですねぇ。ファンもアンチも非常に多い大勝軒ですが、プニドラにとってはなくなられては困るお店です。のれん分けのお店を数軒食べたことあるのですが、永福町のほどガツン感があるところはなかったので、今の味をこれからも残してほしいと思います。味変えは結構しているらしいのですが、ベースのガツン感は代わってないように思います。チャーシューなどは変わったりしてますね。帰りにはお土産を2つ買って帰りました。

2008/10/14訪問
2008/06/01訪問
2008/03/29訪問

■大勝軒@永福町■
東京都杉並区和泉3-5-3
11:00~23:00
月に二回程度休みあり。店頭・Webサイトで告知。
Webサイト
スポンサーサイト

2008.12.28 Sun 11:45
蒙古タンメン中本 新宿店@新宿 (2)
周期的に食べたくなる辛いもの、そしてそのラーメンの代表格といえば『蒙古タンメン中本』ですよね。今日は高校時代の同級生と忘年会、飲んでばかりであまり食べてなかったのと周期的な辛いもの欲求のため『蒙古タンメン中本 新宿店@新宿』に向かいます。いつも驚くのですが『蒙古タンメン中本』は遅い時間でもコンスタントに行列ができています。(11時40分)前回候補に挙がった「蒙古タンメン+マーボー大盛」を食券機で購入します。15分程で着席することができ、ラーメン提供です。

ra081228蒙古タンメン中本 新宿店

今回の「蒙古タンメン+マーボー大盛」結果的にはOKでした。マーボーの量が丁度好みで、蒙古タンメンだけを食べる場合には今後もこれにしようと思います。たまたまですが、両隣に座っている人が「北極ラーメン」を食べている人が多く、見ていたら食べたくなっちゃいました。二人とも「油少なめ」で注文していて(一人はさらに肉抜き)、「確かに北極ラーメンは油が強いから胃がやられやすいよなぁ」という思いとともに次回は「北極ラーメン(肉抜き・油少なめ)+定食」とかで注文してみようかなぁなどと思いました。「冷やし味噌(大盛)」っていうのも食べてみたいなぁ。とかなんとか食欲的な思いばかりを抱きながら完食。中本では人それぞれこだわりの注文方法がありますよね。そして時々見かけるのが「これでもかっ!」っていうほどの量を食べている人です。そんな独特な好かれ方をしている中本はやはり名店だなぁと思いました。ウチの近くにも出店してほしいなぁ。帰りはヤヤ食べ過ぎ感があったので、途中から歩いて帰りました。

2008/10/07訪問
2008/05/11訪問

■蒙古タンメン中本 新宿店■
東京都新宿区西新宿7-8-11 美笠ビルB1F
10時~24時(金曜、土曜はAM2時まで)
無休
Webサイト

2008.12.27 Sat 11:35
八雲@池尻大橋 (3)
家が近くなったこともあり、『八雲@池尻大橋』に相方と二人で行ってきました。開店時間から五分過ぎに店内につくと、もうすでに6名ほどの入りです。(11時35分)ラーメン屋としては難しい2Fのお店で頑張ってますよね。2Fだから家賃も安いと思うので軌道に乗ってしまえば、中々経営的にも良いのでしょう。元々中目黒で有名になっての移転だからこそかもしれませんが、すごいですよね。さて注文はまだ未食の「黒だし&白だしミックス」の「特製(海老ワンタン+肉ワンタン)ワンタン麺」を注文。それと余分に味玉もプラスしちゃいました。

ra081228八雲

さてさてラーメン提供。ミックスのお味はそのまま黒だしと白だしのミックス位の味わいですね。プニドラの好みと照らし合わせると最初から予想はできていたのですが、黒だしが一番良いかなぁ。それにしても「たんたん亭系」のお店って地味だけれど、どこも繁盛しているという印象があります。新しい感じはあまりしないのですが、根強い人気なんだと思います。「たんたん亭系」の味というものがしっかりありますよね。麺はすこし伸びやすい麺で食べるのが早いプニドラは良いのですが、相方の麺はやや伸びていました。麺にそれほど印象がないもの「たんたん亭系」の特徴かもしれません。ワンタンは海老と肉の両方にすると色々な味が楽しめておすすめ、そして海老ワンタンだけよりも安いのも良いです。味玉は普通すぎてちょっとつまらないかもしれませんね。ということでプニドラは八雲では「特製ワンタン麺(黒だし)」を注文することが多くなりそうです。つけ麺も一度位は食べてみようかとは思ってますが、ラーメンの誘惑には中々勝てそうもありません。

2008/11/27訪問
2008/05/07訪問

■八雲■
東京都目黒区大橋1-7-2 オリエンタル青葉台2階
11:30~15:30、17:00~21:00(スープ終了時閉店)
火曜 休



2008.12.26 Fri 23:00
てんがららーめん 渋谷店@渋谷
今日も会社関係の忘年会が続いています。会社関係の忘年会だと飲むのと話すのばかりであまり食べていないことが多く飲み終ったあとに妙にお腹が空いています。今日もご多分にもれずお腹が空いていたので、ラーメンを食べることにしたのはいいですが、渋谷という場所と時間も23時と遅いということもあり、店選びも自ずと狭まります。選んだお店は鹿児島のマルハンダイニングが経営する『てんがららーめん@渋谷』です。(23時)店内はかなり大きく、開店からそれほど経ってないということもあると思いますがスタッフもかなり多く少し人酔いしますね 笑。注文はデフォルトっぽい「てんがららーめん」にしました。代わっている点は生のマグロを使用しているところですかね。あと無添加って書いてあったのでそういうのも最近の流れなのかもしれませんね。

ra081226てんがららーめん

すぐにラーメン提供。スープを一口すすると背油が少し浮いているのか少し甘みがあります。スープは鶏・豚・鮪のトリプルスープと書いてありますが、鮪の出汁というのは分かりにくいですね。見た目よりはすっきりしたスープで少しだけ物足りなさを感じました。綺麗な出汁の印象で旨みもあるのですが、なんとなく薄いというかシンプルな印象を受けてしまいました。普通に美味しいとは思うのですが、インパクトがあまりないという感じですかね。特に麺の印象は薄い感じがしました。チェーン店的な印象があったので先入観があったかと思いますが、普段食べているラーメンと比べるとヤヤ見劣りがする気がしました。ただ結構変わった感じの味ではあったので、今後に期待したいと思います。味噌ラーメンが少し気になりましたね。

■てんがららーめん 渋谷店■
東京都渋谷区澁谷3-17-4
平日11:00-26:00
土日祭11:00-22:00
年中無休
Webサイト

2008.12.23 Tue 11:30
めん 和正@三軒茶屋 (2)
今日は相方が「遠くはイヤだけどラーメンが食べたい」というので、家からほど近い『めん 和正@三軒茶屋』に行きました。(11時30分)開店時間と同時にお店の前に着くと、プニドラ達が一番最初のお客でした。注文は前回大盛りにして少し多過ぎたので「味玉チャーシューメン」にしました。『大勝軒@永福町』だと多くても食べれちゃうんですが、他だと中々難しいんですよん。味が濃い方が多く食べれる気がします。丁寧な作り方を見つつ待っているとラーメン提供です。

ra081223和正

表面には油(ラード?)が結構膜がはってます。その油のおかげで最初のインパクト感は結構あります。煮干しの強さはこのお店のルーツである『大勝軒@永福町』に比べるとかなり弱め、その分他の魚介出汁が強く効いています。甘みがかなり強い印象で、食べ進めていくとややこの甘みに飽きてしまいます。麺は低加水の中細縮れ麺でやや固めに茹であげられていてスープには良く合っていると思います。具の味付玉子はしっかり作ってあって美味しいですね。チャーシューは薄切りタイプで麺に巻いて食べることができるくらいです。チャーシューの量はかなりあったので、ちょっと食べ飽きましたね。プニドラ的には甘みを強く感じてしまうのが少し好きではないのですが、店主のまじめさが伝わり好印象なので頑張ってほしいです。プニドラが『大勝軒@永福町』と比べてしまうのも問題があるのですが、もう少しキレを強くしてプニドラタイプのウケを狙うか、全体的にアッサリめにして年配の方を狙うかにしたら良い気もしています。ごちそうさまでした!

2008/10/18訪問

■めん 和正■
東京都世田谷区太子堂2-6-2
11:30~14:30、18:00~22:00
定休日 月曜

2008.12.20 Sat 11:30
基 motoi@町田
今日はお昼時に相方が出かけてしまうので、相方が「こういうときに遠征しなよ」と言われたので、まんまと2週続けての町田遠征です。今日は夜に忘年会があるので、一店だけにとどけておきます。お店は石神本NEW COMER点の『基 motoi@町田』言わずと知れた渡辺樹庵氏直営のお店です。開店五分前にお店の前に到着すると前1名、その後すぐに2名ほど並び、時間通り開店した時には6名の並びになっていました。(11時30分)店内の食券機で「味玉辛つけめん」のボタンをポチ、つけ麺好きじゃないプニドラがつけ麺を頼むのは石神本に掲載されていたのが「辛つけめん」だったからです。あまり好みではないつけ麺なのでいつもよりはテンションが上がらず提供されるのを待ちます。茹で時間は結構長いが一気に5食分作れるつけ麺なのでこのお店そこまで回転は悪くはなさそうです。たくさん茹でれるような設備を用意しているように思いました。

ra081220基

もちろん1ロット目ということで、程なくつけ麺が提供されます。赤味を帯びたつけ汁に麺をつけて食べると、まずは先日『麺処 三四郎』と一緒で火鍋的な中国系のスパイス(漢方?)の味がします。それにプラスしてクミン・コリアンダーなどのスパイスが入っているようなので、そのせいかインド的な味わいも感じることができます。さらに食べ進めると花椒の痺れも出てきて結構スパイス重層系です。それぞれのスパイスの強さも「辛つけめん」を注文する人(ある程度辛いのが好きな人)にとっては強過ぎずといった具合でバランスが秀逸です。ベースの出汁はスパイスに隠れてしまって分かりにくくなっていますね。狙ってかどうかはわかりませんが、時々スパイスが口の中でつぶれるのが良いアクセントになって心地良かったのが印象的でした。

また麺は渡辺樹庵氏が良く使用する三河屋製麺のものかどうかは確認できませんでしたが、良く遭遇するヌルモチっとした食感のものではなく、ややパキっとした強い噛み応えの白味がかった中太ちょい縮れ麺で、つけ麺にはこういう麺も合うよなぁと思わせてくれる麺でした。具のメンマは穂先メンマでやや濃い目の味付でもう少し量が欲しい感じ、チャーシューはかなり固めで「これは狙いなのか?」と疑問に思うほどの固さでした。たまたまかもしれませんが、さすがにもう少し柔らかくても良いかも・・。味付け玉子は流石に無難に美味しいです。

最後にスープ割にしてもらうと、元々の出汁がどんな感じなのかが想像できます。濃厚な魚介豚骨なのですが、豚骨感は結構ありますね。『渡なべ@高田馬場』の記憶は曖昧ですが、それよりも豚骨よりな気がしました。おそらくですがここのメニューだと「辛つけめん」「らーめん」「つけめん」の順番で好みだと想像できます。

そう言えば辛いつけ麺ですぐ思いつくのが、『蒙古タンメン中本』の「冷やし味噌」や『井の庄』の「辛辛魚つけめん」などですが、『蒙古タンメン中本』の「冷やし味噌」は激辛なので別としても『基』の「辛つけめん」は『井の庄』の「辛辛魚つけめん」よりも個人的には重層的なスパイス感と比較すれば出汁の豚骨感が少なく好みかもしれませんね。

プニドラは元々つけ麺はあまり好きではなく、その理由の一つとして甘味や酸味などの味が強過ぎるというのがあるのですが、辛いつけ麺だとそのことが気にならなくなるので評価が高めになることに気が付きました。辛いものが食べたくなり、家の近くでなおかつ10分くらい並ぶ程度で食べられるのであれば重宝するお店になると思います。こう書くと良い印象ではないと思われそうですが、つけ麺好きではないプニドラにとっては結構上位に入るつけ麺でした。ご馳走様!

それにしても渡辺樹庵氏は店舗の場所選び(家賃etc)や味の路線など、しっかりと稼ぐことができるお店を展開するのが上手いなぁと思います。すごいですね。

■基 motoi■
東京都町田市原町田4-5-18 仲見世商店街内
11:30~14:30、16:30~20:00
土日祝11:30~20:00
定休日 無休

2008.12.18 Thu 14:00
麺処 三四郎@新御茶ノ水、神保町、小川町etc (2)
今日は久し振りに千葉に向かう途中にラーメンを食べてみました。前回2種類食べ1種類未食だった『三四郎』です。お店の中に入り、食券機で「まさら+たたきチャーシューご飯」(\900+\450)を購入。(14時)店内はお昼時を過ぎているとは言え、やや寂しい客数ですね。お客さんも少なく、ゆで時間も短いのですぐにラーメン提供です。

ra081218三四郎

「まさら」は見るからにカレーラーメンで一口すするとただのカレーラーメンでないことは良く分かります。色は黄色+透明でカレー風味は風味付け程度に抑えられていて、出汁の味も感じることができます。そして特徴的なのがスパイスで第一印象は「火鍋」でした。なので恐らく何種類かは花椒とは違うスパイス(漢方?)が入っていると思われます。全体としてはカレーラーメンというイメージではないかもしれません。

麺は細ストレート麺でカレー風味ながら繊細なスープとの相性も良いように感じます。具のチャーシューはかなり薄くスライスされたもので単独で食べるというよりは麺と一緒に食べる用だと思います。同じくメンマ代わりのイモガラも同様に一緒に食べられる大きさなんですよね。水菜は黄色のスープにアクセントとなる色味を演出してくれます。非常に良くできた美味しいラーメンだと思いますが、カレーラーメンを食べたいと思った時はもっと豪快な『大沢食堂@千石』を食べたくなる気がします。まあ全然違うコンセプトなので一概に比べることはできませんね。

「たたきチャーシューご飯」のチャーシューは「まさら」の上に載っている薄切りのチャーシューでタレの具合も良く非常にさっぱりと食べられるものでした。たた\450という価格はかなり高いように感じます。プニドラはラーメンは高くても気にならない方だと思いますが、中村屋ブランドだとしても麺類50円・ご飯類100円位安くないと割高感はぬぐえないのではないかと感じました。
ちなみに全種類食べた結果一番美味しいとおもったのは「うしお」だったので、次回は「特うしお」を注文すると思います。好みの順番でいうと「うしお」「むらさき」「まさら」ですね。ごちそうさま!

■麺処 三四郎■
東京都千代田区神田小川町3-26 大築ビル1F
①新御茶ノ水 B3出口徒歩2分②御茶ノ水駅 お茶の水橋口徒歩5分
③小川町駅 徒歩5分④淡路町駅 徒歩6分⑤神保町駅 徒歩6分
11:00~15:00、17:00~23:00
定休日 水曜日
Webサイト



2008.12.17 Wed 22:00
天下一品 池尻店@池尻大橋
今日は会社の忘年会で焼肉を食べたのですが、あんまり食べないでいたら帰る頃になって小腹が減ってしまい良くないと思いつつも、家に帰る途中で『天下一品 池尻大橋店』に寄ってしまいました。(22時)
ここのお店はあの石神秀幸氏がチェーン店なので石神本には載せないが実は一番通っていた(「いた」と書いたのは今はわからないからです)お店らしいです。なので一度は行っておこうと思う気持ちがあったので今回の訪問となりました。結果的に言うと依然渋谷の天下一品で食べたのと変わりませんでしたね。唯一違うのが店内がチェーン店風ではなく、やや古めで歴史を感じるという点でしょうか。確かに店内の雰囲気で感じる味も違うかもしれませんね(石神氏が店舗によって味が違うと言っていたわけではありません)。ちなみに今回は細かいこと書きませんが、僕は意外とここのラーメンは好きなんですよ。一応写真も載せておきます。

ra081217天下一品 池尻大橋店

■天下一品 池尻店■
東京都世田谷区池尻3-30-3
11:00~2:00
定休日 日曜日(12/31~1/2休業 1/4 営業)

2008.12.14 Sun 12:00
胡心房@町田
『69'N' ROLL ONE』を満足一杯な気分で後にし、これで帰宅となるわけがありません。せっかく町田まで来たのですから、もう一軒は絶対に行きますよ。そのために味玉トッピングしなかったんですから!そしてちゃんと相方にも今日は2杯食べる了承を得てきているのです。まあ相方がいなかったら3食位いってしまいそうな勢いですが・・・。それほど町田は食べたい店が多く存在してるんですよ。さて向かう先は『胡心房@町田』です。とりあえずお店の位置を確かめようとしてお店の前に行くと20分前ですが、既に4名並んでいます。こちらも開店前から並ぶ系のお店なんですね。急遽並んでおこうということで並ぶと、あらまぁビックリあっというまに10人位の並びに・・・。開店時には20人近くにはなっていたのではないでしょうか?めちゃくちゃ良いタイミングで並ぶことに成功したみたいです。時間ちょうどに開店です。(12時)先ほどの『69'N' ROLL ONE』で千円札を切らしていたので両替してもらいます。と両替している間に、先に食券を買われそうになり、意図せず軽睨みしちゃいました(すみません)。ラーメンのことになると必死になってしまうのですよ。結局連れの方が気がついてくれて、抜かされず済みました。「味玉らーめん」を購入。女性店主の作る姿を見つつ待ちます。そして女性店主の湯切りですが、相当迫力ありました。ある意味『69'N' ROLL ONE』よりもキレを感じるほどの湯切りでした(笑)

ra081214胡心房

とそうこうしているウチにラーメン提供です。まずは一口スープをすすると、豚骨+強めの和風魚介出汁の組み合わせで、今まで食した豚骨ラーメン&豚骨魚介ラーメンとはかなり違う印象です。豚骨スープの臭みはゼロとしかいいようがないもので、スープには野菜が溶け込んでいる感じが伝わってきます。魚介は最近のガツンと来る魚介というよりは和風出汁のニュアンスですが、味はかなり強めに効いていて甘みも強いですね。『きら星』の餡的(カツオ餡?)な味わいに近いと感じました。コッテリ感はほとんどなく、かと言ってアッサリ豚骨ラーメンに分類できないないし、いわゆる流行の魚介豚骨でもないと感じました(無理やり分類すると魚介豚骨だとは思いますが・・・)。

麺は『69'N' ROLL ONE』の麺に似ていて細ストレート麺です。中根製麺と書いてありました。『支那そばや』の佐野実氏とも親交が深いので麺に関して影響を受けているのかもしれませんね。スープも独特のものでしたが、麺との組み合わせもかなり異色パターンですね。滑らかな麺はこのスープにも良く合っていると思います。具のチャーシューも適度な脂身でグー、味玉は普通に美味しいといった具合、メンマは穂先メンマで食感が優しくスープにマッチしています。キャベツは良いアクセントになってますね。

お店の接客も非常に気持ち良く、気づかいも素晴らしいものがあり、最後まで気分良くお店を出ることができました。人気店なのもうなづけます。外にでるとこれまた20人以上の行列、駅近ということもありますがすごいですねぇ。

■胡心房■
東京都町田市原町田4-1-1 太陽ビル1階
平日12:00~15:00、18:00~21:00 日・祝12:00~20:00(売り切れ次第終了)
定休日 月曜日(祝日の場合は営業)


2008.12.14 Sun 11:10
69'N' ROLL ONE@町田(神奈川県)
今日は相方の友達が家に遊びに来るので邪魔者のプニドラはラーメン遠征をすることにしました。一緒に暮らしだしてからは初ですね。今日行く1軒目のお店は前々からプニドラは絶対好きそうなお店である『69'N' ROLL ONE@町田』です。10時半に町田に着き、雨の中ゆっくり歩いてお店の前にたどり着いたのが、10時45分でした。並び客は前1人、さすがに雨なので出足は遅いといった感じでしょうか?その後4,5人はすぐ後ろに付き、開店時間ちょい過ぎにお店のスタッフの方が人数を数えて、そのままお店の前にいます。この人は何の役割の人なんだろうなぁとか考えていると、10分遅れで開店です。(11時10分)

食券機で「2号らーめん」のボタンを押します。食券機を見ると「両替できません」と書いてあります。財布の中を見ると1枚だけ千円札があり、ホッとします。本当に両替してくれないのかなぁ。。店内の張りつめた空気だと確かにそんな気がします。知っていれば気をつけるだけで良いですが、初訪問だと危ないですね。とかなんとか考えているうちに店主が湯切りをはじめました。「おーテレビで見ていた通りだ」と思いつつ店主の作業をジッと見ながら待ちます(みんな見ています)。

ra081214ロックンロールワン

さぁらーめんがやってきました。店主に撮影許可を取るとニコっと「いいですよ」と言ってくれました。かなりやさしそうな笑顔でちょっとうれしくなってしまいました。(^^)さて見るからに好きそうです。スープを一口飲むと上質な鶏ガラスープで、醤油と鶏ガラ出汁の二つのシンプルスープです。最近の複雑系の味わいとは全く違い、醤油一つ取ってみても醤油自体がシンプルな味わい。そして醤油はやや強めに効いています。食べる前の予想としてはもっと進化系の鶏ガラ醤油ラーメンだと想像していたのですが、昔ながらの中華そばというものを突きつめたというものでした。当初の予定通りかなり好きなタイプであることは間違いありませんでした。

麺は『支那そばや』と同じタイプの滑らかの極限とも言える細ストレート麺で、このスープとの相性は抜群、スープ合っての麺、麺あってのスープという感じ。この柔らかい麺は本当に食感がたまらないですよ。具のチャーシューもクラシカルなタイプの豚と鶏チャーシューの2枚乗っていて両方とも素朴な味わいですが美味しいです。スープも8割方飲み「ごちそうさま」と告げるとまたニコッとして「どうも」と言ってくれました。この店主いい人そうだなぁと思いながらお店をあとにしました。

店主は営業中ずっと皆に見られながらやっていると思われ大変だろうなぁと思いましたが、それが緊張感をもってやる秘訣なのかなとも思いました。そして店外のスタッフの役割は結局わからず仕舞いでした。もしかしたら仕込みは一緒にやるけど、営業している時は店内のオペレーションには関わらないのでしょうか?(店内の雰囲気づくりとか・・)まあなんにしても非常に満足な一杯でした。ごちそうさま!そのうちまた食べに来たいな。

■69'N' ROLL ONE■
神奈川県相模原市上鶴間本町4-34-7
11:00~18:00(提供100食、スープ終了時閉店)
不定休

2008.12.11 Thu 12:20
ら~めん 台風@茗荷谷
今日は東新宿で予定があり、その後千葉方面に向かう前に少しより道して石神本掲載店の『ら~めん 台風@茗荷谷』に訪問です。最近初訪問があまりなかったので、ちょっと楽しみです。ただこのお店石神本に載っているのはつけ麺なので、ラーメン大好きプニドラとしては少し残念な気分でもあります。初めて下車する茗荷谷から6分程度歩いてたどり着きました。遠目にも少し並んでいることがわかります。(12時20分)4名並びですね。タイミングの問題か意外と回転が良く10分程度で着席です。食券機で「つけめん+味染玉子」を購入。店内のカウンターの形が『轍@渋谷(移転前)』と錯覚を起こします。

ra081211台風

さて結構ゆで時間が長い麺がゆで上がり、つけめん登場です。麺をスープに付けようとすると中々沈まないくらいの粘度でびっくりです。麺をつけ汁に押し込み、持ち上げて食べるとまずは豚骨の臭いが強めに感じます。魚介系もガツンと効いてはいますが、どちらかというと豚骨のパワーが強いですね。細かいことは分かりませんが、豚骨魚介のガツン系の代表『六厘舎@大崎』と比べると豚骨が強く、野菜などの出汁が少なめで魚粉のザラザラ感がなく、タレのせいかやや甘めの仕上がりになっています。

麺も極太ではなく太麺の縮れ&ネジれタイプで噛みごたえがある浅草開花楼の特注麺でした。具は豚をほぐした肉とぶつ切りのチャーシューがスープに入っていて、ネギもかなり大きめにザクっと切られたものが入っています。メンマと味染玉子は麺の器に乗っていて、両方とも控え目の味付けで濃厚スープとの組み合わせでは良い箸やすめになります。レモンもついていて途中で搾るとすっきりした味わいになるので飽きにくくてグーです。

濃厚豚骨魚介系つけ麺としてしっかり成り立っていて美味しいと思いますが、プニドラにとってラーメンとつけ麺の好き度は2ランクほど違うのだということが良く分かりました。完全に嗜好の問題ですが、つけ麺のめちゃくちゃ美味しいと思った所とラーメンでまずまず美味しいところが同じ位置づけになってしまいますから。。。それにしても最近つけ麺を食べていなかったから、つけ麺の量に慣れていなくかなりお腹一杯になりました。ここのつけ麺は250gということですが、200gでも十分かもしれません。

■ら~めん 台風■
東京都文京区小石川5-34-6 シャルマン小石川
11:00~15:00、18:00~21:00(スープ終了時閉店)
火曜日は昼営業のみ
定休日 水曜

2008.12.10 Wed 14:00
藤巻激城@中目黒(2)
今日は以前から会社の人と計画していた『藤巻激城@中目黒』訪問を実現しました。12時頃に話が持ち上がり15時の打ち合わせに戻ってこれれば大丈夫ということだったので14時の回を予約しました。以前は水曜が定休日だったので「せっかく行く気マンマンだったのに、定休日かよ!」と思いましたが、今は日曜・祝日が定休日のようで助かりました。前回は初訪問ということとおひとり様だったこともあり若干緊張しましたが、今回は余裕がありますね。(14時)お店に着いてプニドラは二回目なので『黒』を注文。

ラーメンを作っている店主としばし会話です。店主の話によると今年の夏から再来年までには会員制のお店に移行するようです。その時の会員証代わりに店主の名刺を頂き、こちらも名刺を持っているか尋ねられたので喜んで名刺をお渡ししておきました(オタク心をくすぐられホイホイ渡しちゃいました 笑)。会員制にする理由としては「ここまで来たら、やれるところまでやろう」ということと「若い(と思われる)人の予約がすっぽかされることが時々あるから」ということでした。これだけ少ない席でやっているお店で、すっぽかしは良くないですよねぇ・・キャンセルの電話すればいいだけの話なんですから。

ra081210藤巻劇城

さてそんな感じで店主と話しながら待っていると、『黒』登場です。一口すすると前回同様美味しいです。トムヤムクン系ラーメンとしてのスープのバランスは抜群だと思います。味はもちろん辛いのですが、荒っぽさはほとんどなく、味わいも深みがあります。酸味・苦味・辛味などもどれかが突出することなく見事に調和していると感じます。辛さはそれほど強く感じませんが、体からは「これでもか!」というほど汗が溢れ出てきます。具は盛りだくさんなのですが、スープの邪魔をするということが全くないのは何気に驚きです。麺は表面がヌルっとしている平打麺で長めの長さなので、ツルツルしている箸だと掴み辛いのが難点ですが、存在感があるのでスープとの相性も良いです。『黒』はゴマのインパクトを楽しむという感じで、ベースはやはり『赤』で、そのアレンジ版ですね。『赤』よりも濃厚さがあるのですが、結局スープもほぼ飲み干してしまいました(赤の方が飲み干しやすいかも)。最後はご飯にスープを掛けお茶漬けにしてシメます。ゴマの風味が強い分前回よりワサビの印象が少なくなりますが、もちろん美味しいです。

食べ終えると店主が「赤と黒どちらが好みですか?」と聞かれたのですが、「赤は美味しかったのですが、大分前に食べたので記憶が薄れてます」と正直に答えてうえで、「僕はゴマが好きなので黒好きですよ」と答えました。黒はインパクトはありますが、ややゴマの味が支配的なので単調なのかもしれません。そういうことも踏まえると『赤』が一番良いと感じるのかもしれません。バランスは一番良さそうですしね。店主も最終的には『赤』に戻る人が多いと言っていました。

このお店のコンセプトを考えた場合こんなこと言っては本末転倒になってしまうのですが、お店をもっと普通(家賃を安く)にして1,500円程度で提供してもらえたら、もっと通ってしまいます。やはり3,000円は気軽に食べようと思える金額ではありません。美味しいだけにもっと来たいんですよねぇ(^^)このレベルのトムヤムクン系ラーメンは他で食べられるとは思えませんですからねぇ。どこかあれば教えてほしいなぁ。

2008/10/20訪問

■藤巻劇場■
03-3792-7743
東京都上目黒3-36-28
12:00、13:00、14:00
18:00、19:00、20:00の各1時間単位の予約制
定休日 日曜・祝日
Webサイト

2008.12.05 Fri 14:00
瞠 恵比寿店@恵比寿(2)
最近少しラーメン率が落ちてきているので、今日は会社からほど近い『瞠 恵比寿店@恵比寿』でランチです。(14時)少し時間を外しているにも関わらず店内8割の入り、中々人気があるんですねぇ。プニドラとしても恵比寿ではなら一番好みの店です。とはいっても半年以上ぶりの訪問ですが。。。前回は限定麺を食べたので今回はデフォルトのラーメンを注文しました。

ra081205瞠

意外とタイミングが良かったのかすぐにラーメン提供です。一口すすると魚介豚骨系なんですが、かなり和風な印象です。魚介感が強いのと、タレの強さのせいかもしれませんね。プニドラ的には『瞠』はややタレが強すぎなイメージですが、尖った味ということではなく上手くまとめられています(えらそうにすみませんm(_ _)m)。スープの出汁感がタレの強さのせいで感じにくくなっているのが好みと違いますが、「さすが渡辺樹庵プロデュース」という感じでしょうか。なんだかんだ言って結構好きですもん。

麺はスープとの相性は抜群と思われる中太麺で食感がしっかりしているタイプで三河屋製麺らしいです。三河屋製麺の麺で良く出会う麺はもう少しヌルモチしていますが、ここの(今日の?)はやや乾燥した感じがしました(パサついているというわけではありません)。具の玉子とメンマも濃い目の味付で特徴的だし、チャーシューはしっかりした食感のものだし、平均点が高いラーメンだと思います。美味しく頂きました。ただここのつけ麺はタレがさらに強すぎてちょっと苦手なんですよねぇ。会社から近いので時々食べに来たいと思います。

2008/04/09訪問

■瞠 恵比寿店■
東京都渋谷区恵比寿1-4-1 恵比寿アーバンハウス1F
11:00~15:30、17:00~22:00
土日祝11:00~19:00
定休日 なし

2008.12.02 Tue 14:00
はやし@渋谷(2)
今日はたまたま渋谷付近で遅めのランチを食べることになり、豚骨魚介系の中ではプニドラ的一位二位を争っている『はやし@渋谷』にしました。(14時)時間を外したのに店内はほぼ満席。ここは食券機で通常のラーメンの食券を購入し「塩」でと伝えると塩ラーメンが出てくるそうで、プニドラはまだ未食だったので今回はこれを注文します。

ra081202はやし

すぐにラーメン提供。色は若干薄めですが、薄味系の塩ラーメンではないことはわかります。一口すすって「こりゃうまい!」と思いました。おそらくベースは一緒のスープを使用していると思いますが、Wスープの動物系の割合を減らしたりしてるのでしょうか?通常のラーメンはあとほんの少しコッテリ感があったような気がします。これを塩ラーメンというジャンルとするなら、これまたかなり好きな塩ラーメンになりますね。プニドラは恐らくここの「コッテリ具合&動物系」の出汁が好きなんでしょう。もちろん魚介系の出汁も好きなんですが、違いを感じるのは「コッテリ具合&動物系」の部分なんですよねぇ。

麺は中太麺で噛み応えがかなりありヌルモチっとした三河屋製麺の麺を思い浮かべますが、自家製麺のようでこれまたウマいです。結構主張が強い麺ですが、このバランスが秀逸なスープはその麺をも受けとめています。スープとの相性抜群です。具のチャーシューは勿論美味しいのですが、プニドラ的には普通の印象。メンマは短冊型の結構大きいもので『ふくもり@駒沢大学』とほぼ同じ感じで、味付はある程度ついてます。

麺とスープだけで考えるとここは相当好きだと思います。好みのラーメンだけに量をもっと食べたくなってしまうのだけが残念です。近々通常のラーメンを食べに再訪することを心に決めました。美味しかったです!

2008/04/30 らーめん

■らーめん はやし■
東京都渋谷区道玄坂1-14-9
11:30~15:30(スープ終了まで)
定休日 日・祝


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。