--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.10.31 Fri 13:00
うさぎ@神泉(2)
今日は打ち合わせが神泉近くであり、一緒に打ち合わせに出る人が『らーめん うさぎ@神泉』に行きたいというので予定外にラーメンに行くことになりました。(13時)さてここで何を注文するか迷います。ブログを書き始めてからは「つけめん」を食べたことがないけれど、ラーメンの方が好みです。誘惑に勝てず「特製らーめん」の食券を購入するも、席に着く際に「辛麺」の存在に気が付き急遽100円追加して変更です。

ra081031うさぎ

丁寧な作業を見つつ待っているとラーメン登場です。一口すすると「うまい!」です。控え目な辛さですが辛味の中に旨みがつまっていて、ベースのスープの味わいを消してしまわない絶妙なバランスです。もともとここのスープは何かが突出することのない控え目なバランスが非常に良いのが特徴というイメージですが、そこに辛味をプラスしても同じ方向性を保っているのはすごいですね。おそらく店主の味の作り方が一貫しているんでしょうね。特徴溢れているということではないのですが、意外と他にはない味わいな気がする準トリプルスープです。

麺もスープとの相性を考えたときのバランスが良く、また単体でも美味しい麺だと感じます。タイプは加水率普通(やや低い?)細ストレート麺で、このタイプの麺としては本当に美味しいと思います。具の炙りチャーシューも丁寧だし、半熟玉子も美味しいし、ワンタンもメンマも普通に美味しいです。中々常習性が出るラーメンではないのですが、食べた後はいつも「美味しかったなぁ」と思わせてくれるラーメンです。ごちそうさま!

2008/04/10訪問

■らーめん うさぎ■
東京都渋谷区神泉町8-13
11:30~15:00、18:00~23:00
定休日 日曜日
スポンサーサイト

2008.10.30 Thu 12:15
必勝軒@津田沼(千葉県)(5)
必勝軒連続掲載ですね(^^;)今日は朝に電気工事の立ち合いをしなければならず、家で待機し終わり次第千葉に向けて出発。昨日飲み過ぎたせいもあり妙にラーメンが食べたくなります。元々食べる予定もなく「どうしよう」と思っているうちにいつの間にかいつもの津田沼に着いてしまいました。『栄昇らーめん@京成津田沼』の曜日ごとに煮干出汁・アゴ出汁と入れ替わる「魚だしらーめん」を食べに行こうかとも思いましたが、前回と同じ煮干出汁の日だったので『必勝軒@津田沼』に再訪となりました。(12時15分)今日は「魚介系強調スープ」の日ですが、このスープではまだ食べていない「もりそば」を注文することにしました。本当はつけ麺よりラーメン好きだし、特にラーメンが食べたい気分だったのですが、最近あまりにも来ているので違うメニューをということです。並んでいる間に注文を取りに来て、ラーメンに後ろ髪を引かれる思いで「もりそば普通盛(2玉)」を注文。そしてびっくりすることにプニドラの前の人が「8玉」を注文していました!

ra081030必勝軒

プニドラの隣の席に8玉のドンブリが置かれているのを見つつ待っているとプニドラのもりそばがやってきました。麺はラーメンより一回り太い中太麺で色みは白っぽく、密度が低くポクポクした食感でスルスルお腹にはいるので一杯食べられそうなタイプです。ラーメンの麺と比べて全く熟成感がない麺を提供しています。つけ汁は砂糖やタレの味がかなり強いタイプで「ラーメン」で感じる「魚介系強調スープ」に比べて動物系出汁を強く感じます。甘みが強く味も濃い為、出汁感は伝わりにくいですね。一口食べてわかったのはやはり必勝軒ではラーメンが好きだということです。もともとプニドラはつけ麺よりラーメンが好きなのですが、こと必勝軒での好みの差はかなりあり、断然ラーメンが好みです。次回は「オールマイティスープ」か「魚介系強調スープ」のラーメンを食べたいですね。11月から提供が開始される支那そばも気になります。

2008/10/28訪問
2008/10/22訪問
2008/10/17訪問
2008/04/22訪問

2008年10月30日現在のスープ情報
月火:バランスープ(11月からは月曜日は新メニュー 支那そばを提供開始)
水 :動物系濃厚スープ
木金:魚介系強調スープ
土祝:オールマイティスープ

■必勝軒■
千葉県習志野市津田沼2-5-9
月・火・木・金11:30~14:00、18:30~21:00
水、11:30~14:00
土・祝日 10:30から150玉で終了。
平日が祝日の場合0:30から150玉、18:30~21:00
定休日 日曜日

2008.10.28 Tue 11:50
必勝軒@津田沼(千葉県)(4)
仕事の場所がら最近のリピート率としてはダントツの『必勝軒@津田沼』に今日も行っちゃいました。(11時50分)ここは曜日によってスープのバランスを変えていますが、今日は初「バランススープ」です。新人スタッフが入って暫く経ちますが、まだ慣れていないようで手際が悪いですね。ここ三回ほどのリピートの間で注文を取る手際が良くなったのですが、他はまだのようです。はやくコツをつかんで以前のこのお店の冴えわたるオペレーションを見せてほしいですね(^^)

ra081028必勝軒

「バランススープ」の印象は「豚骨系濃厚スープ」と「魚介系強調スープ」の中間よりはやや魚介よりの印象で、両方の出汁感が弱めになる為やや塩分を強くして調整しているのかなとも思いました。塩分強めといっても全然美味しく頂ける程度ですよ。ここら辺の調整の仕方がまだ食していない「オールマイティスープ」との違いなのかな?プニドラは「魚介系強調スープ」が好きなのですが、「バランススープ」も中々良いかもしれません。麺は相変わらずのザクっとプルっとといった食感が病みつきになります。

そうそう今日は店主の娘さん(4,5歳?)がお店の手伝い(お冷出し、会計)をしていました。ぎこちないけど笑顔も出ていてなんだか微笑ましい光景でしたよ(^^)ごちそうさまでした。

2008/10/22訪問
2008/10/17訪問
2008/04/22訪問

2008年10月28日現在のスープ情報
月火:バランスープ(11月からは月曜日は新メニュー 支那そばを提供開始)
水 :動物系濃厚スープ
木金:魚介系強調スープ
土祝:オールマイティスープ

■必勝軒■
千葉県習志野市津田沼2-5-9
月・火・木・金11:30~14:00、18:30~21:00
水、11:30~14:00
土・祝日 10:30から150玉で終了。
平日が祝日の場合0:30から150玉、18:30~21:00
定休日 日曜日

2008.10.26 Sun 12:00
らーめん 蓮嘉@梅ヶ丘
最近の週末は諸々やることがあり遠出ラーメンができなくなっていますが、石神本の新店でかなり行きやすいところがあったので、相方と行ってきました。というよりお願いしてお昼をラーメンにしてもらいました(^^;)梅ヶ丘駅から徒歩5分で、その途中には有名な『美登利総本店』が行列しているのを横目にお店の前に着きました。(12時)店内に入ってまず気が付いたのが醤油か何かの匂いです。醤油タレが強めのラーメンなのかなぁという想像を巡らしつつプニドラは『ラーメン+地鶏半熟玉子』、相方は『つけめん+地鶏半熟玉子』を食券機で購入。はからずもつけ麺を味見できることになったのでラッキー(^^)

ra081026らーめん 蓮嘉

しばし待ちラーメンがやってきました。ここは鶏ガラスープ(鶏白湯?)と魚介系スープのWスープ方式を採用しているようで、一口すすっただけで分かりやすく、鶏と魚介の出汁を感じました。第一印象は「意外とこういう味ってないよね」というもの。食べ進めていると無化調ということでタレで味の調整しているということもあるのか、やや醤油の角が強い感じもします。石神本によると店主の好きなラーメン屋は『まっち棒』ということで割と醤油のキレを重視している可能性はあります。個人的には少し塩分を強く感じたのと、出汁感がもう少しあった方が好みかもしれません。

麺は加水率低めの中細ストレート麺でプチサクっとした食感がスープの感じとよくあっているように思います。具のチャーシューも一枚一枚丁寧に炙ったもの、半熟玉子も中々美味しいです。メンマもオーソドックスなタイプでした。変わっているのは万能ネギの細かく切ったものがスープの表面に浮いているといったところでしょうか。

相方のつけめんを味見させてもらうとスープは魚介感が強くなり、また甘みや酸味も強くなってます。麺は平内麺でかなり固めでコシがあるタイプです。どちらかというとつけめんの方が好みかもしれません。ただラーメンの醤油ダレとか出汁感は一回食べただけではわからないのでもう一度食べてみないとわからないですね。接客も非常に心地良く、気持ち良く食べられました。ごちそうさまでした。

■らーめん 蓮嘉■
東京都世田谷区梅丘1-9-11 梅丘コーポ1F
11:30~14:00、17:00~21:00頃
土日祝11:30~15:00、17:00~21:30頃
昼夜共に50食の提供で売り切れ終了
定休日 月曜日(祝日の場合、翌日)

2008.10.24 Fri 20:30
味噌麺処 花道@野方
現在の家から行きやすく、数週間後に引っ越す先では車もなくなり行きにくくなる『味噌麺処 花道@野方』に行きます。蒙古タンメン&麺処 井の庄というお店で修行した店主がオープンした味噌ラーメンのお店です。以前からチェックはしていたのですが、石神本2009に載ったこともあり早めに食べておこうと思い一日二ラーメン(^^;)お店に着くと店内丁度満席、食券機で「みそらーめん+大盛」のボタンをポチ。(20時30分)昼食も大盛でしたが、ここもそんなに量が多くないとの情報を得ていたから大盛りなんですよ(--;)辛いラーメンである「辛味噌・番長」というメニューもあり迷ったのですが、今日はデフォルトでいきます。そうこうしている間に席が一つ空き待つことなく着席できました。

ra081024花道

さてとラーメンがやってきました。一口すすります「アツアツ」って感じで、甘みと塩分が強めなで、かなりドロっと濃厚です。山椒の香りをうつした香味油ということで、もう少しスパイシーさが強めなのかと思ったのですがそれほどでもないです。個人的にはこれだけの濃厚スープに対してはスパイシーさがもう少し欲しいところです。それにしても表面に浮いている油のおかげで冷めにくく、アツアツ好きのプニドラをもってしても「熱い」と思ったくらいです。

麺は多加水の太麺でヌメっとした表面で噛むとモチモチした食感です。ラーメンのスープの濃厚さとも合っていますが、つけ麺で食べたくなるような麺です。具のチャーシュー、メンマは両方ともブツ切りになっているタイプでチャーシューはコッテリ系、メンマはしっかり系です。モヤシはしっかりと炒められたものでした。

全体としてちょっと甘さとしょっぱさが目立っていた気がしますが、ブレかもしれません。そして「番長ラーメン」は食べる必要あるますね。

■味噌麺処 花道■
東京都中野区野方6-23-12
11:30~14:00、18:00~22:00
定休日 火曜、第2・第4月曜
Webサイト

2008.10.24 Fri 13:30
ラーメンゼロ@目黒
今日は久々の恵比寿にいる時お昼ラーメンです。雨が降りしきる中『ラーメンゼロ@目黒』に行ってきました。お店に向かう途中で雨が急に半端なく激しくなり、一瞬にしてびしょ濡れになりショボーンです(TT)それでもなんとかお店にたどり着き、『ラーメンゼロ+味玉+麺・スープ大盛』を食券機で購入。(13時30分)大雨の為か店内にそこまでお客さんがいません。このお店は『せたが屋ブランド』の新店で、調味料(塩・醤油)などを一切使用しないラーメンという全く新しいラーメンを提供するお店です。

ra081024ラーメンゼロ

ほどなくしてラーメン。見た目はかなり濁っていて、豚骨ラーメンに近いイメージ。一口すすると思ったよりも物足りなさを感じることはなく、やや薄味で普通に美味しいという具合です。そして『せたが屋』をベースに感じます。飲み進むうちに感じていた『せたが屋』感はなくなり、豚骨の味やら貝や乾物系の味わいを強く感じるようになります。スープの温度が下がることによってわかりやすくなるのかな?

麺は加水率低めの中細ストレート麺で割としっかりした食感でスープとの相性も多加水の麺よりこちらの方が良さそうです。具のチャーシューは割と普通、メンマは固い部分と穂先までのかなり長めの珍しいタイプ。味玉は味付も濃くなくバランスが良い美味しいものでした。調味料が入っていないためか、お腹にグイグイ入っていったので完飲してしまいました。大盛でちょうど良かったです(^^)ただ今回の注文で1,100円(ラーメン850、味玉100、麺・スープ大盛150)はちょっと高いですね。「なんとか1,000円丁度にならないかなぁ」と思いますが、調味料を使ってない分出汁を取る為の材料の量が多かったりしてスープの原価が高いんだろうな。

「あの味が食べたくなる」というインパクトは残せないかもしれませんが、食後は非常に満足感がありました。

■ラーメンゼロ■
東京都目黒区下目黒3-4-6
11:30~16:00、18:00~21:00(スープ切れまで)
定休日 火曜・第2水曜日
Webサイト

2008.10.22 Wed 12:40
必勝軒@津田沼(千葉県)(3)
今日は朝にトラブルがありバタバタしてしまい、結局のところいい感じではないのですが、気にしていてもしょうがないので千葉ラーメンです。行くのは先週も行った『必勝軒@津田沼』。ただ今日は水曜日で「動物系濃厚スープ」の日です。一度「動物系濃厚スープ」の時にもりそばは食べたのですが、ラーメンは初めてということもありラーメンを食べに行きます。お店の前に着くとかなりの並び(TT)(12時40分)「動物系濃厚スープ」は週一で敷居が高いらしいのでしょうがないですね。後ろの時間も余裕があったので並びます。店外のポップに新しく「支那そば」を確か11月から提供する旨が書いてありました。店内に入っても店主がいつもの調子でアナウンスをしていました。前回1.5玉で「もっと食べたい!」と思ったので今回はデフォルトの2玉にします。

ra081022必勝軒

席について程なくラーメンがやってきました。スープをすするとやはり「動物系濃厚スープ」かなり農耕です。最近食べたお店で考えると『斑鳩@九段下』を荒っぽくして豚骨よりにしたスープという感じで、魚介はかなり薄めだと思います。これはこれで美味しいのですが、30過ぎのプニドラにはやや重たく感じます。「魚介系強調スープ」の方が大分好みです。まだバランススープとオールマイティを食したことがありませんが、バランススープは敷居も低いのでそのうち食べてみたいですね。その他の感想は前回と一緒ですかね。プニドラの好みと行列の長さを考えると「動物系濃厚スープ」の日は来ないかもしれませんね。結局並んでから食べ終わるまで50分かかりました(^^;)

2008/10/17訪問
2008/04/22訪問

2008年10月22日現在のスープ情報
月火:バランスープ
水 :動物系濃厚スープ
木金:魚介系強調スープ
土祝:オールマイティスープ

■必勝軒■
千葉県習志野市津田沼2-5-9
月・火・木・金11:30~14:00、18:30~21:00
水、11:30~14:00
土・祝日 10:30から150玉で終了。
平日が祝日の場合0:30から150玉、18:30~21:00
定休日 日曜日

2008.10.21 Tue 14:00
ラーメン産業展 ラーメンバトル2008@パシフィコ横浜
今日はグループ会社で少しラーメンに関わっている人に頼み『ラーメン産業展』に行ってきました。『ラーメン産業展』自体はそれなりに楽しみ、有名店主も何人か見かけたりしながら、特に目的にしているわけでなかった「ラーメンバトル2008」でラーメンを食べることになりました。ちばき屋・せたが屋・初代けいすけの店主が作ったお店とは違うラーメンを食べて味の感想を投票できるという形式で、運がいいことに丁度三人で来ていたので、3店舗の分をそれぞれみんなで食べることに決定。というかプニドラがそのようにお願いしました。

ra081021ラーメン産業展a

ちばき屋(ジュレラーメン白2009)
ra081021(ラーメン産業展)ちばき屋

せたが屋(極致の魚塩ラーメン)
ra081021(ラーメン産業展)せたが屋

初代けいすけ(廣田さんが育てた京鴨のらーめん)
ra081021(ラーメン産業展)初代けいすけ

3人でグルグル回し食べし細かい記憶が曖昧なので簡単な感想を書くと、
ちばき屋は少し「洋」を感じさせるスープで独特の甘み(たぶんホタテ)を感じるスープで、麺は加水率高め細麺です。ジュレが入っていたようですが、食べたタイミングの問題か効果はあまり良くわかりませんでした。

せたが屋はせたが屋らしいラーメンに感じました。魚出汁の塩ラーメンということでかなりキレイに出汁が取られているのですが、薄さは感じずしっかりした味わいです。水出ししているようなので、その辺の影響かもしれません。麺は加水率低めの中細麺でスープとの相性は非常に良いと感じました。

初代けいすけは鴨出汁ということでしたが、鶏ガラっぽさと豚臭さを合わせたような味で、表面に油も結構浮いていて少し二郎に近い印象をうけました(具は全然違いますが)。麺は太ちぢれ麺で濃いめのスープに良く合いました。食べ終わって投票するとそれぞれのお店のレシピがもらえます。

ra081021ラーメン産業展b

プニドラは普段食べれない限定のものにはあまり興味はないのですが、こういうのも楽しいですね。

2008.10.20 Mon 20:00
藤巻激城@中目黒
以前の『藤巻激場@池尻大橋』の時から気になっていたお店ですが、いつの間にか閉店し「場から城」に変化し開店した『藤巻激城@中目黒』に行ってきました。完全予約制ということで、普通のお店なら予約するのは緊張しないのに緊張しながら予約しました。まあ完全予約制のレストランを予約する時は緊張しそうですから、それと同じと考えれば良いんですかね。予約は1時間単位で受け付けているようです(例:19時の回、20時の回というように)。最初1時間に1組しか取らないのかと勘違いしてしまいましたが、そんなんじゃお店としてやっていけませんよね(^^;)当たり前でした。

地図を読むのは割と得意なプニドラなので、迷うことなくお店の前にたどり着くも、入口を見ると、こりゃ入るのに躊躇しますね。(20時)お店に入ろうと階段をのぼって行くと店主が迎え入れてくれました。店内には女性スタッフが1名、カウンターのど真ん中の席に座らされました。一人ポツーンということと、店内の雰囲気にのまれ緊張します。ちなみに店内の一部はこんな感じ。

ra081020藤巻激城c

実際に行ってみないとこの雰囲気は分からないと思いますが、中々すごい雰囲気です。注文は初回は「トムヤム激城麺(赤)」しか頼めないようなので、それを注文。驚くべきことに値段は3000円です。「どっちが良い(美味しい)とかじゃないが1000円以下のラーメンと比べるものではない」と話していましたが、確かにお店の雰囲気も含めた『藤巻激城』を楽しむ価格ということになるんだろうなぁ。店主にどのようにしてお店を知ったのかとか、どこか面白い?ラーメン屋はあるかなどと聞かれながらラーメンを待つうちに「トムヤム激城麺(赤)」がやってきました。

ra081020藤巻激城b

ra081020藤巻激城a

見た目から行ってめちゃくちゃ綺麗です。そしてスープをすすると「ああこりゃうまいや」、プニドラが過去飲んだことのあるトムヤムクンに比べてもレベルの高さを感じ、やや濃厚さが強く出ています。店主曰くトムヤムクンに麺を入れただけではなくトムヤムクンに麺を合わせるためにアレンジしていると言っていて、食後に聞いた話ではトムヤムクンに味噌と日本酒を加えているそうです。他にも加えているものがあると思いますが、スープの濃厚さは味噌から来ているのだと思いました。そしてWebサイトにも記載されている五味「甘さ・酸(す)っぱさ・辛(から)さ・苦(にが)さ・鹹(しおから)さ」そのものをハイレベルなバランスで感じることができました。

麺は多加水でやや熟成感のある伸びにくい麺で、噛み応えもありスープとのマッチングもグーです。具に関しては具単品というよりはスープの一部といった印象ですべて美味しく頂けます。

麺を食べ終わり、最後はサメの皮ですられたワサビが載せられたご飯の上にスープのそこにとぼったそぼろとスープを掛けて食します。これがまたホントに美味しく、ワサビとスープのマッチングが何とも言えないんですよね。店主に「トムヤムクンとワサビって合いますね」と言ったら、「味噌汁にラーメン入れても味噌ラーメンにはならないのと一緒で、トムヤムクンに麺を入れてもこのようにはならず、麺と合わせる為にスープに手を加えていて、このスープだからワサビに合う」という分かりやすい説明を受けました。結局残すのがもったいないスープだったので完飲しました(^^)

全体感としてはある方のブログのエントリで紹介されていますが、
前菜・ソムタム(青パパイヤのスパイシーサラダ)
湯・トムヤムスープ、
海鮮・トードマンクン(海老と紋甲イカのすり身ゆで)
麺・バーミー(特製平打ち中華麺)
飯・パカパオナーム(鶏そぼろごはんの茶漬け風)
というタイ料理のフルコースを丼ぶりで表現しています。

やや緊張した感じで食べましたが、そのことを伝えたらこういう雰囲気でも「食いにきたんだから食われたらダメだよ」と言われてしまいました 笑。また「高級レストランで食べる時も緊張感を持って食べるから、それと一緒と考えて下さい」とも言われました。本当に全てが店主の個性で成り立っているお店です

「この価格でも来てくれると思っているからこの価格で提供している」とも言っていました。もし他のお店が追従して、食べる人がある程度人数まで増えたら、新しいジャンルとして確立するのかもしれませんね。『ちゃぶ屋』の森住氏や『中村屋』の中村氏もアプローチの仕方は違えど(二人ともコースという展開)多少似ているものも感じます。個性は圧倒的に『藤巻激城』が強そうですが・・・・。新しいジャンルとして確立した際には先駆者として賞されるんでしょうね。

3000円という価格は「飲み会」に行けば普通にすっ飛んでしまうお金なので、3000円を払って、美味しい食事と独特の雰囲気を味わえると思えば行っても損はないと思います。トムヤムクン系ラーメン(この表現が正しいかわかりませんが)としては最高峰であることはまちがいありませんしね。もちろん万人には進めづらいですが、プニドラは「白」「黒」位までは食べたいと思ってます。色々話せたので、緊張しましたが楽しい時間を過ごせました(^^)

ちなみに店主の藤巻さんは『藤巻激城』のカジュアル版としての『藤巻激場』を首都圏の1県ごとに1店舗ずつ出すロードマップを描いているようです。

注)上記店主の話は微妙に店主が伝えたかったニュアンスと違う可能性がありますのであしからず

■藤巻激城■
東京都目黒区上目黒3-36-28 B1F(神社の向い側)
03-3792-7743
12:00~15:00、18:00~21:00(完全予約制)
定休日 水曜日
Webサイト

2008.10.18 Sat 11:35
めん 和正@三軒茶屋
最近の週末は引っ越しの準備ばかりの日々で中々遠出ラーメンができていません(TT)ということで新居近くの三軒茶屋で気になっていたお店の一つの『めん 和正@三軒茶屋』に向かいます。(11時35分)開店5分後にお店に着いたら店内満席です。予想外と言っては失礼ですが、予想外でした。結局20分ほど待って、席へ通されました。どうやら夫婦二人で切り盛りしているようで、奥さんと思われる方が頑張って接客しているのが好印象です。『こうかいぼう@門前仲町』『麺屋 吉左右@木場』という二つのお店を思い出しました。奥さんはちょっと張り切り過ぎる感もありますが、悪い印象は0なのでこれからもがんばってください。さて店主の方ですが、この方は永福大勝軒系のお店で修行されたそうで、プニドラ的期待感は高まります。注文は事前情報で麺が少ないという情報だったので、「中華麺+味玉+大盛(2玉)」です。

ra081018和正

さてラーメン登場です。スープを一口すすると「ほほーー」という感じ、あえて永福大勝軒と比べさせてもらうと、表面に浮いたラードはそのままにタレはかなり抑えめ、煮干しちょい抑えめというファーストインプレッション。ラード+煮干しはプニドラ好みなのでグー、そしてタレと煮干しは控え目なのですが、その分出汁をキレイにとっている感じがします。もうちょい出汁の濃厚さがあった方が好みかもしれませんが、美味しいです。

麺は低加水の中細縮れ麺で、固めの食感です。ズルズルっていう感じで吸うと口の中で暴れます。永福大勝軒とは全然違う印象ですが、噛みごたえもあり、中々合うじゃないですか!具のチャーシューは薄いけどさっぱりしているもので、中々グー。味玉も半熟で普通にグー。50円なのも良心的です。そもそも「中華麺+味玉+大盛(2玉)」で850円というのはかなり安い気がします。

引っ越した後に永福大勝軒が遠くなることを考えると、このお店が近くにあるということは重宝すると思います。ハッキリ言って大盛りは多かったです。まあ永福大勝軒と同じ量位だと思うし食べれてしまうのですが罪悪感を感じました。ああ、お腹一杯・・・ごちそうさま!そうそうドンブリがかなり大きいので大盛りにしても麺が泳いでいるのは良かったです。

■めん 和正■
東京都世田谷区太子堂2-6-2
11:30~14:30、18:00~22:00
定休日 月曜

2008.10.17 Fri 12:00
必勝軒@津田沼(千葉県)(2)
今日も千葉方面に向かう途中なのですが時間もあったので、千葉工大生御用達と思われる『必勝軒@津田沼』に行きました。(12時)ここは行列の長さの割には回転が良いんですよね。店員さんの手際の良さは勿論そうなのですが、その手際の良さにつられてサッと食べる人が多い気がしてます。相変わらず行列は長いですが、結局席に座るまで15分程度でした。並んでいる途中で、注文を聞かれ「らーめん(1.5玉)」を注文。これはデフォルトから0.5玉分少なめということです。今日は魚介強調の日、前回豚骨・・系の日のつけ麺を頼んで、魚介系の方が好みだったということもあり今日は楽しみですね。それぞれのスープにファンがいるんだろうなぁ。店内に入るとどうやらスタッフの新人(やや年配の方ですが・・)がいるようで、手際はかなり微妙・・。でも一生懸命頑張ってます。ミスを沢山していましたが、それを注意する際の店主の言い方もお客さんに妙なプレッシャーを感じさせない感じです。中々軽妙なトークをし続ける店主ですが、このお店の雰囲気はこの店主ならではのものです。このお店に来るとなんか気持ち的にもなんか清々しい気分になるんですよ。王道の接客ではありませんが、この雰囲気は一度見ても損はない気がします。今日は新人さんがいたので違いましたが、ここのスタッフの手際の良さも尋常じゃないのでそちらも一見の価値ありです。

ra081017必勝軒

さてラーメンが到着。魚介の香りがプーンと匂ってきて食欲をそそります。スープを一口すすると魚介の香りと動物系のまろやかさが絶妙にマッチしています。ここの店主は東池袋大勝軒と永福大勝軒のダブル大勝軒で修行した人なのですが、無理やりこじつければ魚介系と動物系のマッチングという点では東池袋大勝軒、煮干しと醤油ダレの感じは永福大勝軒といった印象です。特に動物系(豚骨)の利かせ方が今日は特にプニドラ好みだったと思います。永福大勝軒はソウルラーメンなので比べられないのですが、家の近くにあったら逆転してしまう可能性があると感じました。また東池袋大勝軒系と比べるとプニドラにとっては明らかに必勝軒の方に軍配が上がります。それにしてもウマいなぁ(^^)

そして麺はこんなボキボキの麺もなかなかないのですが、これがまたスープに良く合うんですよ。ボキっという食感を楽しみながら、スルスルお腹に入って行ってしまうんですよね。多加水の熟成ストレート細麺だと思うんですが、どうしたらこういう麺になるんでしょうか?熟成のさせかたかなぁ。。。具のチャーシューも一切れしかのってないけど好みだったし、チャーシュー麺もありな感じです。1.5玉にして後悔したので、次回は2玉確実ですね。ごちそうさま!

2008/04/22訪問

2008年10月17日現在のスープ情報
月火:バランスープ
水 :動物系濃厚スープ
木金:魚介系強調スープ
土祝:オールマイティスープ

■必勝軒■
千葉県習志野市津田沼2-5-9
月・火・木・金11:30~14:00、18:30~21:00
水、11:30~14:00
土・祝日 10:30から150玉で終了。
平日が祝日の場合0:30から150玉、18:30~21:00
定休日 日曜日

2008.10.15 Wed 11:00
本家 大黒屋本舗 平井店@平井
今日も千葉方面に向かっているのですが、予定外の訪問です。たまたま電車に乗っていて11時あたりにつく駅が平井で、その付近のラーメン屋を調べたら『本家 大黒屋本舗 平井店@平井』があったので、途中下車して行きました。このお店は茨城大勝軒グループの一員で昼は千葉を代表する行列店『とみ田@松戸』の店主がプロデュースしたお店みたいです。夜は二郎インスパイア系のラーメンを提供しているようです。開店とほぼ同時にお店につき、勝手に「素晴らしいタイミング!」と自己満足しながら食券の「つけ玉そば(並)」を購入。(11時)店内7割程度の入り、後客続々です。

ra081015本家 大黒屋本舗 平井店

思ったよりも待たず、「つけ玉そば」提供。最近の豚骨魚介系つけ麺の影響か勝手な想像で麺はもっと太いのかなと想像していましたが、そんなことはなく中太ちょい縮れ麺でした。ほんの少し熟成感がある感じの麺ですね。麺だけ食べるとちょい固めに茹であげられているのでゆで時間はそこまで長くなさそうです(5、6分位かなぁ?)。つけ汁は豚骨魚介系ですと言ってしまえばそうなんですが、甘みと塩分がちょっと強め(タレが強め?)でネギの量も多めの為、出汁が感じにくく重厚感が少ない気がしました。『六厘舎@大崎』と比較すると六厘舎も甘みは強めなのですが、豚骨の出汁はかなり強くでていて、大量の魚粉で魚介系の味も強く出していて、インパクトが強い感じです。六厘舎は麺ももっと強いので、ここは麺とのバランスを考えてこのくらいの出汁の強さなのかもしれませんが、弱く感じたのはブレなのかもしれません。あと塩分が強く感じたのは体調によって感じ方が違うのでなんとも言えませんねぇ。どちらにしても一度食べただけではわからないことは多いし・・。ちなみに『とみ田@松戸』は食したことがないので比較はできません。

半熟の味玉はキンキンに冷えているもので、チャーシューはバラロール、メンマはやや薄く平べったい形状でつけ麺と相性は良い気がしました。スープ割にすると驚いたことに短冊型のチャーシューが結構追加されていました。たまたまかどうかわからないのですが、これが通常だとしたら太っ腹ですね。

豚骨魚介系つけ麺という最近多いジャンルということで都内にもう少しプニドラ好みのお店があるということを考えると、一度の訪問で評価なんてできないのですが、プニドラが再訪する確率は低いと思われます。

■本家 大黒屋本舗 平井店■
東京都江戸川区平井5-30-4
11:00~15:00、18:00~23:00
定休日 無休

2008.10.14 Tue 21:00
大勝軒@永福町 (3)
最近は色々なラーメン屋を食べ歩いている為に最高リピート店である『大勝軒@永福町』にご無沙汰気味でしたが久し振りの訪問です。(21時)実は一か月後に引っ越しするので、遠くなってしまうので今のうちに食べておこうということではあります。まあお土産ラーメンを買えばほぼ同じ味のラーメンが家で食べられるので助かります。いつもどおり「中華麺」を注文です。

ra081014永福大勝軒

さあやってきました。相変わらずでかいドンブリです・・。一口すすると「ああこれこれ!」という具合に蘇る味。最近色々食べ歩いている為に永福大勝軒に抱く印象が変わっている可能性もあるカモと思ったのですがそんなことはありませんでした。これはやはりプニドラにとってのソウルラーメンですね。厚めに張られたカメリアラードと濃厚な煮干し味の濃い味スープとの組み合わせが堪りません。ここの特徴として夜の方が濃い味になっていて、プニドラの好みは夜だったりします。まあここのラーメンはプニドラ個人調査によると4人中3人は嫌いという不人気さなので、他の人と共感したりできない寂しさがあるんですよね。麺は麺で柔らかいので好まれない率高いんですよね。昔は玉子も半分入っていたし、チャーシューも2,3年前から変わった気がします。

それにしても量がかなり多いので、この量をいつも食べていたら体に悪そうです・・・。かたくなにこの量で出しているんですよね。量についてもそうですが、お客さんの方を向いていないと指摘する人も多いお店ではあります。確かにそういう意見も一理あると思いますが、プニドラはあんまり気にならないんですよね。永福大勝軒系のお店でも回ってみようかなぁなんて思ったりしてます。

■大勝軒@永福町■
東京都杉並区和泉3-5-3
11:00~23:00
月に二回程度休みあり。店頭・Webサイトで告知。
Webサイト

2008.10.11 Sat 13:30
麺屋 宗@高田馬場,西早稲田
今日も都内の石神本制覇のためのラーメンランチです。意外と行きやすいので会社帰りに行きたい感じだったが営業時間が短いため中々行く機会がなかった『くまが屋@池袋』に向かうも、リニューアルオープンのため閉店中(><)ショーーック・・・。そんなことではめげません。すぐに副都心線にのり西早稲田で下車、『麺屋 宗@高田馬場,西早稲田』です。ここの麺の「手もみボコボコ麺」が気になっていたんですよねぇ。お店に着くと休日の割に空いていました。(13時30分)注文は「焙煎旨塩そば+魚玉子」です。

ra081011宗

しばらくまってラーメン登場。アレ?魚玉子ないぞ・・・。
プニドラ:「すみませーん、魚玉子たのんだんですけど」
店員 :「魚玉子追加ですね?」
プニドラ:「・・・はい、そうです(ヨワーイ)」

まあ結果が同じだから良いですよね。ちなみに後でわかったことですが(実はまだ半信半疑)、「焙煎旨塩そば+魚玉子」=「地鶏魚玉子そば」なんですかねぇ。「焙煎旨塩そば+魚玉子」=900円なのに請求されたのは880円でした。ちなみに「地鶏魚玉子そば」=880円なんですよ。

さてまずはスープをすすります。ふむ塩ラーメンですが、ちょっとコショウ(唐辛子?)の辛さを強く感じてしまい、出汁が感じられにくいです。たまたまカモ知れませんが、ちょっと残念です。ただ一緒に麺を食べると「手もみボコボコ麺」の縮れがスープをかなり持ち上げるのですが、香辛料感を感じにくくなります。

麺は超多加水の中太平打ち縮れ麺で表面はその名の通りボコボコしています。プルプルした食感で麺を食べる喜びを感じられます。かなり柔らかめですが、この麺はこれくらいの柔らかさじゃないと良さが出ない気がします。追加で頼んだ魚玉子は別皿で提供され玉子の黄身の部分に魚出汁の餡か何かが注入してあり、かなり濃厚な魚味がしてビールのつまみ的な感じでした。具のあぶりチャーシューは大きいサイズでしっかりした食感のあぶりチャーシュー、メンマは穂先メンマで食感は穂先メンマらしい優しいものです。

美味しいのですが麺以外はそれほど印象に残りませんでした。辛さが強かったので出汁を感じにくかったことが原因と思われますが、プニドラの体調かタマタマのブレの可能性もあり一度食べただけでは判断できなそうな感じではあったので、もう一度か二度位来ようと思います。つけ麺美味しそうだったし(^^)

■麺屋 宗■
東京都新宿区高田馬場1-4-21
11:30~15:00、17:00~23:00
定休日 第二日曜日
Webサイト

2008.10.08 Wed 22:15
博多長浜らーめん 田中商店@六町
行かねば行かねばと思っていたお店にやっと行けました。そのお店は『博多長浜らーめん 田中商店@六町』です。プニドラの活動エリアから考えるとまず行くことはないし、行ったこともない地域です。ここまで来て食べられないのは立ち直れないほどのショックを受けてしまうと深夜営業無休のお店なのにドキドキしました。お店まで向かうと営業中v(^^)v(22時15分)お店はもっと汚い想定だったのですが、非常に明るく清潔感もある店内で、活気もあり中々良い雰囲気です。席数が多いにも関わらず、平日のこの時間で半分以上席が埋まっているのはすごいですね。注文は「らーめん+赤オニ」です(替え玉予定)。

ra081008田中商店

とんこつラーメンらしくスグに提供。見た目は表面に浮いている油が少し多めかなという感じで、一口すすってみると「おー、美味しいストレートかつ濃厚なトンコツラーメンだ」という印象です。スープもアツアツで火傷しちゃいましたが、アツアツ好きなのでグーです。最近トンコツラーメンを以前よりは食べるようになり、昔はそうでもなかったのですが、最近は結構好きですね。濃厚な豚骨ラーメンとしては、ここで修行した『ぼたん@大塚』やここがレベルが高い気がします。かなりトンコツ感があるのに雑に作った印象が全くないんですよね。

麺は低加水の極細ストレート麺で、これまたトンコツラーメンな感じがバリバリしていいですねぇ。ズルズルっといく気持ちよさがあります。具のチャーシューは薄い焼き豚でかなり薄いのでちょっと物足りないですね。キクラゲなどももう少し入っている方がうれしいカモです。トッピングで注文した「赤オニ」は激辛味付のひき肉で、小鉢を別にひとつ用意してくれるのでそこに「赤オニ」とスープを混ぜ入れ、つけ汁にします。それにつけながらつけ麺風に食べるというものらしい。替え玉し、そのように食べます。味も変わるし、食べ方も変わるので、かなり新鮮な気分で食べられます。『ぼたん@大塚』の「ばくだん」もかなりすきですが、「赤オニ」もナカナカやりますね。

気が遠くなるほど遠かったですが、満足して帰れそうです。まあこの距離を考えるとプニドラが時々食べに行くなら『ぼたん』の高田馬場あたりが一番、良いだろうなぁ。

■博多長浜らーめん 田中商店■
東京都足立区一ツ家2-14-6
18:00~翌4:00
定休日 無休

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。