--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014.03.09 Sun 11:00
RAMEN GOTTSU@練馬 らーめん
TRY掲載店巡りです。かなり久しぶりに週末ラーメンができたので、普段は行きづらい方面へ。新店MIX部門2位の『RAMEN GOTTSU』です。渡辺樹庵氏の元にいた方のお店のようですね。炊込みご飯や麺が細麺に変わる替玉も気になりましたが、事情がありデフォだけで。

見た目からいって美味しそうでしたが、食べてみてホント美味しいです。油が殆どないからか出汁がダイレクトに伝わってきます。所謂豚骨魚介系なんですが、豚骨の出汁も魚介の出汁も深い感じに効いててメッチャうまいです。系統的には本当に所謂ですが、コレは美味しい。好みでいうと師匠の所より大分好きですね 笑。具もネギまで含めてビジュアルも味もしっかりしていて気持ち良いなぁ。中細麺との相性は勿論良かったけど、本当だったら替玉して細麺食べたかった。。中々来るのが難しい場所だけど、近くに来たら再訪します。お店の雰囲気もとても、柔らかい感じで良かった。良いお店な気がします。ごちそうさま!
スポンサーサイト

2013.01.20 Sun 11:40
美志満@桜台 塩らぁ麺
『麺や 金時』からの連食で、『美志満』です。コチラはTRY本掲載店。中途半端フリークなので、半年位注目新店を追うのが遅れる次第です。お店に着き、おすすめと記載のある「塩らぁ麺」を。関係ないですが、2連続で「らぁ麺」という表記のお店ですね。
ra130120美志満 塩らぁ麺
鶏油の香りがフワッと香る塩ラーメンで、見た目は薄いですが、味は濃密です。スープの色合いに対して想像より強めに感じるのは貝類の旨味のせいなのでしょうかね。比較するものではありませんが、『ねいろ屋@荻窪』と近い味わいに感じるのは、同じく貝類を使っている特徴からなんでしょうかね。『ねいろ屋』よりはあっさりめの仕上がりに感じました。豚メインと鶏メインのらしいので全然違うのですが、そもそも強め効いた豚と鶏出汁は間違うこともあるので、そういうことかも。抽出の仕方が似ている?もしくは鶏油の効果かな。細かいことは自分にはわかりませんね。

麺は柔らかめの平打ち縮れタイプでモッチリした食感が非常に好みで、スープとの一体感が心地良いです。生ザーサイは珍しいトッピングですね。鶏チャーシューも丁寧に作られていて美味しいです。店主の雰囲気からも丁寧さを感じ、それが表れたラーメンな気がします。個人的には「魚介塩らぁ麺」の方がハマリそうなので、次回はそちらを食べます。ごちそうさま!

■美志満■
東京都練馬区桜台1丁目2-9
11:30-14:00、18:00-22:00
定休日 火曜

2013.01.20 Sun 11:10
麺や 金時@江古田(2) 源醤らぁ麺(麺少なめ)
今日は妻が友人宅に子供を連れて遊びに行くようなので、チョイ遠出ラーメンを実行できます。ただ実家に行かなくてはいけない用事もあり、チョイ遠出までは難しい感じ。日曜やっているお店で選んだお店は『麺や 金時』への再訪と『美志満』の連食。この2店車で5分程度の距離間、連食にもってこいです。前回は「塩らぁ麺」と「汁なし担々麺」を食したので、今回は「源醤らぁ麺」を。連食予定だったので、再訪になるコチラのお店では麺少なめで注文しました。フリーク的にはヘタレですね。
ra130120金時 源醤らぁ麺 麺少なめ
醤油なのですが、味わいは味噌に近い感じ。味噌ラーメンの味噌の分量を少なくして薄く作ったような感じ、かつその割には薄くてバランスが悪いということ感じないような不思議なイメージ。独特な味わいです。その独特な味わいと揚ねぎの味が良くマッチしていて良いですね。中細の麺は特徴こそないかもしれませんが、しっかりとスープとあっていると思いました。

チャーシューが非常に大きく、厚みもしっかりなものが乗せられますが、このチャーシューが大きさだけだなく味もしっかり美味しくて正直CP良いと思いました。独特の醤油ラーメンが味わえて満足です。ごちそうさま!

それにしてもおつまみワンタンや水餃子がカナリ美味しそうで、家の近くにあったら、ビールを飲みながら食べて〆にどれかのラーメンなんていったら最高だろうなぁ。地元の人がうらやましい。CPも良いしね。地元に根付いたお店になること間違いなしな気がします。

2012/03/31 塩らぁ麺+汁なし担々麺

■麺や 金時■
東京都練馬区小竹町1-2-7
11:00-14:00、17:00-23:00
定休日 月曜、第2火曜

2012.03.31 Sat 11:30
麺や 金時@江古田 銚子の『幸喜』が東京へ移転
銚子にあった石神氏推しの『幸喜』が3/30に移転オープンしてきたそうなので、早速行ってきました。今日は皆葛西のイベントにいってるみたいですね。強風の為ダイヤ乱れが激しかったようですが、江古田駅ではなく、小竹向原からアクセスした為、ALL地下鉄だったので影響受けずです。お店に着いて、まずはオープン記念で500円で提供されていた「塩らぁ麺」を注文。(11時30分)
ra120331麺や 金時 塩らぁ麺
写真は湯気で少し曇ってしまいました。最初の一口目は薄味に感じますが、のみ進めるほどに、店内のラミネートに記載の通り鶏の旨味、香り、丸みが感じられます。しらす氏がtwitterで「塩加減が絶妙」的なことをつぶやいてましたが、それを意識して食べると、確かに絶妙な塩加減。スープをすすればすするほどそれを感じる絶妙感です。シンプルな鶏出汁なので重層的な味わいではないですが、飽きることなくグイグイのみ勧められます。かなりそぎ落とし系でシンプルですが、それが特徴だったりして、他とは違う魅力があるラーメンですね。浅草開花楼の中細の麺もスープとの一体感が良いです。具は山クラゲの感触が良いアクセント。チャーシューは面積大きめで、見た目だけでいうと『Bee Hive』っぽかったり。
ra120331麺や 金時 汁なし担々麺
続いて「汁なし担担麺」。辛さは調節可能のようですが。初なのでデフォルトで。まずはタレとブルンとした中太麺とを良く混ぜます。ジンワリ系の辣油にゴマやナッツなどの香ばしさや山椒の痺れ&清涼感などが加わった香りが豊かなタイプで食べやすいですね。辛い物が苦手な人でも多分食べられる辛さで、複雑味を味わう感じの「汁なし担担麺」で流石の美味しさ。個人的にはもう少し辛めでもよいので、再訪の際は辛めにしよう。

「ひ志お」や「源醤」を使ったという「醤油らぁ麺」も食べてみたいところ。再訪しなければ。ごちそうさま!

■麺や 金時■
東京都練馬区小竹町1-2-7
11:00-14:00、17:00-20:00
定休日 月曜、第2火曜

2012.03.14 Wed 11:40
中華ソバ 伊吹@大泉学園(2) メチャニボなお店です。
色々あって時間があったので、お昼は『中華ソバ 伊吹』に行ってみました。どうやら最近スープを改良するために一週間程度休業していたそうで、その改良が気になったのと、前回煮干度がライトだったこともあり再訪欲が急に高まった訳です。開店前にお店に到着、ポールポジションで待ちます。本日の煮干度はノーマルでした。11時45分頃開店とのことでしたが、11時40分位に開店。お店に入り、お水をコップに入れ、「中華ソバ+大盛+味玉」を注文。すぐに提供。
ra120314伊吹 中華そば(ノーマル) 大盛 味玉
スープの見た目は以前より茶濁色が強くなった印象、煮干はもうね、すごいです。通常煮干度が強いときにエグミとか苦味とか言いますが、何かそれを通り越しちゃって味わったことのない煮干な味がする気がしてきます。煮干をそのままかじっているのではなくて、もっと濃縮したものを想像してしまうスープです。強めな塩分も相まってギュゥって感じでビキビキなんですよねぇ(なんだそれ)。これがライトとノーマルの違いなのか、改良の成果なのかは自分にはわかりませんが、煮干の凝縮度が大分違うのは感じられました。

そしてこれに合わせる麺はバキっとした中細ストレートタイプが合いますねぇ。もうこれしかないって感じです。個人的に好きとかそういうのではなく、凄い煮干ラーメンだと思います。ごちそうさま!一度ヘビーを食べてみたい!

2011/11/16訪問

■中華ソバ 伊吹■
東京都練馬区西大泉1-2-10
11:45頃-15:00頃、18:30頃-スープ切れ次第終了
※昼営業でスープ終了の場合夜営業なし(50-60杯程度らしい)
定休日 月曜

2011.12.17 Sat 17:30
麺や 河野@中村橋 七彩出身の店主のお店で提供している変り種ラーメンは美味しいぞ
江古田で同窓会があったので、その前に『麺や 河野@中村橋』に行ってきました。言わずとしれた『七彩@都立家政』出身の店主のお店です。以前から訪問しなければと思っていたのですが、こんなに遅くなってしまいました。お店に入り券売機で「R-20指定 テキーラを使った塩らーめん」を購入。(17時30分)「少し時間かかります」とのことでしたが、それほど待たず提供されました。
ra111217麺や 河野 R-20指定 テキーラを使った塩らーめん
スープはテキーラを使っていることがばっちりわかります。ベースの塩らーめん自体の出汁も美味しいのが良くわかるし、テキーラと良く合っていること自体がビックリ。いや本当に良く合ってるんですよ。そこにパクチーの風味が加わってこれまた良い感じ。チャーシューの上に乗っていた唐辛子粉?とスープとのマッチングもいいんですよ。途中でライムを絞ると清涼感が出ますが、ベースのスープを壊すことはなく良い塩梅。

麺は縮れ捻じれ平打ち太麺で、流石『七彩』出身というべきか、もちろん店主が凄いのでしょうが、素晴らしい麺ですね。「R-20指定 テキーラを使った塩らーめん」旨いですよ。スープを完飲してしまいました。デフォルトの醤油らーめんも食べちゃいたくなる誘惑に駆られましたが、流石にこの後同窓会なのでやめときました。再訪したいなぁ。ごちそうさま!

■麺や 河野■
東京都練馬区中村3-13-10
11:30-13:30、17:00-20:00
(2012年2月頃から営業時間が長くなるっぽかった)
定休日 火曜日

2011.11.26 Sat 11:00
トリシオブットイメン 井の庄@大泉学園 名前があらわす通りトリシオブットイです
今日も相方の実家に行くので、池袋からアクセスしやすい場所を候補に考え『トリシオブットイメン 井の庄』に行ってきました。昔ながらの飲食店の集合帯?ビル?にお店はあり、『井の庄@石神井公園』の店舗の立地と似ている感じですね。開店直後に到着、前1名、後ろ4名。(11時)券売機で「味玉トリシオブットイメン+大盛」を購入。ゆで時間は流石に長いですが、想像していたよりも短めかな。
ra111126トリシオブットイメン井の庄 味玉トリシオブットイメン大盛
透明度の高いスープに極太麺が見えるビジュアルはこれまでにないものですね。最初は表面の香味油にニンニクが使われるため、その香りの印象が強めです。スープはシンプルな鶏出汁がしっかりと効いたもの。スープ単体ではそこまで変わっていないと思うのですが、シソが使われていたり、ニンニクの感じがあったりと何となく変化球な味がしますね。生姜風味のソボロ餡かけを混ぜた後は一気に生姜のキレが効いて来ます。単調になりがちな味を変えるのに良い役ですね。

麺は正にブットイメン、真四角の断面でちゃんと茹でてありますが、かなりの固い噛みごたえ。なるほどこういうスープにこういう麺の組み合わせもありっちゃありなのかも。餡かけを混ぜるとトロミも付いて麺がスープを持ち上げるので相性がより良くなる気がします。味玉はちょっと変わった味付けですが、個人的に好きな味。チャーシューは豚と鶏の二種類、姫タケノコ、変わったものとして大根が乗っています。餡かけに大根というのところからの発想でしょうか?中々変り種なラーメンですが、『井の庄』ならではの辛いメニューがあったので、この感じに辛いものを合わせるとどうなるのか気になりますね。ごちそうさま!

■トリシオブットイメン 井の庄■
東京都練馬区東大泉6-34-28
平日   11:00-15:00、17:30-23:00
土・日・祝11:00-23:00
定休日 年末年始を除き、無休
Webページ

2011.11.16 Wed 12:00
中華ソバ 伊吹@大泉学園 伊藤インスパイア系のお店はメチャニボ
『伊藤』インスパイアだったり、凄い煮干だったり、原価率メチャ高とか言われているフリーク的には気になるお店『伊吹』に何やかんやで行ってきました。『とらのこ』と関係のあるお店っぽいです。営業時間が「頃」ばかりなのとスープの出来が毎日違うなど、ちょっと変わったお店な部類です。お店に着くと店内丁度満席、少し待って着席。(12時)注文は聞かれるまで待つ方式、「中華ソバ+大盛+味玉」を注文。このお店店頭の張り紙でその日のスープを「ライト」「ノーマル」「ちょいヘビー」「ヘビー」(他にもある?)等と表現しているらしく、今日は「ライト」とのこと。少し残念な気もしましたが、こればかりはしょうがないですね。はい、提供です。
ra111116伊吹 中華ソバ 大盛 味玉
見た目にもスープ少な目、パキパキそうな麺と伊藤を感じさせます。気になる煮干し度ですが、「これがライト」っていう位の煮干し度です。塩分濃度も高く『伊藤』に比べて粗々しさやとげとげしさがありますが、タレの感じなんか中々『伊藤』っぽさが出ている気がします。「ヘビー」ってどうなっちゃうんだろう?とただただ気になります。

ビシッとくる煮干しスープにパキパキの麺は本当に良く合ってます。味玉は『とらのこ』で提供していた味玉の味に近い気がする独特なもので良いアクセントになります。夜は「煮干ソバ」なる「中華ソバ」より濃いものを提供しているそうで、なんだか恐ろしいです。ここの「ヘビー」を食べてみたいと思うのは必然でしょうかね。そして何気に『伊藤』もまた食べてみたくなりました。食べに来れて良かったです。ごちそうさま!

■中華ソバ 伊吹■
東京都練馬区西大泉1-2-10
11:45頃-15:00頃、18:30頃-スープ切れ次第終了
※昼営業でスープ終了の場合夜営業なし(50-60杯程度らしい)
定休日 月曜

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。