--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014.01.30 Thu 12:30
麺屋 KABOちゃん@駒込 味玉中華そば
TRY掲載店巡りです。ラーメンフリークからラーメン店主になった人のお店。渡辺樹庵氏いわくフリークが作りそうなラーメンとのこと。

スープは個別の材料が突出しすぎないバランスが取れたタイプに感じました。動物系よりな印象。やや甘めな印象を受けるのは元の醤油の特性なのかな。麺は割としっかりした食感の中細タイプ。ちょい昔は柔らかめの麺が好みでしたが、最近はシッカリめな麺もまた好きになってきました。ごちそうさま!

スポンサーサイト

2013.02.06 Wed 11:50
GANCON NOODLE@駒込 醤油ラーメン
大雪予報にビビりつつ、池袋で商用があった後上野から群馬に移動するので、昨年後半の駒込の新店『GANCON NOODLE』に行ってきました。店主は『麺創研かなで』出身のようですね。券売機は故障しているようで、入口付近で注文をしてお金を払って着席というシステム。注文は「醤油ラーメン」。
ra130206GANCON NOODLE 醤油ラーメン
小さめの丼で提供されたラーメンは、その丼の小ささもそうですが、どこか郷愁にかられるビジュアル。そして味わいも鶏ベースで、クラシカルなラーメンを丁寧に作った感じです。麺はやや熟成感がありプリッとした食感の中細麺。ほっとするラーメンで丁寧さも伝わるラーメンでサラッと美味しく食べられ、良い感じ。町の雰囲気にも何となくあっている気もし、食べ飽きないラーメンだとも思います。となりの常連さん?との会話によるとそろそろ塩を提供するようなことを言っていたような。。ごちそうさま!

■GANCON NOODLE■
東京都北区中里1-3-3 板橋ビル101
11:30-14:00、17:00-22:00
定休日 第1・第3月曜、火曜

2012.05.13 Sun 12:10
らあめん HAJIME@十条 HAJIMEの牛を使ったお店です。
大満足の『蔦』を後にし、満足感をもっと堪能していたかった気もしましたが、今日は連食の日です。これまた宿題店の「らあめん HAJIME@十条』にやってきました。ご存知の通り蓮根の『HAJIME』が出した2号店的なもので、去年・今年の話題食材牛をメイン食材に置いたお店です。お店に着き、券売機の一番上にある「牛塩らあめん」を購入。(12時10分)お店は地元の人で賑わっている雰囲気で良い感じですね。すぐに着丼。
ra120513HAJIME 十条店 牛塩らあめん
こちらの「牛塩らあめん」は結構洋風なコンソメ的な味わいが強い印象。醤油を使った場合はもう少し慣れた味わいに感じて、自分の中のラーメンっぽい感じになるのでしょうが、如何せんやはり牛出汁の経験値が少なすぎですね。塩になると、それが顕著です。麺は平打の縮れタイプで、優しいフルッとした食感です。トッピングのタマネギの揚げたものが、甘味を引出すのと天かすっぽさが出ているのが面白かったかも。『HAJIME』ということでハードル高めに設定してしまいますが、しっかりと美味しい牛なラーメンが食べられます。醤油は気になるし、実は鶏白湯も気になってます。ごちそうさま!

■らあめん HAJIME■
東京都北区上十条2-30-9
11:30-15:00、18:00-22:30
土日祝11:30-15:00
定休日 月曜

2012.01.28 Sat 11:35
えんや@王子 牡蠣煮干し?や貝のコクが鶏に加わったアッサリ塩ラーメン
『It's shrimp!』からダッシュで移動して奇跡的に電車のタイミングも良く、『えんや@王子』に11時35分に到着。前3名。券売機で「塩らーめん」を注文。つけ麺との兼ね合いで、やや回転は遅め。少したって着丼。
ra120128えんや 塩らーめん
基本的にはアッサリ鶏出汁なのですが、牡蠣煮干し?や貝のコクが加わっているからなのか魚介系の味わいもしっかりと感じられ心地よい複雑系な味わいです。最近の塩ラーメンはレベルが高いですねぇ。麺はパツッとした食感の細ストレートタイプ。シソが入っている鶏つくねも良いアクセントで美味しいです。独特のコクが複雑さを演出した、物足りなさを感じない塩ラーメンでした。ごちそうさま!

■えんや■
東京都北区岸町1-1-10 岸町NUビル1F
11:30-16:00、17:00-22:00
定休日 不定休

2011.09.19 Mon 11:15
燦燦斗@東十条 自家製麺と独自な味わいの豚骨魚介系
今日は相方の実家に行く予定があったので、そちら方面の『燦燦斗』に行ってきました。以前から行ってみたかったのですが、中々訪問できずにいたお店です。開店15分前にお店の前に到着すると前2名、その後開店時間までには9名程度の並び。(11時15分)開店後、券売機で「らーめん(200g)+味玉」を購入。
ra110919燦燦斗 らーめん 味玉
スープは濃度がしっかりとあるのですが、意外とサラッとした粘度で不思議な感じ。節系も強め、そして甘味が割と強いのが更に印象的。何の甘味だろう?他の店にはないバランスになっていて、良くはわからないですが、動物系の感じが変わっているのかな?個人的には少し甘みがない方が好みですが、これはこれで良いですね。

麺は流石の自家製麺というべきか、もっちりと滑らかが共存した太ストレートタイプ。食べごたえがあるのですが、スルスルっともいけてしまう不思議な感じで、200gでも足りないと思ってしまいます。うん、美味しいですね。そしてチャーシューは最近低温調理のチャーシューが多い中ここのはかなり美味しいのではないでしょうか。本当にローストビーフを食べているような気になるような部位と調理の仕方です。珍しくチャーシュー増しにすればよかったと思いました(相方も同意見)。また相方の実家に来る時にチャンスがあれば再訪してチャーシュー増しだ!評判の良い油そばも食べてみたいですねぇ。ごちそうさま!

■燦燦斗■
東京都北区中十条3-16-15 中十条ハイツ103
11:30-14:30、18:00-22:00(いずれもスープ切れ次第終了)
定休日 木曜

2011.04.30 Sat 10:55
伊藤@王子神谷(2) 煮干系ラーメンの筆頭
完全に煮干し好きになっている相方が前から一度行ってみたいと言っていた『伊藤@王子神谷』に行ってきました。私自身は3年ぶりですね。開店5分前に着き、前並び5名。(10時55分)時間通りに開店し、注文は「肉そば+大盛+つゆ増し」を。
ra110430伊藤 肉そば大盛つゆ増し
さて出てきたラーメンのお味は煮干ラーメンの筆頭と言っても過言でない煮干スパルタン。煮干以外の出汁やタレは全て下支え程度で、すべて煮干の為のようです。煮干の苦味も感じますが、変な苦味ではなくキレのあるソリッドな苦味。塩分も高めですが、分離している感じがなく、それすら煮干の為のようです。

麺も低加水のコリっとしたタイプで、これまたスープと寄り添う感じではなく、スープを強調させるようなもので独特。相方は柔らか麺が好きなのですが、ここの麺に関しては面白いと言っていて悪い印象ではなかったようです。チャーシューもしっかり美味しいですが、スープの味わいを邪魔しない味付け。煮干系ラーメンで一番好きなのはマイソウルラーメンでもある永福大勝軒に変わりないのですが、ここはここで唯一無二の煮干系ラーメンであることは確か。煮干だけに注目した常習性を考えるとすごいものがありそう。前回食べた時よりもすごさを感じたのは、昨今の煮干ブームで色々な煮干系ラーメンを食べる機会が多かったからでしょうか。。。さすが『伊藤』、美味しかったです。ごちそうさま!相方も煮干スープに大満足していました。

2008/06/07訪問

■伊藤■
東京都北区豊島4-5-3
11:00-17:00頃(スープ切れ終了)
※週末は14:00頃の場合も
定休日 月曜(祝日の場合は営業、翌日休み)、第4日曜

2010.11.30 Tue 20:30
焙煎汐蕎麦処 金字塔@赤羽 独自性もここまで来ると感心させられます
昨日に引き続き体調不良が続いていますが、多少良くなったので今日は出社。そしてすぐに家に帰れば良いのに『焙煎汐蕎麦処 金字塔@赤羽』に行っちゃいました。このお店石神本のみならず、他のラーメン本にも掲載されている注目店です。数々のお店を出している店主が「焙煎」をコンセプトにして新たに出したお店です。お店に着くと先客0名でしたが、後ろ客9名くらいで店内8割程度に入りになりました。(20時30分)タイミング良かったです。正直ラーメン好きなので「特撰しおそば」と迷いましたが、石神本に掲載されていた「特撰つけそば(大盛)」を券売機で購入。
ra101130焙煎汐蕎麦処 金字塔 特撰つけそば
提供されたつけそばはまずお皿の多さにビックリします。麺は2段になっていて、博多麺と浅草開花楼の小麦粉「傾奇者」を使った二種類です。つけ汁は鶏出汁に焙煎された香ばしさが加わり特徴的な旨味が出ています。トッピングも薫製ベーコンやつくねや黄色に着色されたの味玉などその他にも様々、薬味にはホースラディッシュという独自性がありこれでもかのオンパレード。別皿で提供されるコーヒー油を入れると正にコーヒーの香りが付き味が全く変わります。最後はポットで提供される玄米茶割ができるのですが、玄米茶を入れるとこれまた玄米茶の感じが出てます。お店の雰囲気が喫茶店風なのも含め、「焙煎」というキーワードにカナリこだわっているのがよくわかります。個人的には焙煎した鶏で取った出汁を思う存分味わいたかったので、「しおそば」にしてスープをズルズル行きたかったカモ。何とか再訪するようにしないといかんです。独自性がフリーク好みな感じですが、かなり極めちゃってますから感心しますね。やはり「しおそば」を食べて好みかどうか判断したいなぁ。ごちそうさま!

■焙煎汐蕎麦処 金字塔■
東京都北区赤羽1-62-5
11:30-25:00(L.O.24:30)
定休日 無休

2009.07.11 Sat 13:10
西尾中華そば@駒込
さて『元』からの連食で駒込が最寄り駅の『西尾中華そば@駒込』。都営三田線の巣鴨駅から徒歩で12分ほど歩いて、駒込の駅からもちょっと離れた昔ながらの商店街にお店はあります。(13時10分)レトロな雰囲気の商店街に溶け込むようなお店で店内はかなり狭め。その場所の雰囲気に合っているお店というのは良い印象を持ってしまいます。笑顔がさわやかな店主に「中華そば」の注文を告げると、どうやら前金制のようです。ほどなく提供。
ra090711西尾中華そば
極細の麺がまずは目につきます。スープを一口すするとかなり甘めの味になっています。わずかに暖かい日本蕎麦のスープを思わせる味もまたこの商店街の雰囲気に合っている気がします。甘みは賛否分かれるところでしょうが、ハマってしまえばハマる味かもしれません。麺はとうもろこし粉が入っているらしく、その印象通りパキっとした食感の麺です。なぜか10年以上前に食べた『一二三@吉祥寺』の日本そばに似たラーメンを思い出しましたのですが、恐らく全然味なのかもしれません。そういえば具にモヤシが載っているのも珍しいですね。ごちそうさま!

後で気がついたのですが、「スープがかなり甘めにしてあるのでコショウを入れると合うと店主が言っていた」との情報を発見。事前に分かっていればとちょっとだけ後悔。

■西尾中華そば■
東京都北区西ヶ原1-54-1
11:30~15:30(LO)17:30~21:30(LO)(スープ売り切れ次第終了)
定休日 水曜日 臨時休業等は、ブログ参照
Webサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。