--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.12.03 Sat 11:15
らあめん 元~HAJIME~@蓮根(3) 鶏塩あっさりラーメンと言えばここ
最近相方の実家に行く前のラーメンが週末の日課となっていますが、今日は三度目の訪問となる『らあめん 元~HAJIME~』です。雨が降る中15分前に到着でシャッターポールポジションです。開店少し前にお店が開き、券売機で「塩らあめん+味玉+鶏つみれ丼」を購入。すぐに提供です。
ra111203元 塩ラーメン 味玉
流石に一番最初に食べた時の衝撃はなくなったけど、十分に美味しい鶏塩あっさりラーメン。ほっとしながら安心して食べられます。個人的な好みでいうと隠し味らしい魚介が強くなってくれるとより好きな気がしてならないですが、そんなことは完全な好みの問題ですね。ちなみに最近食べた『瑞山@朝霞』とベースの出汁が近いイメージ(逆か)。するっと食べられる麺も心地良く、一瞬にして食べ終わってしまった。鶏つみれ丼も美味しかったけど、つけ麺を食べればよかったなんて思いました。ごちそうさま!

2010/04/18訪問
2010/07/11訪問

■らあめん 元~HAJIME~■
東京都板橋区坂下2-16-11
11:30-14:30、18:00-21:00(スープ切れ終了)
土日11:30-15:00(スープ切れ終了)
定休日 月曜
スポンサーサイト

2011.11.20 Sun 10:50
中華めん処 道頓堀@成増(2) ジンワリ系スープと滑らかな麺がたまらない名店
中華めん処 道頓堀今日も東武東上線沿線を攻めていきます。東武東上線と言ったら『蒙古タンメン中本』と『道頓堀』じゃないでしょうか?ということで『道頓堀』に久々の再訪。開店10分前、すでに前2名(10時50分)。5分程遅れて開店。久々の訪問ですが、名物?姉御?も健在のようでなにより。券売機で「味玉中華そば+わかめ+中盛」を購入。前回はここのわかめが有名なことを知らなかったので、注文しなかったのですが、今回はバッチリです。さて店内ですが、おそらく常連客ばかりで自分を入れた8名中6名がビールを頼んでおつまみを食べています。いい感じだよなぁ。この人たちの休みの日の定番なんだろうな。ビールやおつまみ類が一通り出されてから、ラーメン作りに取り掛かるので少々時間が掛かって着丼。
ra111120道頓堀 中華そば 中盛 味玉 わかめ
記憶よりも薄い色合いのスープは豚骨魚介系と言えばそうでしょうが、かなりすっきりしたタイプのそれです。タレもあまり効かせておらず、煮干し香るスープをジンワリ味わえます。落ち着く味わいでいいなぁというのが正直な感想。

麺は東池袋大勝軒を思わせるようなみずみずしい中太ストレートタイプは、すすり心地噛み心地と気持ちよく食べられます。有名なワカメは有名だけあって食感が良く、これは中々。チャーシュー、メンマも抜かりない感じで流石です。いやぁ、雰囲気も含めいいお店ですね。帰りには並びができていました。また来たいなぁ。ごちそうさま!

2008/06/07訪問

■中華めん処 道頓堀■
東京都板橋区成増2-17-2
11:00-14:30、17:00-20:30
第2、4木曜11:00-14:30 (スープ切れ次第終了)
定休日 水曜、第1、3、5木曜

2011.11.06 Sun 12:10
愚直@中板橋(2) ジンワリなのにシッカリした豚骨ラーメンです
本日も相方の実家に向かう前に『愚直』に久しぶりに再訪することができました。前からずっと再訪したいと思っていたので、うれしい限り。お店に着くと外並び5名でした。(12時10分)15分ほど待って店内へ、券売機で「とんこつらーめん+味玉」を購入。程なく提供です。
ra111106愚直 とんこつらーめん 味玉
じんわりした豚骨なのに、しっかりしているというチョット他にはない感覚の豚骨スープです。飲み進めていくとどんどん旨味が増していくような錯覚?に陥ります。海苔が溶けていって旨味が増しているのかもしれませんね。

麺はこれまた結構ボソっとした固ゆでの細麺で、食べごたえがある麺です。地味なんだけど存在感がある麺はスープの印象と近い感じと思ってしまうのは考えすぎでしょうか。何気にチャーシューも味付けが違う2タイプが入っていたりします。替玉した後に卓上の辛い高菜を入れたのですが、これまた合うので最後まで飽きずに頂けました。豚骨ラーメンにしては麺が多めで140g位あるとおもうので、替玉にするとかなりお腹いっぱいになるので注意が必要です。豚骨経験値が割と少ない中で、個人的な好みのど真ん中ではないのですが、経験を積んでまた食べてみたい豚骨ラーメンでした。ごちそうさま!

2008/07/26訪問

■愚直■
東京都板橋区大谷口北町12-7 セブンマンション1F
平日12:00-15:00、20:00-22:00
土日12:00-15:00
定休日 月曜・木曜

2010.07.31 Sat 12:30
豪腕味噌 ザ・マグナムハウス@要町 濃厚な出汁がしっかりとでた豪腕味噌
相方が味噌ラーメンが食べたいと言ったので、『くるり 高円寺店』『一福』『豪腕味噌 ザ・マグナムハウス』が候補に挙がり、結局自分が行ったことのない『ガガガ食堂』がプロデュースする『豪腕味噌 ザ・マグナムハウス』に行くことに。お店に着くと丁度満席。(12時30分)ただ直ぐに席が空き案内。前会計のようで、「豪腕味噌(野菜炒め)+味玉」と無料別皿トッピングの「エビ辛」を注文。上に載せる具材は「野菜炒め」と「麻婆豆腐」から選べるが、最初なので普通っぽい「野菜炒め」に。量はデフォルトで240g。極太麺だからか茹で時間は8分と結構長め。
ra100731豪腕味噌 ザ マグナムハウス
スープを一口頂くと濃厚な豚骨出汁ベースですが、魚介も効いていて出汁感たっぷりで中々特徴的な味噌ラーメンです。ややピリ辛な味噌なので徐々に食べ進めていく間にピリ辛さで出汁を感じにくくなってしまうのが残念なので、もう少しピリ辛度がなくても良いカモ。シャキシャキに炒められた野菜と濃厚味噌スープとの相性は抜群でグイグイ食べてしまいます。

麺は最近食べた麺の中では一番太いと思う極太麺、割とシッカリ茹でられていたので、思ったより食べやすくて好印象。濃厚味噌スープとのバランスが非常に良いと思います。240gという量ですが、結構ペロリといけてしまいました。残すと思っていた相方も結構普通に食べきってしまいました。「エビ辛」はカナリ最後の方でスープに投入、ネーミングから想像する味わいですね。結局サービスの半ライスを追加でもらい、濃厚味噌スープを掛けて食べちゃいました。味噌と御飯ってやはり合うのかも。濃厚スープを飲みすぎたため、食後は少し重かったかな。ガッツリ系ですが、しっかりと作りこまれていて美味しかったです。ごちそうさま!

■豪腕味噌 ザ・マグナムハウス■
東京都板橋区南町16-2岩間ビル1F
11:30-14:30、18:00-23:00(又は1日150杯にてスープ終了)
定休日 木曜日(木曜昼は別ブランドで営業)

2010.04.18 Sun 10:55
らあめん 元 ~HAJIME~@蓮根(2)
今日は相方の実家によるついでに『らあめん 元 ~HAJIME~@蓮根』を相方と訪問。開店30分前を目指しお店へ。(10時55分)先頭に並ぶことができました。相方は先頭に並ぶのが少し恥ずかしかったみたいですね(^^;)まあ開店30分前にラーメンの為に一緒に並んでくれるだけで非常にありがたいですよ。10分後位に8名程並んでいると店主が出てきて「どうぞ」。。。15分前の開店でした。週末に待ち時間20分で食べられるなんてラッキー!券売機で『塩らあめんん+醤油らあめん』を購入。そうなんです2杯食べます。行列しているので、一応店主に確認したら快く受けて頂けました。
ra100418元 塩
まずは「塩らあめん」。2回目ということもあり前回ほどの衝撃は受けませんでしたが、流石に美味しいです。前回と比較すると秋刀魚節よりも鶏よりになっているイメージで鶏の旨味がビンビンです。今はこの味で提供しているのか、今日のスープのバランスなのか、私の勘違いなのかはわかりませんが、個人的にはちょい魚介が風味がするのが好みだったりして。。いや、十分美味しいんですよ。麺は情報によると前回と変わっているらしいのですが、細かいことは分からず相変わらず滑らかな麺で良いです。啜っている時の感触がたまりません。タケノコ(酸味)、つみれ(塩胡椒)がそれぞれ良いアクセント。チャーシューは豚の油を意識したもののような気がします。
ra100418元 醤油
続いて「醤油らあめん」。ベースのスープは同じなのでしょうが、別物に感じます。生醤油的な風味が生きていて標準よりは甘めなタレです。ただこの生醤油っぽさが立ちすぎることなく出汁と混ざり合っていて、めちゃくちゃ好み。「醤油らあめん」美味しいじゃないですか!生醤油っぽさで似ているといえば『維新@横浜』などがありますが、『元』の方が出汁との融合が良く感じ、好み。ただ『維新』も長らく食べていないのであの時の味ではないんでしょうね。そもそも『維新』も十分美味しかったし、完全に好みの問題。ちなみ相方は「醤油らあめん」が好みのようで、私も今日はそう感じました。ここは量的にも2杯全然いけますね。早食いだからか2杯食べても一番最初にお店を出ました。早食いは体に良くないからやめなければ。。。ごちそうさま!

2010/07/11訪問

■らあめん 元 ~HAJIME~■
東京都板橋区坂下2-16-11
11:30-14:30、18:00-21:00
土日祝日11:30-16:00頃
スープ切れ次第終了(100杯) はお昼営業のみ
定休日 月曜日

2009.07.11 Sat 11:25
らあめん 元 ~HAJIME~@蓮根
今日は前々から行きたいと思っていた『らあめん 元 ~HAJIME~@蓮根』にやってきました。先週の土曜日にテレビに出ていたけど、まだそこまで混んでないだろうという考えが甘く、お店の前に着くと15名程度の並び、一瞬やめようかと思ったくらいです。(11時25分)テレビの力ってすごいですね。何だかんだで食べられたのは1時間後、最近では一番並んだかもしれません。券売機で買ったのは「味玉塩らーめん」。まわりはつけ麺系を食べている人が多く、「世の中つけめんだなぁ」と感じつつ待ちます。
ra090711元
さて一口スープを啜り、麺を食べた時点で今まで食べた塩ラーメンの中で一番好きカモとビビビと来ちゃいました。スープは鶏ベースのスープに(情報によると)秋刀魚節も加えられていて重層的な味わいで、塩ラーメンで時々感じる単調さや軽さを微塵も感じさせません。鶏油の香りも重層的な味わいを引き立てています。塩分もほんの少し高めに設定されていてシマったキレのある味わい。麺は滑らかな細ストレート麺(佐野実氏系?)で啜るたびに気持ち良く感じ、好きなスープと好きな麺の組み合わせで楽しみながら食べ進めてしまいます。具の姫タケノコ?は見た目の印象が強いですが、味・食感は普通に美味しいですね。チャーシューはチョイ脂分を感じるタイプで、このスープの中にあるとアクセント的存在。味玉は色こそ殆どついていませんが、味はしっかりとついていて「塩ラーメン用の味玉」という印象で、これまたかなり美味。そして珍しく「つみれ」が具ですが、これも塩コショウの味付けで良いアクセントになっていてグー。丼全体が綺麗かつ食べても最高に美味しい塩ラーメンでした。連食予定なのでスープは完飲しませんでしたが、飲みほしたい衝動に駆られました。ごちそうさま!

ちなみに隣で食べていた人が「塩ラーメン+つけ麺(鶏ポタ?)」を写真を撮りつつ食べていて、店主にも話しかけられていたので有名な人(例えば有名ブロガー)だったのでしょうか?ちょっとだけ気になりました。

■らあめん 元 ~HAJIME~■
東京都板橋区坂下2-16-11
11:30~14:30、18:00~21:00(スープ切れ次第終了)
定休日 月曜日

2008.08.02 Sat 11:30
戎@西台
やはりかなり遠出してきたので、近くにお店があるとどうしても行きたくなってしまいます。ということで『欣家』から歩いて2,3分のところにある『戎@西台』に行きました(11時半)。ここは和歌山ラーメン(井出系)のお店で、和歌山ラーメンは結構好きなんですが2、3年ぶりくらいかもしれません。デフォルトの「醤油そば」を注文して待ちます、お店の中は和歌山ラーメンのお店でよくある豚骨臭さをほとんど感じません。

ra080803戎

すぐに提供され、久し振りの和歌山ラーメンを頂きます。スープを一口すすると豚骨と醤油の味わいを強く感じます。豚骨は臭みもなくまろやかで、醤油ダレもかなり強めに効いていてキレがあります。丁寧にとった豚骨スープと醤油ダレが合わさったスープでシンプルと言えばシンプルだとは思うのですが、出汁の厚みは相当あり、後引く味で結構好きです。時々食べたくなるだろうなぁ。。

麺は中細ストレート麺でやや固めの茹で加減です。変な表現ですが、食べている時に麺にキレを感じます。通常のチョイ固めの中細ストレート麺なんですが、このスープに合わせるとそう感じるのかもしれません。

具はタップリの九条ねぎ、メンマは通常タイプ、チャーシューは極薄のバラ肉、和歌山ラーメンの特徴でもあるカマボコと結構具沢山。全体的にキレ(醤油、麺)があり、そこに豚骨のまろやかを合わせてあるバランスが良い和歌山ラーメンでした。僕はやっぱり醤油味好きなのかもなぁ。家の近くに欲しいです!

ちなみに西台には来たことがなかったので、腹ごなしも兼ねて30分程散歩してから帰りました。

■戎■
東京都板橋区高島平1-77-13
11:30~翌1:00
不定休

2008.08.02 Sat 10:50
欣家@西台
今日は気合いを入れて都内ではかなり遠出になる『欣家@西台』へ。開店10分前にお店の前につき、開店を待ちます(10時50分)。並び前2名でした。開店直前に店外で注文を聞かれたので「「欣家らあめん」を注文。開店してお店の中に入ると、店内かなりの席数、そして続々とお客さんがやってきます。もちろん地元の人が多いのですが、家族が多そうです。メニューの値段を見れば理由の一つはわかりますね。

ra080802欣家

さて茹で時間長めでしばし待ち、「欣家らあめん」がやってきました。見た目は勝手に予想していたよりも、醤油っぽさが薄めです。そしてスープを一口すすると店内にも書いてあるここの出汁の特徴でもある「目光」という深海魚の独特の風味と甘味を感じます。そして見た目の通り醤油っぽさは控えめで、塩で味のバランスを取っている感じがします。「目光」はめちゃくちゃ独特と感じではなく、通常の魚介系の味わいより単体での味に厚みがあるように感じ、大枠ではアッサリ目のラーメンではあるのですが味わいは強めです。やや塩分が高めなのは、低めにすると独特の風味が強く出すぎてしまうからかもしれません。

麺は中太やや縮れ麺で加水率は普通かやや高めでかなりモッチリした食感です。その食感が食べ応えをうまく出しているように感じます。出汁の厚みがあり塩分がちょい高めのスープにまけない麺だと思います。
具はしっかりはしているものの、バラロール、固ゆで玉子(半分)、わかめ、メンマというシンプルなラインナップです。

美味しくボリュームもあって630円というコストパフォーマンスの良さを感じます。どこにこだわりを入れるかを明確にできている気がし、全体として満足度が高いものに仕上がっている気がします。かなりの人がつけ麺を食べていたので、機会があったらつけ麺を食べてみます。

■欣家■
東京都板橋区高島平1-62-6-101
11:00~14:30、17:00~22:00
日曜 休

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。